はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

広島三大祭りの「とうかさん大祭2016」日程・由来は?

      2016/05/22


広島三大祭りのひとつである圓隆寺のお祭り、「とうかさん大祭」は圓隆寺の稲荷大明神のお祭りです。

夏の初めに開催されるこのお祭りには、毎年45万人ほどの人が訪れお祭りを楽しみます。



↑ 女性の和太鼓も良いですね~

とうかさん大祭の別名は「浴衣の着始め祭り」とも言われているようで、お祭り期間中は浴衣の女性や甚平を着た男性が、広島の街並みを色鮮やかにしてくれます。

今年の夏は浴衣を着てとうかさん大祭に行ってみませんか。

まずは、日程を見てみましょうσ(^○^)

Sponsored Links


とうかさん大祭の日程とアクセスは?


とうかさん大祭の日程

とうかさん大祭は、毎年6月の第一金曜日土曜日日曜日の3日間の日程で行われます。



2016年の日程


6月3日(金)4日(土)5日(日)

開門時間
正午から午後11時。
最終日のみ午後10時。



とうかさん圓隆寺までのアクセスは以下の通りです。

とうかさん大祭へのアクセス


住所:広島県広島市中区三川町8-12

  • JR広島駅より徒歩約20分。
  • JR広島駅より市電で八丁堀駅下車し、南に向かって徒歩5分(中央通り沿い、パルコのある方面です。)
  • バスセンター「そごう」から徒歩約15分。
  • Sponsored Links







    とうかさん大祭の見どころは?


    肩車
    とうかさん大祭の期間中は、なんと45万人の人々が訪れ、お祭りを楽しみます。

    圓隆寺に参拝する人は8万人もなるんだとか。

    広島を代表するこの夏祭りの魅力はなんでしょうか?

    とうかさん大祭の見どころをご紹介しましょう。


    浴衣女子が美しい


    とうかさん大祭は別名「浴衣の着始め祭り」と言われているそうです。

    お祭りの日には大勢の女性が浴衣を着て広島の街を彩ります。

    浴衣姿の人を見るとついつい見とれてしまいます。

    艶やかなその光景は一見の価値ありですよ!

    稲荷大明神が御開帳


    圓隆寺の総鎮守である「稲荷大明神」のご神体がお祭りの期間中に御開帳されています。

    とうかさん大祭はこの稲荷大明神のお祭りですし、年に一度この時期しか御開帳されないので参拝することをお勧めします。

    お守りが有名


    稲荷大明神を参拝し、300円を奉納するとうちわのお守りがいただけるそうです。

    破魔うちわと呼ばれているお守りで、煩悩という名の魔から守ってくれるものらしいです。

    これは是非頂きたいところです。



    境内の提灯


    圓隆寺の境内には提灯が飾られており、その数なんと500個!

    うっとりするような光景を楽しむことができます。



    たくさんの屋台


    毎年45万人ものの人が訪れるとうかさん大祭は屋台だってたくさん出ています。

    大祭期間中、1000件以上の屋台が訪れた人々の気分を盛り上げてくれます。

    なかでもお化け屋敷が有名で、楽しそうな(?)悲鳴が聞こえ夏の夜を盛り上げてくれます。



    各種イベント


    お祭り期間中はイベントも盛り沢山!

    浴衣コンテストや太鼓のコンサート、よさこい、盆踊り、パレードの行進など沢山のイベントがお祭りを更に盛り上げてくれます。


    見どころ沢山の「とうかさん祭り」ですね。

    どのような由来なのでしょうか?


    とうかさんの由来は?


    はてな
    とうかさん」って変わった名前ですよね。

    実はこれ、「お稲荷さん」を音読みにしたものなんです。

    1619年圓隆寺が建立されたときから約400年間、広島の人々にこの「とうかさん」という名前で親しまれています。

    [su_spacer size=”30″]

    とうかさん大祭が「浴衣を着始める理由」とされている説もご紹介しましょう。

    戦前の圓隆寺は大変広大な土地を持っていました。

    お祭りになると、境内には見世物小屋などが立ち並び、やぐらが組まれました。

    ここで盆踊りも踊られていたそうです。

    その盆踊りの為に浴衣を着たのではないかと考えられているそうです。

    まとめ



    とうかさん大祭は、毎年6月の第一金曜日、土曜日、日曜日の3日間の日程で行われます。

    2016年は、6月3日(金)、4日(土)、5日(日)で行われます。


    とうかさん大祭は非常に大きなお祭りで、屋台はもちろんイベントなどもかなり充実していて訪れた人々を楽しませてくれます。

    少し早く感じられる夏祭りですが、浴衣を着て行ってみたいですね!
    Sponsored Links

     - おでかけ

    Comment

    1. 特警ウインスペクター より:

      よくわかりました。

      • はっぴい より:

        特警ウインスペクターさん
        はじめまして。
        コメントありがとうございました。

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

             

      関連記事と広告

    海外旅行の持ち物は?厳選便利グッズはコレ!

    「海外旅行での持ち物は、なぜ常に迷ってしまうんだろう」と思う事はないですか? 皆 …

    釣りの防寒対策はこれでOK!ウェアー選びのポイントもご紹介!

    寒くなってくると、釣りをするときには、防寒対策が気になりますよね。 釣りは、自然 …

    札幌雪祭り2016!日程と見どころを大特集!

    今年も早いもので、あと1か月で終わりですね。 2016年が来るのも、あっという間 …

    5月の北海道の服装は?旅行に訪れる時何を着るの?

    北海道は、食べ物がおいしい場所でもあり、景色も綺麗で観光地も多いですよね。 春は …

    蛍の時期2016!時間帯と鑑賞スポットをご紹介!

    皆さん、蛍って見たことがありますか? 自然が少なくなった今、綺麗な所でしか生きる …

    京都葵祭2016!日程や有料観覧席についてのまとめ!

    葵祭は、京都の三大祭りのひとつです。 京都三大祭りの中で最も歴史のあるお祭りで、 …

    さくらんぼ狩りに山形へ!佐藤錦の時期と詳細をチェック!

    皆さん、果物は食べていますか? 技術の発達によって、時季外れのものでもある程度は …

    富良野ラベンダー見頃2016!綺麗な景色を見るならココ!

    『北海道』と言ったら、あなたは何をイメージしますか? 雪、 広大な北の大地、 そ …

    鎌倉明月院のあじさいの見頃は?2016年の時期はいつ?

    見ごろの時期にぜひ行きたい、鎌倉のあじさい寺「明月院」   多くのあじさいの名所 …

    葛城山のつつじの見頃は?詳細をチェック!

    関西の絶好のハイキングコースがあることでも知られている葛城山は、5月になるとつつ …