はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

クエン酸で掃除を!簡単に出来る使い方をまとめてご紹介!

      2015/10/31


ナチュラルなもので掃除がしたいと言う方に人気のクエン酸。

普段は強い洗剤を使いたくないと言う理由は、環境に関心のある方や、お肌が弱い方、小さなお子様がいらっしゃったり、可愛いペットがいるなどが主かと思います。

犬

使おうと思ってクエン酸を買ってきたのはいいけど、今一つ使い方が良く分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのまま封を開けずに仕舞いこんでいたら、もったいないですよね。

本日は、クエン酸は、どの汚れにどのように使えばいいのかを簡単にお伝えします。

気になる箇所があれば、ちょっと試しに一か所だけでも使ってみて下さい♪

Sponsored Links

クエン酸が効く汚れは?

では、クエン酸はどのような汚れに効果をあらわすのかを見てみましょう。

 クエン酸に効果的な汚れ
  • 石鹸カス
  • 黒い水垢
  • 銅石鹸
  • 白く固まった水垢
  • 軽いサビ取り
  • 尿石
  • [su_spacer size=”30″]

    このように、色々な汚れに効果があります。

    また、クエン酸は困った臭いを取る効果もあります。

     クエン酸に効果的な臭い
  • アンモニアの臭い
  • 魚の臭い
  • 煙草の臭い
  • [su_spacer size=”30″]

    クエン酸は、このように生活していると、どうしてもついてしまう汚れや臭いに、効果があります。

    では、この汚れが発生する場所はどこなのでしょうか。

    汚れが出る場所と使い方は?

    掃除2

    先ほどお伝えした汚れが出る主な場所と使い方を見てみましょう。

    まず、使い方に良く出てくるクエン酸水の簡単な作り方をお伝えします。

     クエン酸水の作り方

    :100ml + クエン酸:1~2.5g(汚れで加減。)

    上記をスプレー容器に入れて振り、良く溶かす。

    基本のクエン酸水は、クエン酸の濃度が1%ぐらいが目安です。

    汚れに応じて濃度を変えて下さい。

    石鹸カス

    浴室・洗面所

    特に、浴室の床や壁面の下の方、浴槽のヘリの部分などに石鹸カスが残って付いている時があります。

    クエン酸スプレーとスポンジで優しく洗います。

    黒い水垢

    浴室・キッチンのシンク・トイレの水受けなど

    浴室とキッチンのシンクはクエン酸スプレーとスポンジで洗います。
    トイレの水受けは布に含ませてふき取ってください。
    汚れがひどい場合は、キッチンペーパーにクエン酸を含ませて湿布すると良いです。

    銅石鹸

    浴室・浴槽・洗面など

    直接クエン酸水を吹き付ける。
    汚れがひどい場合は、キッチンペーパーにクエン酸を含ませて湿布すると良いです。

    白く固まった水垢

    浴室の水栓や鏡・トイレの水受け・キッチンの水栓や、コーヒーメーカー、ポットの中や加湿器のタンクとフィルター、食器洗い機など

    水栓や鏡、トイレの水受けなどの白く固まってしまった水垢は、クエン酸を湿布しておくと取る事ができます。

    Sponsored Links

    ポットは、中にクエン酸を小さじ1杯程度と水を入れ、そのまま沸騰させます。(’クエン酸で掃除中’と張り紙しておいてくださいね。)
    1時間ほどそのままにしておき、その後綺麗な水で掃除して下さい。

    コーヒーメーカーは、クエン酸を入れてドリップし、再度水でドリップしすすぎます。

    加湿器のタンクとフィルターはクエン酸水に付けて暫くおいておきます。(使い方は説明書に従って下さい。)

    食器洗い機にクエン酸を小さじ1~2程いれ、そのまま運転させます。

    軽い錆び取り

    浴室・洗面所・台所など

    錆びはなかなか取れなくて困ってしまう事がありますよね。

    実は、錆びの部分をクエン酸は取ってくれます^^

    浴槽に置きっぱなしにしてしまった、アメリカピンや台所の缶の跡の、錆びの部分にクエン酸水を湿布してみて下さい。

    尿石

    トイレ

    固まってしまった尿石には、クエン酸を長めに湿布をして下さい。

    普段の生活でトイレの後にクエン酸水をスプレーしておくと予防になります。

    [su_spacer size=”30″]

    アンモニア臭にもクエン酸は効くので、一石二鳥ですね^^

    その他の臭いについても見てみましょう。

    嫌な臭いの取り方は?

    シャボン玉

    先ほどお伝えしたトイレのアンモニア臭はアルカリ性なので、酸性のクエン酸を使うと効果があります。

    魚の臭い

    台所

    魚をさばいた後のまな板や臭いが付くと取れにくいタッパーなどに、クエン酸水を吹きかけて下さい。

    また、手に付いた臭いや生ごみにもクエン酸水をかけると臭いが軽減されます。

    煙草の臭い

    カーテンなどの染みついた煙草の臭いも取れにくいです。

    クエン酸水を吹きかけて下さい。

    [su_spacer size=”30″]

    このように色々な場面で活躍しているクエン酸ですが、使う時に注意しなければならない事があります。

    クエン酸を使う時に注意する事

    クエン酸は、白い水垢を落とす作用がありますが、それは水垢の炭酸カルシウムなどのミネラルを溶かしています。

    同じように、大理石は炭酸カルシウムで出来ているので使用しないで下さい。

    [su_spacer size=”30″]

    アルミニウムなどの金属も溶かす作用がありますので、使用には気を付けて下さい。

    カビキラーやハイターなどの塩素系洗剤と一緒に使用しないで下さい。

    保管方法は、金属の入れ物には入れないようにしましょう。

    蓋はしっかりと閉めないと溶けてしまう事があるので気を付けて下さい。

    まとめ

    いかがでしょうか?

    日常、良く使う場所にクエン酸での掃除は効果があります。

    水を使う所には、水垢がついていたり、トイレには臭いや尿石など困った汚れが付いています。

    そんな時は、クエン酸を使ってお掃除してみて下さい♪

    白く固まってしまった汚れには、しばらく湿布をすると良いですね。

    [su_spacer size=”30″]

    ↓今回お伝えしたお掃除の仕方を細かく知りたい場合はこちらをご覧ください。

    Sponsored Links

     - お掃除

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

                  

      この記事も読まれています