はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

牛乳パックの踏み台のカバー!簡単な作り方をご紹介!

      2016/06/16


先日、牛乳パックで六角形の踏み台を作ってみました。
↓ ↓
牛乳パックで踏み台を!簡単で丈夫な作り方をご紹介!

そのままでも使えますが、ちょっと味気ないですよね。

ですので、カバーも作ってみました。

カバー
実際に作ってみると、簡単に出来ましたので初心者の方にもおすすめです。

是非、おうちのインテリアに合わせて、お好きな色や柄で作ってみて下さい。


本日は六角形の踏み台用のカバーを、初心者の方でも簡単に出来る作り方でご紹介していきます。

では、早速見てみましょう。

Sponsored Links


牛乳パックの踏み台カバーの材料と裁断



  • 好きな生地(参考:幅110、90センチ←余裕を持っています。)
  • ハサミ
  • 糸、針、まち針

  • 裁断した所を、折り紙でイメージしてみました。
    カバー1

    ①本体の胴回りを測り、本体の底の部分を生地の上に置いてなぞると、このような形になります♪

    胴回りや底のサイズはそれぞれ違いますので、しっかり測って下さい。

    ②測ったら縫い代1.5cm多めにとって裁断していきます!

    カバー2

    ③裁断が終わったら、本体と生地に同じ場所に印を付けておきます。

    後で縫っていく際に分かりやすいようにする為です(^O^)

    Sponsored Links


    布を縫います



    カバー3

    ④印を付け終わったら、本体部分の生地を表同士を合わせて、縫い代1.5cm分を離し一直線に縫っていきます

    時間短縮の為にミシンを使いましたが、手縫いでももちろんOKです!

    カバー4
    ⑤縫い終わったら、先程の生地をひっくり返してかぶせます

    ⑥縫った部分を角に持って来たいので、先ほど印を付けた部分を基準にして布を入れていきます。

    カバー5

    ⑦布を被せたら、上も下も縫い代1.5cm分を出るように合わせます

    ⑧合わせたら、図のように角を切っていきます

    カバー6
    ⑨側面の縫った部分は、糸が解けないように縫ったところを避けて切ります

    カバー7
    ⑩切れたら自然に重なるように折ってまち針で留めていきます


    カバー8
    ⑪続いては底の部分をかぶせて、ある程度まっすぐなるように、中に折ってまち針で留めていきます

    カバー9
    いよいよまつり縫いで、縫っていきます!

    まつり縫い(注1)でなくても、留まれば大丈夫です(^O^)


    初心者の方は、あまり細かすぎると疲れちゃいますので、大まかに縫ってくださいね♪

    カバー
    完成です\(^ ^)/


    今回は踏み台に使いたかったので、生地は薄めにし安定感重視にしました!

    また、裏面に滑り止めを付けると、もっと安心です^^
    (滑り止めは100均でも売っています。)


    もし、椅子として座る目的なら、キルト生地や綿なども入れてあげたら良いと思います♪


    (注1)まつり縫いが分からない方はこちらを参考にしてみて下さいね。
    ↓↓



    おわりに


    いかがでしたか?

    とーっても簡単にできてしまうカバー(^^)

    市販の物を買ってもいいのですが、オリジナルのデザインで、自分だけの物を作ってみてはいかがですか?(o^^o)

    「おすすめハンドメイド記事」

    牛乳パックで踏み台を!簡単で丈夫な作り方をご紹介!

    エプロンの簡単な作り方!保育士が着る大人用を型紙なしで!

    Sponsored Links

     - ハンドメイド

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    エプロンの簡単な作り方!保育士が着る大人用を型紙なしで!

    先日、「子供が好きなキャラクターでエプロン作りたいな!でも、難しそう…」と、ママ …

    牛乳パックで踏み台を!簡単で丈夫な作り方をご紹介!

    子供がしっかりと歩く頃になると、自分で洗面所へ行って手を洗うようになりますよね。 …