はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

血液検査CKが高い!原因は日常生活の場合も!

      2016/12/11


CKが高い、CKが低いと言われたら心配ですね。

でも、結論を先に言うと、症状のないCKだけの異常値は治療のいらないことが多いです。

女医
ですが、なんで上がったのか、どうして低いのか、この理由を知って安心し納得することは自分の体調管理のためにも重要です。

気になっている今が学習のチャンスです。

CKとは何?についてかみ砕いて説明していきます。

Sponsored Links



CKをはかるのはこんな時


アミラーゼ3
CKの検査は、簡易の健康診断では含まれていないことが多いです。

理由としてはCKが異常値になる病気の多くは、自覚症状があることが多いため、健康診断ではなく、病院を受診して検査を受けることが想定されるからです。

CKはその値だけで診断できる病気が少ないこと、心臓疾患の診断には心電図の方が検査として優れているといった理由もあり、検査の数が限られた健康診断ではCKは含まれないことが多いです。


一方、採血項目の多い健康診断や人間ドックなどでは、ほとんどCKが検査項目に含まれています。

この場合も、CKの数値だけで病気を診断するというよりも、「普段のCKの値を知っておく」といった意味合いが強いでしょう。

では、病院を受診してCKを測定されたら、何を疑われているのでしょうか。


そのほとんどは筋肉の障害です。


後述しますが、外傷や内臓疾患で筋肉が破壊されている可能性がある場合に、どのくらい筋肉がダメージを受けているかを推測できます。

また、心臓疾患の場合は、病気の時間経過や心筋の損傷の程度を見ることもあります。


では、そもそもCKとは何なのかをお伝えします。

Sponsored Links


CKとは?


考える
CKはクレアチンキナーゼ(Creatine Kinase)の略称です。

病院によってはCPK(クレアチンホスホキナーゼ:Creatine Phosphokinase)と表記されていることもありますが、基本的に同じものです。


このCKは、クレアチンリン酸とADPから、クレアチンとATPへ変換する酵素です。

クレアチンリン酸は、エネルギーを筋肉に蓄える役目をしています。


全力で走るなど急激な運動の時には、クレアチンリン酸が変換されてATPが生まれ、さらにATPが分解されるとエネルギーが発生し、そのエネルギーで筋肉は動きます。


CKは骨格筋・心筋・平滑筋・脳などに多く含まれていますが、体を動かす骨格筋に最も多く含まれており、CKの異常は筋肉に関連したものが多いです。


CKのアイソザイムとサブユニット



CKは2個のサブユニットと呼ばれるものがくっついた形をしています。

このサブユニットにはMサブユニットとBサブユニットがあります。

Mは筋肉(Muscle)の意味で筋肉に多くみられ、Bは脳(Brain)の意味で脳に多く存在しているものです。

CKにはMサブユニットが2個くっついたCK-MM、Bサブユニットが2個くっついたCK-BB、1個がMサブユニットでもう1つがBサブユニットであるCK-MBの3種類があります。


CK-MM、CK-BB、CK-MBはアイソザイムと呼ばれます。


CKのアイソザイムを測定すると言われたときは、CKのどのアイソザイムが異常値なのか、細かい種類の量を測定するということを意味しています。

実際にCK-MMは骨格筋、CK-BBは脳に多く存在しています


そして、両方のサブユニットを併せ持ったCK-MBは心臓に多く存在し、どのアイソザイムが増えているかで、どの部分の病気が疑わしいかを推測することができます。

それぞれの臓器に含まれているCKのアイソザイム


骨格筋(CK-MM:ほぼ100%)

脳(CK-BB:100%)

心筋(CK-MM:80%、CK-MB:20%)
(特殊な病気では、その他にミトコンドリア由来のCKや免疫グロブリン結合型のCKというものが測定されることもあります。)



