はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

耳の下が痛い!リンパが腫れる原因と病気をご紹介!

      2016/12/02


身体の不調がある時、たまにリンパ節が腫れて耳の下が痛む事ってありますよね。

触ってみて固かったり熱を持っていることも!

筆者は、よく耳の後ろのリンパ節が腫れて痛くなります。
いつもすぐに治るので、放っておくのですが。

これっていったいどうして起こる事なのでしょうか?

悩む
筆者は痛いと苦しむばかりでそのメカニズムを知りませんでした。

しかし、原因とどんな病気があるのか気になったので早速調べてみました。

まずは、耳の下のリンパ節が痛い原因を見てみましょう。

Sponsored Links


耳の下のリンパが痛い原因は?


耳の下にあるリンパが痛む原因はいくつかあるようです。

体の中に、800か所もあると言われているリンパ節ですが、耳の下のリンパ節が痛む原因とは一体何なのでしょうか。

そもそもリンパ節とはどんな働きを持ったものなのかをご説明しましょう。

[su_spacer size=”30″]

リンパ節とは、体内に入り込んできた細菌やウィルスをやっつけてくれる働きを持っています。

リンパ節が腫れている時とは、体の中に入ってきたウィルスや細菌が強くリンパ節まで影響があるときです。

つまり体がウィルスなどと戦っている時に、リンパ節が腫れるということです。

[su_spacer size=”30″]

血液検査で白血球が高い場合は、こちらの記事をご覧ください→血液検査で白血球(WBC)が高い!

リンパ節が痛い理由は、ウィルスや細菌が体の中に入り込んで身体が抵抗しているからなのですね。

このウィルスや細菌たちがとても強かった場合、リンパ節の腫れだけではなく様々な病気へと進んでしまうことがあるのです。



リンパ節が痛い時に考えられる病気


耳の下のリンパ節が痛み、ウィルスや細菌が強かった場合に移行する病気とはどのようなものでしょうか。
調べてみましたので、一緒に見てみましょう。

中耳炎


喉や鼻などの気管から入った細菌が、耳へと侵入したことにより引き起こされる病気です。

下記4種のパターンがありますが、子供の場合ですと風邪などが原因で起こる事があるそうですね。

そういえば筆者も小さい頃風邪を引くと、耳の下が痛んだ経験があります。

中耳炎の症状はこちらで→中耳炎の症状は?

急性中耳炎


その名の通り、突然中耳に炎症が起こる病気です。

多くの場合は、インフルエンザやアデノウィルス感染症などの風邪をきっかけに引き起こされる病気で、細菌やウィルスが原因となります。

前述したリンパの腫れの他、耳垂れなどの症状がみられることも。

免疫力のない子供がかかりやすく、特に集団行動をする保育園に通う低年齢の子供はなりやすいと言われています。


[su_spacer size=”30″]


滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)


粘液が溜まってしまい、耳の聞こえが悪くなってしまう病気です。

鼓膜の奥にある中耳に滲出液ガ溜まり、耳がつまっているような症状の耳閉感や、難聴耳鳴りなどの症状が見られます。

急性中耳炎を繰り返した子供がなりやすいようで、0歳から3歳までの子供が発症する傾向にあるようです。

子供がこの症状に気が付いたり訴えることができず、病気が発見されにくいそうです。

音が聞こえていないようでしたり、テレビの音が大きかったりするようでしたら注意が必要です。
[su_spacer size=”30″]

慢性中耳炎


その名の通り、長い期間中耳炎の症状が続く病気です。

中耳炎の症状を治療せずに放っておくと耳垂れが慢性化し、聞こえにくくなる場合もあります。
[su_spacer size=”30″]

真珠腫性中耳炎


名前に真珠がありますが、鼓膜に穴が開いてしまう病気です。

Sponsored Links

中耳炎が長引き、炎症が中耳の奥にある骨(乳突洞)や上鼓室まで広がります。

更に中耳の換気の状態が悪い場合に、この真珠腫性中耳炎が発症すると言われています。
[su_spacer size=”30″]

内耳炎


内耳炎とは中耳腔で発生した炎症が中耳だけでなく、正円窓と卵円窓と呼ばれる器官を通り越して、中耳まで炎症が及んでいる状態を指します。

ですが中耳炎だけでなく、上記の真珠腫性中耳炎によるものや、髄膜炎が原因で引き起こされることもあります。

症状は激しいめまいや吐き気・嘔吐などです。

更に難聴や耳鳴りなどの症状が見られます。
それは、内耳には三半規管があり、生活に必要な体のバランスをとっているのですが、この内耳炎によって三半規管の本来の機能が低下することが原因と言われています。

