はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

【2018】大雪の読み方と意味は?大雪の候の時期と例文もご紹介!

      2018/07/17


突然ですが「大雪」と、この文字を見たら、なんと読みますか?

そして、どのようなことを想像しますか?

私は「おおゆき」と読み、そのまま「雪がたくさん降ること」を想像します。

季節は真冬で天気予報を見て、雪がたくさん降るんだなあ・・・と思うと思いますね。

雪は、キレイだしたくさん積もったら遊べて楽しい反面、凍って歩くのは危ないし、なかなか溶けないから自転車は、しばらく乗れなくなるから不便だなあ・・・なんて思うような言葉、それが「大雪」です。

しかし調べてみたら、全然違う言葉でした。

では、大雪の読み方からどうぞ!

Sponsored Links

大雪の読み方

大雪の読みかたですが「たいせつ」と読みます。

二十四節気の1つです。

確かに「大雪」と書いて「おおゆき」とも読みますが、ここでは「たいせつ」です。

間違えないようにしないとなりませんね。

大雪の意味を簡単に

大雪の意味は、「日に日に寒さが増してきて、地方によっては雪が降り積もり、様々な動物が冬眠に入る時期」という意味です。

大雪という文字から、真冬のたくさん雪が降り積もる時期を想像しましたが、まだそこまで季節は進んでいない時期のようですね。

大雪(たいせつ)とは?

そもそも大雪とはなんでしょう?

それは先ほども少し触れましたが、二十四節気の1つです。

日本の四季を24等分したうちの1つです。

春分や秋分、冬至などは聞いたことがあるという方も多いかもしれませんね。

それらの仲間と解釈してもらって良いと思います。

二十四節気については、こちらでまとめてます♪↓↓
>>二十四節気とは?読み方と意味を簡単に子供向けにまとめてみました!

大雪(たいせつ)はいつ?

では大雪は、いつ頃を指すのでしょうか。

2018年の大雪は、12月7日です。

その年により前後しますが、毎年だいたい12月7日頃です。

2018年の大雪の期間は12月7日前後~12月21日となります。

ちなみに、大雪はいつ?と聞かれたら「12月7日」となりますが、期間は?と聞かれたら、次の節気は冬至なので、2018年の冬至は12月22日なので、「12月7日前後~12月22日の冬至の前日まで」となります。

この時期に食べたい食べ物は?

食事は、バランス良く摂ることが大切なので、どんなに栄養素が豊富なものでも偏って、そればかり食べても意味がありません。

しかし特に旬の食材は、その時期に食べると良いものが多く、やはり同じ野菜や魚でも旬の時期に食べた方が栄養も豊富ですし、美味しいです。
そこで大雪の時期に食べたい食べ物、オススメの食材を紹介します。

カリフラワー、くわい、ゴボウ、春菊、ダイコン、長芋、長ネギ、野沢菜、白菜、ブロッコリー、ほうれん草、山芋、百合根、蓮根、ミカン、レモン、はまち、きんき、こはだ、さわら、ヒラメ、フグ、伊勢海老、タラバ、たらこ、海苔、小豆、こんにゃくなどです。

Sponsored Links

大雪の時期のお花

また、この時期は、シクラメン、カトレア、寒椿、クリスマスローズ、胡蝶蘭、山茶花、ポインセチア、水仙などの植物が盛りの時期を迎えます。

大雪の候の例文もご紹介

ところで、仕事の場面や親戚、目上の方へ手紙を書くことってありませんか?

その時に、時候の挨拶を書きますよね。

「大雪の候」とは、時候の挨拶文です。

使える時期は、大雪の期間なので12月7日前後~12月21前後の冬至の前日までに手紙を書く場合となります。

では例文を紹介します。

「その1」

書き出し

拝啓 大雪の候、年内も余日少なくなりましたが、お元気でご活躍のことと存じます。

・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・

結び
朝晩は大変冷え込みますので、お身体ご自愛下さいますようお願い申し上げます。敬具

「その2」

書き出し
拝啓 大雪の候、師走に入り、ご多忙な日々をお過ごしのことと拝察いたします。

・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・

結び
ご多用な歳末の折、健康管理にご留意くださいませ。かしこ

「その3」

書き出し
拝啓 大雪の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・

結び
歳末はご多忙かと存じますが、ご自愛専一にてますますご活躍ください。謹言

このように書きます。

年末で寒さが本格的になってくる頃なので、相手の体調を気遣う言葉を入れると良いですね。

さいごに

大雪を子供には「たいせつ」と読むこと、二十四節気の1つであること、そして大雪の時期や、この時期にオススメの食材を積極的に食べると寒さを元気に乗り越えられるということなどを伝えました。

この時期は、イルミネーションが始まったり、秩父夜祭も有名ですね。

私の話になりますが、10年以上前になりますが、秩父の夜祭に行きました。

毎年12月2日と3日と決まっており、曜日に関係なく2日と3日に行われます。

ちょうど金曜だったか土曜の夜だった年があったので、その時の夜に行きました。

とにかく圧倒されました。

せっかくの夜祭なので、ずっと楽しみたくて近くの宿に泊まろうと思ったのですが、どこもいっぱいで夜遅くに帰りました。

行きも帰りも超満員の電車で、せめて電車くらいは指定席の特急を予約しておけばよかったなあという思い出です。

かなり話が反れてしまいました。

思い出したので、綴らせてもらいました。
失礼しました^^

これから、だんだん寒さも本格的になってきて風邪をひきやすくなったり体調を崩しやすくなる季節なので、旬もの食材を積極的に取り入れて、バランスの良い食事を心掛け寒い冬を元気に過ごしたいですね。

Sponsored Links

 - 冬の行事

              

  この記事も読まれています