Sponsored Links


血液検査で測られるCKの意味


はてな1
正常の人が血液検査で測られるCKのほとんどはCK-MMで、97-100%を占めています。

CK-BBはほとんど認められず、心臓から放出されるCK-MBは病気がなければ0-3%程度しかありません。


このCKの測定方法は、比色法やUV法など複数の測定方法があります。また、アイソザイムは電気泳動法という方法で検出します。


測定の方法によって、正常の目安となる基準値が異なるため注意が必要です。

そしてCKは年齢や性別でも基準値が異なります。


CKの大部分が筋肉由来であることから、一般的に筋肉量の多い男性の方が女性よりも約1.5倍高く出ます

男性では年齢での変化はあまりありませんが、女性は加齢や妊娠により低くなり、閉経すると上昇します。

また、寝たきりの患者の場合は低下していることが多いです。

そのためCKの値を他の人と比較することは意味がなく、同じ人の数値の変動をみることが病気の早期発見に重要です。

病気ではないのにCKが高く出る場合


走る
日常生活でもっともCKの値に影響が出るのは運動です。

軽い運動でもCKの値は数倍に増加し、数日間その影響が残ることもあります。

マラソンでは正常の100倍になることもあります。



子どもの場合は、採血の時に大泣きするだけでも増加することがあります。

また、筋肉に注射を行うとCKの値が高くなることもあります。


その他に実際体の中にはCKは増えていないのに、採血結果で数値が高く出ることがあります。

採血の時に血液がなかなか出てこなかったり、時間がかかったり、勢いよく採取すると血液が壊れて溶血という状態になります。

すると、赤血球が壊れて赤血球内に含まれているAdenylate kinaseという物質が放出されて測定結果に影響を与え、CKが高くなります。

この場合は、溶血しないように正しく採血した血液で、再検査を行えば正常値になります。

CKが異常高値であった場合どうするか


原因が何であれ、CKが20000を越えると、筋肉が大量に破壊されていることが推測され、CK以外の筋成分も増加していると考えられます。

特に筋肉中のミオグロビンが、血液中に増加すると急性腎不全を起こすことがあり、入院・点滴・場合によっては透析が必要なこともあります。

それほどCKが高くなくても1000を越える場合には、その後増えていかないか頻回に血液検査を繰り返して経過をみたり、原因となる病気がないかの検査を始めます。


CKが1000を越えない程度で特に症状がない場合や、前日に運動をしているなどCKが上がる原因が病気以外にあるような場合は、そのまま様子をみることもあります。


では、CKの異常値と病気について見てみましょう。

その臓器の損傷によって血中にあるアイソザイムのCKが増加します。

①CK-MMが高くなる病気


CK-MMは筋肉に多いため筋肉に関連した病気がほとんどです。

筋ジストロフィー


ゆっくりと筋力が低下し、食べ物が飲みこみにくくなったり、まぶたが持ち上がりにくい、顔の表情が乏しくなるといった症状が現れます。

遺伝疾患のため家族・親戚に筋ジストロフィーと診断された人がいることが多いです。
この筋ジストロフィーはさらに細かい分類があり、発症の年齢や症状にいろいろな幅があります。

また、病気を発症していなくてもDuchenne型筋ジストロフィーの遺伝子を持った女性はCKが高くなることがあります。


多発性筋炎


自分の身体の中で自分の細胞を攻撃してしまう成分が作られる膠原病の1種。

大きな筋肉から左右対称に筋肉痛・体力低下がゆっくりとおきます。
30-50歳の女性に多く、10万人に2-5人程度が発症します。

皮膚筋炎


多発性筋炎同様、膠原病の1種です。

多発性筋炎と同じ筋肉の症状に加え、手指の関節の手の甲側や肘・膝の外側に、盛り上がって乾いた赤い発疹やまぶたに腫れたような赤い斑などの皮膚症状があることが特徴です。

横紋筋融解症


横紋筋という種類の筋肉が溶けたり壊れる病気の総称。

筋肉にはその構造から横紋筋・平滑筋・心筋があります。

横紋筋は主に体を動かすための筋肉で、内臓を動かしているのが平滑筋です。


横紋筋融解症の主な原因

1)挫滅(クラッシュ)症候群:事故などで身体が車や建物の下敷きになったり、機械に挟まれて筋肉が長時間圧迫された状態です。

2)熱射病:熱中症のうちの1つで、高温多湿の状態に長時間いたときに発症します。体温が40℃をこえると筋肉は変性して発症します。

3)けいれん:筋肉が勝手に収縮をくりかえす状態です。足がつる程度のものから、複数の筋肉がけいれんする全身性けいれんがあります。
けいれんの原因には運動のしすぎや電解質(ナトリウムやカルシウムなど)の異常、脳疾患やてんかん、破傷風などがあります。