急に、これらの症状が強くあらわれる時には、内耳への炎症が急激であったということが想定されます。
逆にゆっくりめまいやふらつき、軽度の難聴など緩やかに症状が表れる場合には、内耳への炎症はゆっくりであると考えられます。


外耳炎


外耳炎とは外耳道の炎症で、外耳道炎とも呼ばれます。

真菌や細菌が原因で、かゆみや痛み、そして膿などの分泌が症状として挙げられます。

耳の中にプールなどの水が入ってしまったり、耳かきなどで傷をつけてしまったりなどといった原因でこの外耳炎になることもあります。


これらの病気の他、こんなことでリンパ腺まで腫れてしまうことがあります。

外耳炎については、こちらで紹介しています。→外耳炎の症状と原因は?

虫歯


虫歯が酷くなると、菌が歯茎などに影響を与えついにはリンパ節まで及ぶことがあります。

意外と虫歯は侮れないものです。

定期的な歯科検診を受けることをお勧めします。

[su_spacer size=”30″]

今まで、耳と口に関してお伝えしましたが、まだ色々と首の下(頸部のリンパ)が腫れる症状が現れる病気があります。

予備知識として知っておくのもいいのではないでしょうか。

その他にもこんな病気が


首痛い
調べてみると沢山の首の下(頸部)のリンパが腫れる病気がありました。

  • おたふく風邪(流行性耳下腺炎)
  • 急性耳下腺炎
  • 悪性リンパ腫
  • 結核
  • 白血病
  • 亜急性壊死性リンパ節炎(菊池病)
  • 川崎病
  • 膠原病
  • シェーグレン症候群

  • このように、色々ある病気の中でも難しい病気などもあるので、症状が激しい時は病院へ行った方がいいですね。

    まとめ


    嬉しい
    多くの人はリンパ節の腫れは、風邪を引いた時に体験したのではないでしょうか。

    リンパ節の腫れは風邪だけでなく、耳の病気に移行することがあります。

    また、虫歯からリンパ節へ菌が移行し腫れてしまうことも。

    誰だって痛いリンパ節の腫れはなりたくないと思います。

    疲れを溜めず、良く寝てバランスの良い食事を摂り、病気の原因となる細菌やウィルスに対抗できる強い身体づくりを心がけましょう。

    Sponsored Links

     - 病気

             

      関連記事と広告

    脂漏性皮膚炎の症状が頭皮に出た!どんな治療をするの?

    新生児や乳幼児にできる乳児脂漏性皮膚炎は有名ですよね。 ですが、この脂漏性皮膚炎 …

    歯ぎしりの原因は?マウスピースはどれだけの効果があるの?

    自分ではなかなか気が付かない歯ぎしり。 実は成人の約80%の人に、歯ぎしりがある …

    夏バテ対策に!飲み物で食欲不振を乗り切る!

    お腹が空かない、でもなにか摂らないとますます夏バテがひどくなってしまう・・・。 …

    子供の鼻血がよく出る!病気と疑う時の特徴は?

    子供の顔を見たら鼻から赤い血が一筋…。 子供がいるご家庭で、鼻血に慣れていました …

    エアコンのカビで咳!アスペルギルスがアレルギーの元に!

    エアコンを付けた途端に、咳が出てしまう(´ρ`*) それはエアコンにカビが繁殖し …

    顔がかゆい!赤い斑点が腫れるのはどんな病気があるの?

    なんだか顔が赤くてかゆいし、触ってみると腫れている! かゆみが続くという状況は結 …

    円形脱毛症の原因は?女性も必見!なぜ髪の毛が抜けるの?

    「あれ…お客さん、円形に髪の毛が抜けてますよ…?」なんて美容師さんに指摘されて気 …

    痰の出し方を簡単に!風邪の時にも使える喉を痛めない方法とは?

    痰が喉に溜まると、咳が出たり息がしにくい状態になったりして辛いですよね。 また、 …

    甲状腺機能が低下!橋本病の症状は?のどの腫れ以外にも

    橋本病はあまり聞きなれない言葉ですが、慢性甲状腺炎と言い女性に要注意!な病気です …

    金属アレルギーの症状は?ピアスだけじゃない意外なものも。

    アクセサリー店へ行くと、可愛いピアスが沢山あって楽しいですよね♪ しかも、安い値 …