はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

釣りの防寒対策はこれでOK!ウェアー選びのポイントもご紹介!

      2016/12/17


寒くなってくると、釣りをするときには、防寒対策が気になりますよね。

釣りは、自然相手の趣味ですし、寒さは天候にも左右されます。
避難(?)する場所もないので、しっかり防寒対策したいですね。

釣り防寒対策

釣りに行くときの防寒対策やウェアーについてまとめてみました。
[su_spacer size=”30″]

Sponsored Links



釣りの防寒対策のポイント!ここを温めよう!

[su_spacer size=”30″]

1釣り防寒対策



釣りの防寒対策のポイントは『冷さない』ことと『温める』ことです。
[su_spacer size=”30″]
冷さない」と言う意味では、襟首や手首、足首などをしっかり閉めて、冷たい空気が入らないようにしましょう。
マフラーやネックウォーマーなどをつけると、襟首から空気が入らないので、保温性が保たれます。
[su_spacer size=”30″]
[su_spacer size=”30″]
指先、足先、耳タブは、非常に冷えやすいところ。
ここを冷やさないのが防寒のコツです。
耳は、ニットの帽子や耳当てなどで覆って冷さないようにしましょう。
[su_spacer size=”30″]
温める」ことについては、カイロを使う方もいらっしゃるかも知れません。
カイロは、貼る場所によって随分効果が違ってきますよ。
[su_spacer size=”30″]
おすすめの場所は「おヘソの周り」と「」。
腹部と腰を温めることで、内臓系を温めることができます。
[su_spacer size=”30″]
それでも寒い、と言う場合には、「巻きポカ」などを手首に貼ります。「つま先専用のカイロ」や「靴底に敷くタイプ」のカイロもおすすめ。
手足を温めるのは、防寒対策として非常に効果的です。


意外に効果的なのが「ひざ上」「太ももの内側」。
女性からも喜ばれるアドバイスです。

カイロは、冷えてから貼るのではなく、冷える前に貼るのが大切。
カイロを貼るときには、服の上から貼るようにしましょう。

最近では、塗るタイプのカイロもあります。
私自身は、塗るタイプのカイロはかゆくてたまらなかったので、肌に合うかどうか事前に試しておいた方が良さそうです。

Sponsored Links


[su_spacer size=”30″]

どんなウェアーがいい?


 
釣りの防寒対策を考える場合、ウェアーは

 ○アウター
 ○ミドラー
 ○インナー


に分けて考えると分かりやすいです。

まずは、アウターとミドラーを見ていきましょう。


✔ アウター選びのポイント

防寒対策として最重要のアウターは「風が確実に防げる」「かさばり過ぎない」ものを選びます。

防寒着はある種「価格比例」的なところがあります。やはり高価なものは性能も高いです。お財布と相談して、できるだけ良いものを選びたいですね。

✔ ミドラー(中着)は?

防寒対策の上級者が重視するのがミドラーです。

ミドラーと言うのは、アウターとインナーの間に着るもので、軽めのジャケットなどのこと。ごわごわするのがイヤなら、ベストもあります。

フリース素材のものもありますが、ダウンの方が暖かいです。
ユニクロのダウンは、価格もお手頃なのでおすすめです。
特に、ウルトラライトダウンは、軽くてごわごわしないので、重ね着にも向きそうですね。

✔ インナー選びのポイント

釣りのインナーは、汗を拡散させて、肌をドライに保つことが必要です。
綿などの天然繊維は、水分を溜めこむため乾きにくく、保温効果が低いです。
速乾性の化学繊維のインナーを選ぶようにしましょう。
ヒートテックなどは、買いやすいし、保温効果が高いのでおすすめです。

どんなものがいいのかイメージが付かない人は動画があります。
 ↓



[su_spacer size=”30″]


素材は?



釣り防寒対策2
[su_spacer size=”30″]

特にアウターの場合、「透湿、防水、防寒」性が必要です。

防水や防寒はもちろんですが、汗をかくことも考えて蒸れないものを選びましょう。

おすすめの素材は「ゴアテックス」です。

ゴアテックスは、水を通さず水蒸気を通す『防水透湿素材』。
風を通さない防風性も兼ね備えているので、釣りの防寒ウェアーにはピッタリの素材です。
[su_spacer size=”30″]

ウェアーと同時に小物も揃えると万全です。

[su_spacer size=”30″]


体を温める小物もご紹介!


防寒には、寒さを感じやすい「手・足・首」の保温が大切です。

✔ 首の保温には、ネックウォーマーがおすすめ。
「フェイスウォーマー」なら、さらに暖かいですね。
頭には、ニット帽をかぶると暖かいです。
[su_spacer size=”30″]
✔ 足の保温には、靴下選びも大切。
「防寒」をうたった保温性の高い素材の物を選ぶようにします。
足に使うタイプのカイロを使うのもおすすめです。
[su_spacer size=”30″]
✔ 手の保温には、手袋の「重ねばき」が有効です。
ビニール手袋の上に防寒手袋をはめる方法で、非常に暖かいですが、蒸れるのがやや難点ですね。
手袋は、「ネオプレン」を勧める方が多いようです。
[su_spacer size=”30″]
お腹を温めるためには、カイロもいいですが、腹巻はどうでしょう?
お腹を温めると手足の温度も上がるそうですよ。
[su_spacer size=”30″]



[su_spacer size=”30″]

防寒対策をして釣りを楽しもう




釣りに限らず、寒いと集中力が下がるし、楽しむことができません。
せっかく釣りにいくのなら、目いっぱい楽しみたいですよね。

防寒対策も、今はいい素材がたくさん出ているので、軽くて暖かいものがいろいろあります。

ポイントを押さえた防寒対策で、釣りを楽しみましょう。

Sponsored Links

 - おでかけ

  関連記事

浅草ほおずき市の値段は?宅配サービスは出来るの?

浅草のほおずき市と言えば、下町のお姉さんのほおずきを売る姿が粋ですよね。 ほおず …

GWでもスキーが出来る!北海道でおすすめの場所は?

今年の冬は時間が無くてスキーが滑れなかったなぁと言う方。 または滑りに行ったけど …

蛍の時期2016!時間帯と鑑賞スポットをご紹介!

皆さん、蛍って見たことがありますか? 自然が少なくなった今、綺麗な所でしか生きる …

美瑛の青い池の時期は?おすすめはこの季節!

北海道の観光地といえば、札幌、函館、旭川、十勝などがあります。 富良野や美瑛も景 …

さくらんぼ狩りに山形へ!佐藤錦の時期と詳細をチェック!

皆さん、果物は食べていますか? 技術の発達によって、時季外れのものでもある程度は …

茶臼山の芝桜2016!見頃はいつ?混雑をさけるには?

芝桜ってご存知ですか? 桜という名前が付けられていますが、染井吉野や八重桜の様な …

ジェットスターの手荷物!国内線で液体の機内の持込は?

先日、初めてジェットスターに乗りました。 関空から成田までの国内線の利用。 セー …

相馬野馬追2016!開催日は?神旗争奪戦がすごい!

福島県の相馬野馬追(そうまのまおい)は1952年に国の重要無形民俗文化財に指定さ …

北海道のラベンダーの時期2016!おすすめの場所はここ!

北海道で有名なラベンダー畑。 富良野のラベンダー畑では、一年中見る事ができるよう …

入谷朝顔市の値段は?人気の種類や宅配サービスはあるの?

毎年七月になると鶯谷周辺で開催される「朝顔まつり(朝顔市)」には毎年多くの人が訪 …