はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

ほうれん草をソテーする時!下ゆではするものなの?

      2018/06/23


ほうれん草は、とてもメジャーな野菜で、誰もが一度、目にしたことも、口にしたこともある野菜の一つですよね。

そして、緑黄色野菜の中でも、とても栄養価が高く、子供からお年寄りまで幅広い世代に摂っていただきたい素晴らしい葉物野菜です。

そんなほうれん草は、和食でメジャーな物はお浸し、胡麻和えなどの和え物。

洋食ではポタージュやソテーがあります。

ホウレンソウ
私は、お浸しや胡麻和えは大好きでよく食べますが、今回はその中でも“ほうれん草のソテー”についてご紹介します。

ほうれん草のソテーってどうやって作ればいいの?

ほうれん草はそのまま切って炒めるの?

という疑問がある方もいるのではないでしょうか。


ほうれん草は下茹でするものなのか。そして下茹での方法保存の方法栄養についてご紹介します。

Sponsored Links


ほうれん草は下ゆでする?


『ほうれん草には灰汁がある』という言葉を聞いたことがある方は、多いのではないでしょうか。

ほうれん草の灰汁は“シュウ酸カルシウム”という成分で、そのシュウ酸を大量に摂取すると、体内に蓄積していたシュウ酸カルシウムと結びついて、結石や骨粗しょう症の原因となるそうです。

キッチン
ほうれん草の他にも、シュウ酸が多い野菜はパセリ、キャベツ、じゃがいも、たまねぎなどがあります。

“●科の野菜は、シュウ酸が多い“という事ではなく、系統はバラバラなんですね。



ですが、そんなシュウ酸カルシウムも、茹でることにより減らすことができます。

シュウ酸カルシウムは水溶性のため、茹でると70%~80%減らすことができます。

洗って、すぐに炒める方もいますが、私は絶対!茹でることをお勧めします。

そして、電子レンジで加熱する方法もありますが、茹でていないので、シュウ酸を減らしにくく、個人的にはおススメはできません。



ほうれん草のゆで方は?


ゆでる
 下ごしらえの方法


①たっぷりの水に塩を少し入れてお湯を沸かす

②お湯が沸いたら、まず茎を入れ30秒たったら葉もすべて入れる。

③箸でかえしながらサッと茹でて、素早く氷水につけて、絞って水気を切る。

Sponsored Links


ほうれん草は根本をしっかり洗って、土を落としましょう。

しっかりと土が落ちない場合は、爪楊枝や竹串を使って土を掻き出すか、包丁で十字に切り込みを入れ、指先でもみ洗うと良いです。

しっかりと汚れが落ちたら、根本も食べることできます。

根本のピンクの部分は、マンガンが豊富で独特な旨みもあるのでおススメです。

ポイントは茹ですぎないことです。

ほうれん草の保存の方法と日持ち


冷蔵庫
ほうれん草の保存方法は、生のままの保存、ゆでて保存、冷凍保存の大きく分けて3つがあります。

それぞれのやり方をご紹介いたします。

生のまま冷蔵庫で保存する方法


茎を下にしてたっぷりの水で洗い、ポリ袋で密封します。

そのまま保存すると、しなしなになって鮮度が落ちてしまうので注意してください。

冷蔵庫で1週間前後日持ちします。

茹でて冷蔵庫に保存する方法


タッパなどに、ほうれん草を入れて冷蔵庫に保存。

冷蔵庫に3日前後日持ちします。

冷凍する方法


茹でて小分けにし、ジップロックなどに入れて保存。

冷凍したものをスティック状にしておくと、そのまますりおろす事ができるので、離乳食作りや、パンケーキ作りなど、幅広く活用できます。

とても便利なのでぜひ、オススメしたい方法です。

保存の目安は1か月~2か月です。

ソテーなどに活用するときは、半解凍くらいが扱いやすく、おススメです!

ほうれん草の栄養について


悩む2
ほうれん草に含まれる栄養は、

  • 鉄分
  • B-カロテン
  • ビタミンc
  • カリウム
  • マンガン
  • 葉酸
  • シュウ酸


  • などがあります。


    中でも多く含まれるのが、鉄分です。

    ”ほうれん草=鉄分”のイメージが強い鉄分です。

    その鉄分は、牛レバーと同じほどほうれん草に含まれているのです。

    私も、そこまで多く含まれている事に驚きました^^



    B-カロテン、ビタミンCには風邪、動脈硬化、がん、肌荒れを予防してくれる、有難い効果があります。

    マンガン、カルシウムは骨を丈夫にする効果があります。

    シュウ酸さえ茹でて取り除けば、成長期の子供や病中病後など幅広い方に食べさせたいですね。

    栄養価が高いほうれん草は必ず茹でて活用を


    子供
    育ち盛りの子供から大人まで幅広い方に食べて欲しい、ほうれん草。

    健康の事を考えると、是非日ごろから食べたい野菜の1つです。

    シュウ酸を含むことから体の事を考えると、茹でてから利用したいですね。

    ぜひ、この記事で読んだことを踏まえて、自分のお気に入りのほうれん草のソテーを作ってみてください♪
    Sponsored Links

     - 食べ物

             

      関連記事と広告

    パセリの栄養と効能!驚くべき付け合せの実力とは!?

    外食をすると付け合わせとしてよく見かけるパセリ。 カールした小さな葉が可愛らしい …

    天ぷらの具材の定番!春・夏・秋・冬の季節の野菜をピックアップ!

    普段、天ぷらを揚げる時、具材はどのように選んでいますか? 旬のものを選んでいます …

    恵方巻きの巻き方のコツは?酢飯の乗せ方がポイント!

    かれこれ数年以上前に、関西に来て、恵方巻きという物を初めて知りました。 主婦とし …

    柿の栄養と効能!健康や美容を気にする女性にぴったり!

    秋になると木々の葉も美しく赤く染まって、風情ある景色になりますよね。 筆者は秋が …

    いちごの保存方法は?冷凍や冷蔵の仕方をマスター!

    ショートケーキには、絶対に欠かす事のできない、赤い宝石のようないちご。 甘酸っぱ …

    アスパラのゆで方は?簡単で美味しい時短方法はコレ!

    アスパラって美味しいですよね~(o^-^o) 特に旬のアスパラは噛むと甘みが出て …

    桜餅の葉を食べる人食べない人の意見は?クマリンに栄養や効能はある?

    日本には季節によって様々なお菓子が出回りますよね。 春先に目にするお菓子のうちに …

    簡単!天ぷらの保存方法は?冷凍の仕方とサクサク解凍する方法

    サクサクの美味しい天ぷらを保存したいと思ったことはありませんか? 天ぷらは、揚げ …

    じゃがいもの芽が出てたり柔らかいものは食べられるの?

    「じゃがいもから芽がでちゃった(汗)」「なんだか柔らかくなってる!?」などの経験 …

    コーヒーは肌のシミの予防になる?紫外線対策に効果があるの?

    ルイボスティーやハーブティーなど、美容や健康に良いとされているお茶は、最近よく美 …