はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

たけのこの保存!美味しく冷凍するには砂糖が決めて!

      2016/06/27


今や、どのシーズンでも食べられる「たけのこ」ですが、やはり旬のたけのこには敵いませんよね。

筍の字の中にも、旬と言う字を使っている事からも納得出来ます^^

とても美味しい旬のたけのこですが、頂く時期が重なったりして困ってしまう事は無いですか?

たけのこ4

私は、下ゆでして、冷蔵庫で保存しても食べきれないような場合に、「冷凍保存できればいいなあ。」と思っていました。

そこで、調べてみると冷凍保存できるという事を発見!

しかも、簡単に美味しくと言うではありませんか^^

本日は、たけのこを美味しく保存して、使いたい時に使いたい分だけ出せる、冷凍の保存方法をご紹介したいと思います。

Sponsored Links

たけのこは冷凍保存できる?

たけのこを冷凍すると考えると、スカスカして美味しくなさそうなイメージがあったのですが、・・。

ところが、たけのこは冷凍保存できます。

冷蔵でもできるのですが、2.3日で使いきれないなら冷凍保存をオススメします。

そして、冷凍保存をする時は、お砂糖を使います^^

これからお砂糖を使った保存方法について、もっと詳しくご紹介していきます!

なぜ砂糖をまぶすと冷凍保存できるの?

砂糖

長期保存と言えば、やはり塩やお酢などがベターですよね。

ですが、たけのこを始め、お肉でも使える方法が砂糖なのです。

では一体なぜ砂糖なのかということなのですが…

[su_spacer size=”30″]

あらゆる食材には水分があります。

もちろん、たけのこにもあるのですが、その水分のおかげで、たけのこのシャキシャキ感が味わえているのです。

ですが、そのまま冷凍保存してしまうと、たけのこの中の水分が飛んでしまって、細胞が潰れて美味しくなくなってしまうということなのです。

そこで登場するのが砂糖なのですが、砂糖をまぶすことにより、水分を逃がさないように砂糖でブロックするのです!。

そうやって、冷凍保存することにより、いつでもシャキシャキの美味しいたけのこが食べられるということなのです♪

砂糖を使った冷凍保存の仕方は?

たけのこ1

「その冷凍保存はどうやってするの?」の声に答応えて、我が家ではおばあちゃんに教わった保存方法をご紹介します。

おばあちゃんは、よく旬のたけのこを沢山、山から採ってきていました。

こんなに食べれないでしょ、と言うくらい…(^―^)

[su_spacer size=”30″]

その時、採ってくるなりおばあちゃんは、すぐにたけのこの下準備を始めたのです。

その下準備から保存方法まで教えてもらってので、お伝えします!

[su_spacer size=”30″]

まずは、2.3日で食べる「たけのこ」とそれ以外の「たけのこ」を分けて、2.3日の分は皮を剥き糠や重曹で茹でて袋に水と入れて保存します。

2.3日で食べる「たけのこ」は冷蔵でも良いです。

冷蔵保存の場合には2.3日でも毎日、水替えが必要でさらにできるだけ空気を抜いて保存してください。

[su_spacer size=”30″]

次に、冷凍保存の分は「砂糖をまぶす」と「甘めのだし汁」とに分けてたけのこを茹でます。

わかりやすいように2つに分けて説明していきますね!

Sponsored Links

用途に応じて下処理を選んでください^^

まずは砂糖をまぶす方からご紹介していきます!

【砂糖をまぶすだけの冷凍保存方法】

1.たけのこのアクを抜くために、しっかりと茹でます。

※茹でる際はぬか、米のとぎ汁などを使って茹でます。

2.茹で終わったら、自然に冷めるのを待ちます。

3.冷めたらお好みの切り方で、薄く切ります

4.切った、たけのこをジップロックに全部いれるか、または小分けにします。

5.そこに500gに対して、大さじ1の砂糖をまぶします。

6.砂糖をまぶしたら、たけのこにもみこむようにします。

7.ある程度馴染んだら、できるだけ平らにして冷凍して完了です。

[su_spacer size=”30″]

簡単ですよね~♪

つぎは、だし汁を使った方法を見てみましょう♪

【だし汁を使って冷凍保存方法】

※1~4はレシピ1と同じです。

1.たけのこのアクを抜くためにしっかりと茹でます。

※茹でる際はぬか、米のとぎ汁などを使って茹でます。

2.茹で終わったら、自然に冷めるのを待ちます。

3.冷めたらお好みの切り方で薄く切ります。

4.切ったたけのこをジップロックに全部いれるかまたは小分けにします。

5.たけのこ300gに対して、だし汁100CC、砂糖、醤油大さじ1をいれます。

6.できるだけ平らにして、冷凍して完了です。

冷凍保存での保存期間は約1ヶ月です。

[su_spacer size=”30″]

我が家でも1ヶ月以上は試したことがないので、わかりませんが1ヶ月以内であれば何も問題なく美味しく頂けてます。

では、冷凍保存した後は、どのように料理に使うのでしょうか。

これも簡単なのです^^

冷凍保存した後は、調理にどう使うの?

たけのこ5

砂糖をまぶした物もだし汁の物も、使う際は解凍せずにそのまま料理に使用して下さい♪

解凍して使うと、細胞が潰れ美味しくなくなってしまいます。

ですので、どうしても砂糖を落としたい場合は、冷凍庫から出したら水でささっと砂糖を洗い流しましょう

[su_spacer size=”30″]

砂糖をまぶした「たけのこは」炊き込みご飯お味噌汁パスタなどにも使えます。

シンプルな味付けにする事によって、たけのこの味を味わえます。

[su_spacer size=”30″]

また、だし汁で漬けた「たけのこ」はちらし寿司煮物にも使えます。

すでに味付けしていますので、いつもの分量を加減して使って下さいね♪

[su_spacer size=”30″]

切り方も、短冊切りなどにして、味付けを変えてメンマなどにも使えますので試してみて下さいね♪

まとめ

たけのこ

いかかでしたか?

お砂糖をまぶすだけで、簡単に美味しく冷凍保存ができます。

また、先にだし汁で味付けしておくことも出来ますので、その後の調理も楽ですよね^^

「冷凍保存は難しいし、いいや..」と思って諦めていた方も、お砂糖で手軽に「たけのこの冷凍保存」に挑戦してみてはいかがですか?

Sponsored Links

 - 食べ物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

              

  この記事も読まれています