はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

雛人形の並べ方は?男雛と女雛は関西の場合は左右どっち?

      2016/12/17


女性なら誰でも、ひな祭りにはうきうきしますよね。

何となく和風な気持ちで、菱餅やひなあられ、和菓子などを買ってみたり、ちらし寿司やハマグリのお吸い物を作ったり…
ひな祭りは、子どもも大人も楽しいものです。

ひな祭りと言えば、女の子のいるお宅では、雛人形を飾るところも多いのではないかと思います。

雛人形は、お内裏様とおひなさまの親王飾り、三段飾り、豪華な七段飾りといろいろですが、子供の健やかな成長を願う気持ちはみな同じです。

筆者は、関西に引っ越してきて、雛人形の飾り方が違っていたので戸惑いました。

また、三人官女や右大臣左大臣も、どんな風に飾ったらいいのか良く分からないと言う方も多いかも知れません。

私と同じように悩まれている方に、雛人形の飾り方をご紹介いたします♪

まずは、関西と関東のお内裏様とお雛様の飾り方についてまとめてみました。

Sponsored Links

お内裏様とお雛様の並べ方

お雛様と言えば、何といっても「お内裏様とお雛様」ですが、どんな風に並べたらいいかご存知ですか?

実は、お内裏様とお雛様の並べ方は、関西と関東とでは異なります。

雛人形

関西の場合

  • 関西(京雛)・・・向かって左にお姫様(女雛)、右にお殿様(男雛
  • の順に飾ります。

    [su_spacer size=”30″]

    古くからの伝統では、日の出の方角(東・左手側)が上座で、日没の方向(西・右手側)が下座とされています。

    この考え方からは、「男雛が左、その右に女雛」で飾ることになります。

    京雛の飾り方は、伝統的な飾り方なんですね。

    関東の場合

  • 関東(関東雛)・・・向かって左にお殿様(男雛)、左にお姫様(女雛)
  • 関東雛の並び方は「新郎・新婦」の並び方と同じです。

    つまり、西洋的なプロトコール(国際儀礼)に則った並び方です。

    関東雛の並び方が見られるようになるのは、明治以降ですが、これには、天皇・皇后両陛下がお立ちになられた位置が影響していると言われています。

    日本の近代化にともなって、お雛様の並び方も、西洋式の「右上座」に変わっていったと言うわけです。

    しかし、今でも、京都をはじめとする関西や、伝統を重んじるおうちでは、「左上座」に飾るところもあります。

    三人官女や右大臣左大臣は?

    雛人形2

    二段目には、三人官女を飾ります。

    三人官女

    三人官女の並べ方は、向かって左から

  • 『加銚子』(右手を握って左手を開いている)
  • 『三方』(座っている 眉毛を剃っている)
  • 『長柄銚子』(両手を握っている)
  • となり、左右の官女は、外側の足を前に出しているのでわかります。

    三人官女の間には、高坏(たかつき)を置き、桜餅などをお供えしましょう。

    三段目は、五人囃子

    五人囃子の並べ方は、向かって左から

  • 「太鼓」「大鼓」「小鼓」「横笛」「謡(うた)」の順に飾ります。
  • 右大臣と左大臣

    四段目には、右大臣と左大臣「随身(ずいしん)」です。

    お内裏様とお雛様は、現代的な「右上座」に飾ることが多いですが、右大臣と左大臣(随身)は伝統的な「左上座」で飾ります。

    したがって

  • 向かって左に右大臣(若者)
  • 右に左大臣(髭の生えた老人)
  • となるので注意しましょう。

    仕丁(しちょう)

    五段目は「仕丁(しちょう)」。

    泣き上戸、笑い上戸、怒り上戸の3人組です。

  • 両側の二人は、外側の手を上げているので、それを基準に判断すればいいでしょう。
  • 六段目・七段目は、はっきりとした決まりはないようですが、六段目に「お道具」、七段目に「乗り物」を飾ると調和がとれます。

    Sponsored Links

    飾る場所や方角ってあるの?

    雛人形3

    お雛様を飾るときには、飾る場所や方角についても気になりますよね。

    でも、実は、お雛様を飾る場所や方角については、特に決まりはありません。

    小型でかわいらしいお雛様なら、ピアノの上などもいいかもしれませんね。

    ただ、北に向けて飾るのは、逆光になるのでみにくいことと、日当たりが良くお人形が日に焼けやすいので、避けた方がいいでしょう。

    エアコンの風が直撃する場所も、お人形が傷んでしまうので、避けるようにしましょう。

    お供えするものは?

    雛人形4

    お雛様へのお供え物も、地域差があるようですが、主なものとしては、次のものがあります。

    桃の花・白酒

    桃の花には、厄除けの効果があると言われます。

    白酒は、体の邪気を払と考えられており、桃の花と紅白でおめでたいとの言い伝えもあるそうです。

    草餅

    よもぎに邪気を払う効果があるとされ、女の子の成長を願うひな祭りに備えられるようになりました。

    菱餅

    菱餅の三色には意味があります。

    紅・・厄除け
    白・・純潔
    緑・・よもぎの邪気を払う力と生命力
    ↓ 詳しくはこちらもご覧ください♪
    ひな祭りの料理とお菓子!意味を知って10倍楽しもう!

    [su_spacer size=”30″]

    また、菱餅に入っている菱の実は、子孫繁栄や長寿に効果があるとも言われます。

    雛蕎麦

    江戸では、3月3日か4日に雛段に、お蕎麦を備えてから雛人形をしまう風習がありました。

    長くのびている食べ物であるお蕎麦は、長寿に通じ、縁起が良いとされていたそうです。

    ちらし寿司・はまぐりのお吸い物

    これは、どちらかと言うと「お供え」と言うよりは、「ごちそう」かも知れません。

    ハマグリは、同じ貝同士でないと上下がぴったりと合わないことから「夫婦和合」「良縁」「縁むすび」の象徴です。
    ひな祭りにはピッタリですね。

    同じくちらし寿司も、お祝いの席にはよく作られます。

    こちらも、彩りがキレイで、海老やレンコンなど縁起の良い食材が使われているので、ひな祭りのごちそうにふさわしいと思います。

    まとめ

    雛人形1 

    子供の頃、ひな祭りには、お雛様を飾り、ちらし寿司を作って祝うのが決まりでした。

    大きな桶にたくさん作るちらし寿司は本当においしくて、一人暮らしを始めてからも作っていたほどです。

    最近では、和菓子よりもケーキが好まれるのかもしれませんが、ひな祭りの頃にしか売っていない菱餅や雛あられも、見つけるとついつい買ってしまいます。

    家族で祝うイベントは、どれも楽しいものですが、ひな祭りは女の子のためのイベントなので、特別感がありますよね。

    お子さんが大きくなって来れば、一緒にお雛様を飾るのも楽しいのでは?

    ひな祭りのような伝統行事は、これからも大切にして行きたいものですね。

    Sponsored Links

     - 春の行事

                  

      この記事も読まれています