はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

成人式の振袖!古典な母の着物を今風にアレンジするコツとは!

      2019/07/09


娘を持つものとして、成人式と言うイベントも母として楽しみの一つと考える人も多いのではないでしょうか。

成人式に着るお振袖は、レンタルにするか、購入するのかとそれぞれのご家庭の考えがあると思います。

筆者は、自分が着ていた振袖をとても気に入っていたので、もし娘が着てくれたら嬉しいな~と思っていました。

とは言え、「昔っぽくて嫌だ~!」と言われたら、やめようと思っていましたが、娘に振袖を見せた所、「うん、いいよ」と言ってくれました(^。^;) ホッ

現代風の振袖を着たいと思っている娘だったら、「絶対に嫌だ!」と言っていたかもしれませんが、古典柄が着たいと言っていたので、特に嫌がる事もなく気に入ってくれました。

振袖2
今年は、古典柄も流行っているみたいですので、違和感もないようです。

今は、母親の振袖を着ると言う人も多く、振袖リメイクやママ振袖などと呼ばれているようです(v`▽´)v

でも、やっぱり友達に古くさいと思われたくないと言う事は思っているみたいな様子^^;

そこで、どうすれば昔の振袖が古くさくなく、成人式で今風に着れるのかを考えてみました。

その前に、昔の振袖が着れるのかのチェックが肝心です!

Sponsored Links

はじめにする事

まず、この2点で振袖が着れる状態なのかを見てみましょう。
  • サイズをみる
  • シミや虫食いをみる
実際に、母親の振袖を着るとなると、サイズが合うかどうかが問題です。

筆者(母)の場合は、娘と殆ど同じような背丈と体型なので、サイズの問題は大丈夫でした。

一般的に、着物は洋服よりはサイズに余裕があると思いますが、娘さんの背丈がお母さんの背丈より、あまりにも高かったりすると丈のお直しなどが必要になってくるようです。

そのお直しの箇所や状態にもよりますが、長襦袢もお直しする事を考えると2~3万円はかかりそうです。

全体的に直すとなると、もっとかかるかもしれません。

次は、振袖のシミと虫食いが無いかを確認してみました。

筆者は、毎年虫干しはしていたので虫食いは無かったのですが、全体を広げて良く見ると一部分に小さなシミがありました。

そこで、呉服屋さんにしみ抜きをお願いをしてみると、3週間程で綺麗にしみ抜きが出来てきました。

小さなシミだったからか、お値段も5000円ほどでした。

着物のクリーニングは高いと思っていましたが、思っていたよりも安くてびっくりでした。

もちろん、シミの状態や大きさなどによっても値段が違ってきます。

もし、シミやサイズ直しがあったら早めに専門のクリーニング屋さんか、呉服屋さんに相談してみると安心ですね。

では、次は昔の振袖が古くさくないようにするには、どうすればいいのかを見てみましょう。

昔の振袖を現代風にするには

振袖7
とても気に入っていた振袖とは言え、筆者の着ていた様なアレンジで着させると、やはり野暮ったく見えるのですε=(‐ω‐;;)

それで、周りの成人式を終えた先輩ママさんに聞いてみると、小物を替えると違って見えるとの事!

小物を替える程度なら、何とか筆者の予算でも収まるかもしれないと思いました。

替えた小物は?

帯は何回も使っていたら、擦り切れてきますので、その場合は買い替えが必要になるかもしれません。

しかし、状態が良いものでしたら、振袖に合わせた柄になっているので、使いたいアイテムだと思います。

筆者の場合は、特に問題が無かったので帯は使用する事にしました。
 新たに買い替えたもの
  • 帯揚げ
  • 帯締め
  • 半衿
  • 伊達衿(重ね衿)
  • バッグ
  • 草履
この小物達を替える事にし、早速呉服屋さんに見に行ってみましたヾ(  ̄▽)ゞ

帯揚げ・帯締め

実際手に取って見てみると、筆者が使っていた帯揚げや帯締めと比べると、今の帯揚げや帯締めの方が発色が綺麗です。

色や柄や素材も色々あり、合わせるパターンも沢山あります。

落ち着いた色の物から、素材自体もキラキラしているものや、斬新なデザインの物など見ているだけでも女性なら楽しくて時間が経つのが早く感じるのではないでしょうか。

ただ、困るのは選び方ですよね^^;

筆者は着物と縁があまりなかったので困りましたが、呉服屋さんで教えて貰った基準をお伝えします。
 帯揚げ・帯締めの選び方
  • 振袖や帯の柄に入っている色
  • 振袖や帯の色で大きい範囲を占める色反対の色(反対色・補色)
  • あざやかな色の振袖には落ち着いた色の物
  • 落ち着いた色の振袖にはあざやかな色の物
  • 振袖や帯の柄の模様似た模様
  • 帯締めは古典柄の場合は平組
など・・

帯締めは、現代風の振袖には丸組のパールやチェーンの付いた帯締めも可愛いですし、古典柄の振袖には平組が合いますね。



半衿(刺繍半衿)