4)薬の副作用:高脂血症治療薬、抗生剤(ニューキノロン系)、抗精神病薬などが原因となることがあります。アルコール依存も原因になります。



横紋筋融解症は日常生活でも起きることがあります。軽度の場合は自覚症状がないこともあります。



甲状腺機能低下症


甲状腺は体の代謝を上げるホルモンです。

このホルモンの量が減ると、本来処分されるムコ多糖という物質が筋肉に溜まり、CKが増加すると考えられています。

甲状腺機能低下症の他の症状には、腸の動きが低下して便秘になったり、代謝が落ちることで体重が増えたり、脈がゆっくりになったりします。

悪性高熱症の保因者


悪性高熱症とは全身麻酔の最中に高熱を出す疾患です。

筋のカルシウム代謝に異常を及ぼす遺伝が原因と考えられています。

日常生活では特に問題がなく、全身麻酔を行って初めて病気がわかることもあります。

血のつながった人に悪性高熱症の人がいて、普段のCKが高めの人は悪性高熱症の遺伝子を保有している可能性があります。

CK-BBが高くなる病気


CK-BBは脳に多く含まれているため、脳の病気が原因であることが多いです。

しかし、大脳と血管の間には血管脳関門と呼ばれる機能があります。

これは血液中の有害物質が脳に影響を与えないようにするバリアであり、このバリアの働きにより大脳内でCK-BBが増加していても血液中にCK-BBが流れ出ないこともあります。

この場合、血液検査ではCKが正常値のままになります。


また、CK-BBが上昇しても数時間程度と報告されています。

その理由としてCK-BBは血液中では数時間しか存在できないためと考えられています。

頭の手術を受けた際には術後半日程度から上昇し、1-1.5日でピークを迎えた後、1週間後には正常値に戻ります。

実際にはCK-BBだけで、脳の病気を診断できることはほとんどありません

脳挫傷


頭をぶつけたりして脳の細胞が損傷を受けた状態です。

出血を伴うことが多く、破れた血管からCKが血管内に流れ込み血液検査でCK上昇を認めることがあります。

その他の疾患


ウイルス性髄膜炎や脳血管障害でも上昇することがあります。

悪性腫瘍(前立腺、膀胱、消化器、乳がん、肺癌など)でも機序は不明ですがCKが上昇することがあります。

CK-MBが高くなる病気


CK-MBは心筋由来のため、CK-MBが上昇すれば心臓疾患が疑われます。

心筋梗塞


発作後数時間で上昇し、24時間で最も高くなり、3日後には正常化します。

CKの量を測定することによっていつごろ発症したかを推測することができるとともに、CKが最も多い時の数値によってどのくらいの広さの心筋がダメージを受けたかを推定できます。

その他心疾患


心筋障害など
   

CKが低くなる病気


  • 甲状腺機能亢進症
  • 膠原病:慢性関節リウマチや全身性エリテマトーデス(SLE)、・Sjogren症候群(注:oはoウムラウト)などではCKが低下することがあります。その機序としてはCKを阻害する物質の出現、CK分解亢進などが考えられています。

  • CKが高い時の考え方



    無症状でCKが高い場合は水分をしっかり摂り、1週間ほど運動を控えて再検査を受けましょう。

    それでCKが基準値内であれば、潜在的な病気はないと考えられます。

    もしこの時にも高値であった場合は、まれですが筋肉疾患などを考えて検査を行ったり、経過をみます。


    また、薬やサプリメントを服用していたら、CKが増加する原因になっていないか医師に申告して相談しましょう。

    CKがわずかに高いからといって、自己診断で薬を中止するのは危険ですからやめましょう。
    筋肉の病気は家族に同様の病気があることもあります。

    血のつながった人で、筋肉の病気の人がいないか確認しましょう。

    CKは1000越えない程度で無症状であれば、すぐに治療が必要な病気であることはまれです。

    異常値であるからといって必要以上に不安に感じる必要はありません。

    <ライター経歴プロフィール>

    春田 萌(ペンネーム)
    関東の総合病院に勤務する40歳代、一般内科医師です。外来で患者様によく質問されることなどを織り交ぜて、わかりやすい説明をさせていただきます。


    「関連記事」

    血液検査でCRPが高い!その原因は?どんな病気があるの?

    血液検査で白血球(WBC)が高い!この5種類に注目!

    甲状腺機能が低下!橋本病の症状は?のどの腫れ以外にも

    アミラーゼが高い原因はなに?どこの部分が異常なの?

