旦那が喧嘩するとご飯を食べない心理は?理由と対処方法は?

スポンサーリンク
旦那が喧嘩するとご飯を食べない心理は?理由と対処方法は? 生活

夫婦間や親子、家族間で喧嘩が生じると旦那が家でご飯を食べようとしなくなる。

もしくは、「いらん!」と意地を張ってご飯を拒否し、妻を困らせる。

「なんで喧嘩になるとご飯を食べないの?」と、一度は旦那の態度に疑問を感じたことはありませんか?

旦那が喧嘩をするとご飯を食べない心理や理由、対処方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

旦那が喧嘩するとご飯を食べない心理や理由は?

旦那が喧嘩をするとご飯を食べない心理や理由には、精神的な理由が大きく関与しています。

喧嘩をした時の旦那の精神面と合わせて、喧嘩をするとご飯を食べなくなる理由について解説していきます。

旦那が喧嘩をするとご飯を食べない心理や理由は2つ。

1、怒り、緊張、不安などのマイナス感情があると食事が喉を通りにくくなるから。

よく、学校に通う子供が同級生からのいじめを受け、ご飯を食べたくないと拒否するという話を見聞きしませんか?

喧嘩や揉め事、人間関係の悩みが生じ、怒りや緊張感、不安感を感じると人は食事が喉を通りにくくなるという心理的な傾向があります。

むしろ、宴会やパーティーなどの気分が盛り上がりやすい場面では食が進みます。

男性は、女性と比較すると精神的に子供っぽい人が多いです。

精神的に未熟な面があるからこそ、少しの喧嘩でメンタルが傷つき、すぐに食事が喉を通らないという現象に直結しやすくなります。

旦那が喧嘩になった時に食事を避けるのは、怒りや不安などの気持ちから食欲が一時的に減退するという心理的な理由があります。

2、妻や家族に気にかけてもらいたいから。

男性にはプライドが高い一面があります。

喧嘩になった時は、一時的に旦那の自己肯定感が一気に低下します。

自己肯定感が低下することで、「さっきはごめんなさい。」と家族から謝罪を受けて自分の気持ちを上げたいと考えます。

食事を拒否することで妻や家族から「ごめんなさい、私が悪かったから。」「そんなこと言わずに食べて。」と、気にかけてもらいたい。

損ねた自己肯定感を上げるために無意識的に食事を拒否している可能性もあります。

旦那が喧嘩するとご飯を食べない時は放っておく?

ご飯を食べない旦那って放っておいても良い?

「片付かないから食べて!」と怒るのは逆効果?

喧嘩をしてご飯を食べない旦那への接し方についてご紹介します。

旦那がご飯を食べない時の心理的な動きとしては。

  1. 感情的になってイライラが止まらない。
  2. ゲームや漫画など、食事よりも気が散るようなことを最優先する。
  3. 気持ちが落ち着き、ゲームや漫画にも飽きて退屈になる。
  4. 退屈になったら急に空腹に意識が向く。

という一連の流れがあります。

この流れがどのくらいの時間で完了するかは人によって異なります。

Sponsored Links

10分〜30分程度で気持ちが落ち着く人もいれば、2時間以上かかる人も。

この流れが旦那の中で行われている最中は放っておくに限ります。

旦那が落ち着いて「腹減った。何かない?」と言い出すまで、こちらから話しかけなくても大丈夫です。

旦那が喧嘩するとご飯を食べない時の対処方法は?

旦那が喧嘩をするとご飯を食べないと言い出しますが、その時ってどうしたら良いの?

喧嘩になると毎回のことだからこそ、正しい対処方法を身に着けておくことも大事です。

旦那が喧嘩をしてご飯を食べない時の対処方法について見ていきましょう。

旦那がご飯を食べない時の対処方法は2つ。

1、旦那のいるところにご飯を持って行く。

「飯なんかいらん!」と怒って食卓に来ない旦那がリビングで寝転んでいる場合。

旦那が寝転んでいる場所にミニテーブルを持って行って、静かに食事を並べます。

「いいから食卓に来て!」と怒鳴っていてもしんどいだけです。

多少面倒に感じますが、無言で旦那のいるところに食事を持って行った方が楽です。

家族が見ていないと感じると食べることもありますし、目の前に食事があれば食欲に負けて食べる可能性も高まります。

2、時間をおいて食べられるように保存する。

できた食事を保存用タッパ―に移して冷蔵保存しておけば、時間が経って気持ちが落ち着いた旦那が「腹減った。」と言い出した時に使えます。

また、旦那が出て行って外食をしても、仕事の弁当に使えるため、大変便利です。

食後の皿洗いや、旦那が食べるか食べないか分からないという点を考慮すれば、タッパ―での保存を迷わずに行うことは非常に効率的です。

旦那が喧嘩するとご飯を食べない心理は?理由と対処方法のまとめ

旦那が喧嘩をしてご飯を食べない時の心理や理由、対処方法についてご紹介しました。

心理や理由を理解すればするほど奥深いものがあります。

最後に、旦那だけではなく、「人が食事を拒否する心理」について理解をしておくことは大変重要だということをお伝えします。

旦那が喧嘩になるとご飯を食べないことに対して、これまでは「意地を張ってみっともない。」と、イラついた気持ちを抱えていた人も少なくないはずです。

旦那が喧嘩をした時にご飯を食べたくない心理を理解すれば、同じく子供や親が「ご飯を食べたくない。」と言った時の心理も理解ができます。

「何か学校でトラブルがあったのかもしれない。」

「ご近所の方と揉め事でもあったのかもしれない。」

そういう風に、子供や親の精神面も素早く察することができるようになります。

人が食事を拒否するのは、マイナスの感情が働いている証拠でもあります。

変にイラついたりせず、冷静な判断ができれば人の気持ちについて理解が深まります。

 

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました