はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

外反母趾の原因は何?普段の歩き方が関係しているの?

      2016/12/01


外反母趾で悩んでいる人、多いですよね。
外反母趾になると何より痛いですし、靴選びも大変になってしまいます。
[su_spacer size=”30″]
外反母趾
[su_spacer size=”30″]

外反母趾」とは、足の親指が小指の方に曲がっていく症状のことです。

足の親指の先が、人差し指のほうに「くの字」に曲がるようになると、突き出したところが痛むようになります。
また、突出したところが靴にあたって炎症を起こすと、靴を履いていなくても痛むようになってしまいます。

外反母趾は、靴を履いている時間の長い欧米に多くみられるものでしたが、最近は日本でも増えているそうです。

でも、なぜ外反母趾になってしまうんでしょう?

ハイヒールが原因」と思われがちだけれど、はたして靴だけが原因なのでしょうか。
もしかして、歩き方や遺伝なども、関係あるんでしょうか?
[su_spacer size=”30″]

まずは、靴の原因、そして歩き方と順に一緒に見ていきましょう!
[su_spacer size=”30″]

Sponsored Links



靴が原因なの?

[su_spacer size=”30″]

外反母趾1
[su_spacer size=”30″]



外反母趾になるのは「外的要因」と「内的要因」が関係しています。

○外的要因

外的要因として最大なのは、「足に合わない靴」を履くことです。

つま先が細くなった靴を履くと、足の親指の先が圧迫されて変形します。
さらに、ハイヒールの場合には、足にかかる体重が前の方に集中するため、足が横に広がり「開帳足」になってしまいます。
[su_spacer size=”30″]

○開帳足とは

普通、足の親指から小指までは、付け根の部分がゆるやかに盛り上がり、少し空間ができています。この盛り上がった部分のことを横アーチと言います。

開帳足とは、足の横アーチが潰れてしまい、足の甲が横に広がって平らになってしまった足のことです。

足に合わない靴を履き続けていると、横アーチが圧迫されて下がってしまい、開帳足になってしまうんですね。

開帳足になると、「土踏まず」で衝撃を吸収できず、親指側に負担がかかりがちになるので、外反母趾になりやすくなります。
[su_spacer size=”30″]

○内的要因

ハイヒールや足に合わない靴を履いていないのに外反母趾になってしまったと言う場合、内的要因が考えられます。

内定要因としては

 ・性別
 ・足のかたち

があります。
[su_spacer size=”30″]

○性別

外反母趾は、男女比が1:10と圧倒的に女性に多いと言われます。
女性の方が男性よりも関節が柔らかく、筋力が弱いことなどが原因です。
[su_spacer size=”30″]

○足のかたち

また、「足の形」によって、外反母趾になりやすかったり、逆になりにくかったりします。

足の形は、大きく分けて「エジプト型」「ギリシャ型」「スクエア型」があり、それぞれ次の特徴があります。

・エジプト型:親指が一番長い足で外反母趾になりやすい足の形。日本人の70~80%はこのタイプです。エジプト型の足には、爪先がなだらかな曲線を描くタイプの靴が合います。

・ギリシャ型:人差し指が一番長い足で外反母趾になりにくいタイプ。日本人では10~25%がこの形です。ギリシャ型の足の人は、爪先がほっそりした靴やハイヒールも大丈夫です。

・スクエア形:親指と人差し指が同じくらいの長さの足で、爪やタコなどになりやすいと言われます。スクエア型の足に合うのは、爪先が丸いタイプの靴です。

靴を選ぶ際には、デザインだけでなく「足の形に合った」ものを選ぶようにしましょう。
[su_spacer size=”30″]


やっぱり、靴は外反母趾の原因になるんですね。

では、歩き方はどうでしょう?
[su_spacer size=”30″]

Sponsored Links



外反母趾になる歩き方は?

[su_spacer size=”30″]
こんな動画がありました。
 ↓



外反母趾の改善 治療 予防 解消法!痛みの原因は悪い歩き方だった!自宅で外反母趾を改善!

[su_spacer size=”30″]

実は、歩き方は外反母趾に大きく関係しています。

外反母趾の人は、ほとんどが「ぺたぺた歩き」だと言われます。

ぺたぺた歩き」とは、足の裏全体を「ぺたっ」とつく歩き方です。
[su_spacer size=”30″]

ぺたぺた歩きは、最初から足の裏全体をつくため、指先に体重が乗ることがありません。

そのため、足の指の付け根の盛り上がった部分「横アーチ」の筋肉を使うことがなく、
筋肉が退化して「開帳足」になってしまうんですね。
[su_spacer size=”30″]

開帳足になると、外反母趾になりやすくなるのは先ほど見たとおりですね。
[su_spacer size=”30″]

これに対し、良い歩き方は、かかとから足をつきます
[su_spacer size=”30″]

かかとから足をつき、歩くたびに指先にかかった体重をしっかり支えていれば、歩くことで横アーチの筋肉が鍛えられます。
歩くことが横アーチの筋肉を鍛えることになるので、開帳足にならず、外反母趾にもなりにくいと言うわけです。
[su_spacer size=”30″]

外反母趾が気になる方は、「ぺたぺた」と歩いていないかチェックしてみましょう。
ぺたぺた歩き」になっていると思ったら、まず歩き方から変えることが必要です。

[su_spacer size=”30″]

次に、体のゆがみと外反母趾の関係を見てみましょう。
[su_spacer size=”30″]

体のゆがみ。

[su_spacer size=”30″]
外反母趾2


実は、「体のゆがみ」は、外反母趾の原因であり、結果でもあります。
[su_spacer size=”30″]

骨盤がゆがんでいると、足の運び方が偏るので、親指が変形し、外反母趾になりやすくなります。

また、歩き方が悪くなれば、体全体のゆがみも増えてくるので、外反母趾だけでなく、あらゆる不調の原因ともなって来るのです。
[su_spacer size=”30″]

○足のゆがみの調べ方

仰向けの状態で、膝を立てて胸に向かって膝を曲げてみます。
膝の高さや膝がしらの大きさ、骨の突起のふくらみなどが左右で大きく差があれば、足がゆがんでいることになります。

この場合には、まず、足のゆがみを治す必要がありますね。

また、外反母趾になり痛みを感じるようになると、痛みをかばうために、外側に重心を置いて歩くようになります。
そのため、足・膝のゆがみを起こしやすく、結果として体全体のゆがみを引き起こすことにもなりかねません。

足のゆがみを治し、正しい歩き方をすることが、体のゆがみを避けるために重要です。
体のゆがみがないことが、外反母趾の防止になるのです。
[su_spacer size=”30″]
ところで、私の知り合いは親子で外反母趾になっているのです。
それで、もしかしたら遺伝するのかも?と思い調べてみました。
[su_spacer size=”30″]

外反母趾って遺伝するの?

[su_spacer size=”30″]

外反母趾3
[su_spacer size=”30″]

2008年の6月から8月にかけて、18歳から65歳までの中国人女性を対象にして行なわれた香港(ホンコン)での調査によれば、
[su_spacer size=”30″]

外反母趾の女性のうち

  88.8パーセントの人には外反母趾の家族があり
  残りの11.2パーセントの人には家族に外反母趾の人がいなかった
と言うことです。
[su_spacer size=”30″]

また、

外反母趾の家族がいる女性について見ると

日常的にハイヒールを履く人が15.6パーセント
  日常的にはハイヒールを履かない人が73.2パーセント

と言う結果が出ました。

外反母趾と遺伝の関係より引用


[su_spacer size=”30″]

つまり、家族に外反母趾の人がいる場合には、ハイヒールを履かなくても外反母趾になる可能性が高いと言うことで、外反母趾は遺伝と大いに関係がありそうです。

ただ、遺伝するのは「外反母趾そのもの」ではなく、外反母趾になりやすい内的要因、つまり性別や足の形だと考えられます。
[su_spacer size=”30″]

「外反母趾になりやすい性質が遺伝する」と言うわけですね。
[su_spacer size=”30″]

歩き方に気を付けよう

[su_spacer size=”30″]

外反母趾4
[su_spacer size=”30″]

私は、もともと土踏まずのない「偏平足」で、典型的な「ぺたぺた歩き」です。
そのため、最近では「足にやさしい靴」を履くようになってしまいました。
[su_spacer size=”30″]

近頃は、やや良くなったとは思いますが、「足にやさしい靴」は、どうしてもデザインがいまいちですよね。
[su_spacer size=”30″]

おしゃれでヒールの高い靴を履きたいと思うけれど、長時間はとても無理。
つくづく、日ごろの歩き方や重要だなと思っているところです。
[su_spacer size=”30″]

「歩き方に気を付けてウォーキングをしてみようかな」-そんな風に思っています。

Sponsored Links

 - 病気

         

  関連記事と広告

外耳炎の症状と原因は?耳が聞こえにくくなるって本当?

外耳炎とは良く聞きますが、外耳道炎(がいじどうえん)とも言います。 外耳炎の外耳 …

メニエール病にはこんな症状が!めまい以外にも発作が!

くらくらと目まいがして起き上がれない時、もしかしてメニエール病かもしれません。 …

指にぶつぶつが!かゆみが広がる原因は?手の平や足の裏にも!

手の指や足の裏に、ぶつぶつと痒みの伴う湿疹が出たことはありませんか? 強い痒みで …

風邪の時にお風呂は入らない?それとも入る?昔と今の違いは?

今どきの大人の皆様は小さい頃、風邪を引いたときはお母さんに「今日はお風呂に入っち …

耳の下が痛い!リンパが腫れる原因と病気をご紹介!

身体の不調がある時、たまにリンパ節が腫れて耳の下が痛む事ってありますよね。 触っ …

夏風邪の症状2016!子供の高熱と頭痛の対応は?

一年を通して、子供ってよく風邪をひきますよね。 筆者の子供もさっきまで楽しく遊ん …

脂漏性皮膚炎の症状が頭皮に出た!どんな治療をするの?

新生児や乳幼児にできる乳児脂漏性皮膚炎は有名ですよね。 ですが、この脂漏性皮膚炎 …

子供の鼻血がよく出る!病気と疑う時の特徴は?

子供の顔を見たら鼻から赤い血が一筋…。 子供がいるご家庭で、鼻血に慣れていました …

ジカ熱の症状は?子供の小頭症の予防は妊婦の時期が大事!

今、中南米で大問題になっているジカ熱をご存知でしょうか。 ジカ熱が流行しているた …

夏バテ対策に!飲み物で食欲不振を乗り切る!

お腹が空かない、でもなにか摂らないとますます夏バテがひどくなってしまう・・・。 …