    Sponsored Links

     - 健康診断

    Comment

    1. 松尾政重 より:

      夜中に両太腿の筋肉が急に収縮して、いてもたってもいられないことが何度か起こり、不整脈の手術も受けているのでもしや余命にかかわる悪性の病気が隠れているのではないかと病院(総合内科)で診察してもらいました。神経内科の専門医はレントゲンやCTで全身を輪切りにして診察してくださいましたが、強いて言えば頸椎のヘルニアを疑っているようです。一方、甲状腺機能低下症で定期的に診てもらっている先生は血液検査のCK値を指して、私の症状を確認されたらしいのですが、素人の私には限られた診察時間内でのQ&Aではよく理解できませんでした。そこでは芍薬甘草湯を処方してもらっています。あれこれ調べているうちにこのサイトに行き着き、原因のひとつは普段の週三回の水泳(一回につき1キロ)にあるのではないかとやや納得した次第です。若いときには何でもないことが、加齢とともに同じ生活をしていても苦痛を生じるようになるということでしょうか。それにしてもシリアスな病気でないことを祈りつつ生活しています。

      • はっぴい より:

        松尾さん!
        コメント有難うございます!
        年を重ねる事は経験値が上がり素晴らしい事ですが、身体に関しては若い時と同じようにはいかないと言う時がありますよね。
        私も日々感じています^^;
        これからも程よい運動を楽しみつつ、どうぞお身体を大切になさって下さいね。

    2. 高橋 玉男 より:

      私事ですがこの度自転車に乗り帽子もかぶらず3 3度の天気の下片道6キロ走り回リ家に着きました暑さのあまりお寿司を食べながらビール3リットル飲み夜10頃体が吊り病院にタクシーに乗り行き点滴受け他後入院する事になりましたなぜなら脱水症状でCKが1483HHもありました筋肉が壊れてしまっている充分な点滴をしないと腎臓が悪くなる危険がある現在202まで下がって明日退院が決まります年齢も64才なのでこれから先深酒無理せず真面目に生きて行きます

      • はっぴい より:

        高橋玉男さん。
        コメントありがとうございます。
        なんと申し上げたらよいのか…
        どうぞご自愛くださいませ。

    3. 杤本幹雄 より:

      本日、岐阜ハートセンターで血液検査を受け、CKが1010ありました。前回315、前々回332で基準値より高めですけど、今回の数値には驚きました。仕事は医療ガスの配達をしているので肉体労働ですが、松尾先生から「激しい運動はしましたか」聞かれましたが、特にそのような事は無く、数日前から右肩付近に痛みを感じています。コレステロール値が高いのでリバロ錠2mgを飲んでいますが、薬の副作用かもしれないと言われました。来月に再度血液検査を受け、それまでに整形外科へ行き肩の痛みの原因を調べたいと思います。

      • はっぴい より:

        杤本幹雄さん。
        コメントありがとうございます。
        血液検査の数値が急に高くなると驚きますよね。
        お気持ちお察しします。
        薬の副作用でCKの数値が上がる事もあるのですね。
        早く肩の痛みと血液検査の原因がはっきりすると良いですね。
        どうぞお大事になさって下さい。

      関連記事

    血液検査で白血球(WBC)が高い!この5種類に注目!

    健康診断の項目で必ず入っているのは、血液一般検査ですよね。 その中のWBCと言え …

    血液検査の中性脂肪(TG)が高い!原因と注意点は?

    最近、筆者の周りで血液検査の中性脂肪(TG)の値が高くなってきたという話をよく聞 …

    ヘマトクリット値が高い原因と改善方法は?ストレスも関係する?

    健康診断の血液検査を受けて、ヘマトクリットの値が高いと何が原因なのかな?と思いま …

    アミラーゼが高い原因はなに?どこの部分が異常なの?

    健康診断の結果って気になりますよね。 異常があるかどうかや再検査かどうかはもちろ …

    血液検査の肝炎ウイルスはどんな時に受ける?項目の見方とは?

    B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスという言葉を聞いたことがありますか? 病院や施 …

    PSA検査の数値が上がる原因は?食事や薬の影響は?

    PSA検査とは、前立腺がんの検査です。 前立腺がんは世界的に、特に先進国において …

    血液検査のクレアチニンが高い原因は?運動後や脱水で高くなる?

    毎年、健康診断をされる方は多いと思います。 特に問題がなければ、細かく検査項目を …

    血液検査でCRPが高い!その原因は?どんな病気があるの?

    健康診断の血液検査でCRPの値が高いと言われたら心配ですよね。 何かの病気での血 …

    血液検査のBUN(尿素窒素)が低い原因を簡単に!その症状は?

    血液検査を行うと、殆どの場合はBUN(尿素窒素)の項目があると思いますが、このB …

    CTとMRIの違いは?脳の検査はどちらがいいの?

    皆様はCTとMRIの違いって分かりますか? 先日筆者は、初めてMRIを体験してき …