半襟は、かなりの確率で色がくすんでいると思われますので、替えるのをお勧めします

お手持ちの振袖に合わせて選ぶ事になりますが、大体の考え方を頭の隅に置いておくと選びやすいです。
 半衿の選び方
  • 白地に刺繍上品になる
  • 濃い色の布地に刺繍は全体を引き締める
  • 明るい色の布地に刺繍は地味目の着物を華やかにする
  • 白一色は振袖の色を際立たせ、お顔映りを良くする
その振袖の柄によると思いますが、刺繍の半衿を付けた方が、着物が一層華やかになります。

着物自体が存在感がある場合は、刺繍衿を付けずに白い衿が着物を際立たせるのでおすすめです。




伊達衿(重ね衿)

昔はお祝い事の時に着物を重ねて着ていましが、今では着物を重ねて着たりしませんが、その名残として伊達衿(重ね衿)が引き継がれてきているそうです。

この伊達衿(重ね衿)も、思いのほか、沢山の色があります。

素材も光沢のあるもの、光沢のないもの、リバーシブルの物、二重になっているものなど目移りしますよね。

選び方は、同系色を使うか補色を使うかなど帯揚げや帯締めと同じように考えていけば良いです。

基本的な考え方をお伝えします。
 伊達衿の選び方
  • 着物と同系色で薄い色上品な印象
  • 着物と同系色で濃い色華やかな印象
  • 帯揚げ・帯締めの色と同系色すっきりとした印象
  • 着物や帯に入っている色を選ぶと間違いなし
パール付きやラインストーンの物もありますが、古典柄には似合いません。

お顔周りに近い物なので、特に実際に着る娘さんのお顔に合った物を選ぶ事が大事になってきますね。




参考までに。

バッグと草履

振袖5
筆者は購入しましたが、昔の物があれば、それを使用するのも良いですね。

でも、余裕があれば、買い替えをお勧めします。

今の草履の主流は鼻緒が太めで中綿が入っており、裏が起毛素材で柔らかいので、痛くなりにくいです。

鼻緒の先の指の間の所も、ベルベット素材などで包んでいる物を選ぶと、更に痛くなりにくいですよ^^

そして、その部分も色を付けると、ちょっとしたアクセントになって可愛いです。

では、筆者が参考にした草履とバッグの選び方をお伝えします。

成人式の振袖に合う草履の選び方

<サイズ>
  • 踵が少し外に出るくらいが泥はねしにくい
  • 慣れていない場合はジャストサイズ
<踵>
  • 振袖は袖が長いので踵の高いものがバランスが良い
  • 踵は5センチぐらいの高さが履きやすい
  • 2.3枚芯の草履が格式高いのでおススメ
<色>
  • インパクトを求めるなら濃い色のもの(黒・赤など)
  • 今後も色々な場面で使うならクリーム色白色パール色など
  • 格式高く華やかにするには金・銀色
北海道など寒冷地での成人式には防寒草履と言う物があり、草履の先の方にカバーがついていました。

その他、滑り止め付の草履などもありますので、足元が悪い時などにも使えますね。



成人式の振袖に合うバッグの選び方

  • バランスが良いのは、着物や帯の絵柄に似たものが使われているもの
  • 上品に押さえたい場合は和風柄か無地
  • 格式高く見えるのは刺繍のもの
  • 華やかさでは、持ち手がパールになっているもの
  • 縦長か横長か迷った場合は振袖が縦長なので、横長がおススメ
  • パーティーや洋服の時にでも使える無地のエナメルビーズサテンのもの
  • 目立つにはインパクトのある色の物
購入する場合は、バッグと草履のセットになるかと思いますが、2万円~15万円ぐらいでした。

価格の差がありますが、実際に見た感じも違いますので、一番最後に全体と合わせて選ぶと雰囲気にピッタリな物と出会えると思います。

バッグは、古典の柄の物からドレスにも合うような現代風の物や、シンプルな織りの物など沢山あります。

楽しくて目移りしますよ~♪

まとめ

いかがでしょうか?

娘さんにご自身の振袖を着せたいけど、古くさく見えないかしら~(・∩・)???と思っている方。

25年~30年前の着物や帯は、当時バブルの時代だったので良い物を揃えているお宅が多いようで、その当時ぐらいの振袖を、呉服屋さんで色々探してみましたが、いいなあと思う物はビックリするほど高かったですΣ(*゚Д`;)

ですので、筆者は昔の振袖は使う価値はあると思います。

筆者の周りのママさんも、ご自身の振袖を着せたい(または、着せた)と言う方も沢山いました^^

小物を替えると、見違えるように昭和の香りが消えますよ( ̄ー+ ̄)ニカッ!

一度、呉服屋さんに振袖と帯を持ち込んで一緒に合わせて貰ってください。

意外な組み合わせも見つかるかもしれません。

是非お嬢さんと一緒に色々試してみて下さい♪

Sponsored Links

 - 成人式

              

  この記事も読まれています