はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

【2018】二百二十日とは?意味と読み方は?豊年祭の時期!

      2018/08/12


二百二十日という言葉を聞いたことがありますか?

二百二十日は雑節の1つで、昔はとても大切にされていた日です。

今回は、二百二十日の読み方や意味、二百二十日はいつなのか?等を調べてみました。

また二百二十日には、お祭りが行われる地域もあるそうそうなので、紹介していこうと思います。

Sponsored Links



二百二十日とはいつ?


2018年 二百二十日 9月11日 です。

二百二十日は、立春から数えて220日目です。

二百二十日は、二百十日の10日後です。

時期としては、二百十日が9月1日頃なので、二百二十日は9月11日頃ですね。

立春から数えて220日目で、立春が毎年同じではないので、二百二十日も毎年同じ日とは限りません。

その年その年確認してくださいね。


Sponsored Links



意味と読み方


続きまして、二百二十日の読み方と意味を紹介していきます。

「二百二十日」=「にひゃくはつか」と読みます。

八朔・二百二十日・二百二十日を厄日として扱われており、この3日を農家の三大厄日とも言われています。

農家にとっての厄日とは



台風が到来することが多いからです。

二百二十日は稲の開花時期で、稲穂が実るためには稲の開花と受粉しないとならないので、とても大切な時期です。

その大切な時期に台風が重なることから、二百二十日という雑節の重要性が高まったのかもしれませんね。

ところで雑節とは?なんでしょうか?

二百二十日の雑節とは?


雑節について説明させてもらいます。

雑節とは、古来中国で考えられた二十四節気・五節句のどちらでもなく、これらを補完するための季節の移り変わりの目安のことを指しています。

農家にとって天候は大きく影響を受けるので、季節を把握することはとても大切です。

二十四節気の既存の節目ではカバーできていない台風の到来シーズンや台風に対する警戒を呼び掛けるために二百二十日が雑節として作られたと言われています。

二百二十日に行われる豊年祭とは?


豊年祭は、豊作を祈願するためのお祭りです。

二百二十日に行われるお祭りを具体的に紹介します。

安全祈願のお祭り


二百二十日は台風の到来確率が高い季節なので、農家にとって農産物の安全を祈願するためのお祭りです。

風鎮祭」や「風祭り」とも呼ばれています。

この日は、風日待と言い仕事は休み皆で集まり飲食をします。

他には村の神社に篭って祈願をしたり、各地それぞれといったところのようです。

このように当時は、神頼み的なことをしていたのですね。

しかし色々なことが進化した現代でも台風の進路など詳しく予想できるようになったものの、台風を発生させないことは不可能ですし、進路を変えることも不可能です。

台風の到来を予想して、ある程度の対策はできるかもしれませんが、昔も今も根本的な解決はできないという点は同じですね。


二百二十日のお祭りは、中部地方や北陸地方、また奈良県のお祭りも有名ですし、色々な地域で行われているようです。

地域によりお祭りの内容は異なるようなので、それぞれの地域のお祭りを調べてみるのも面白いかもしれませんね。

これらのお祭りは、歴史があり古いものは300年以上も昔から行われているものもあります。



この動画の二百廿日豊年市民祭は、江戸時代から受け継がれているそうですよ。


神様に祈るということは、人により考え方は様々かもしれませんが、昔から考えると今は色々と進化しています。

それでも不可能なこともたくさんあるわけで、昔の人の神様に祈るという気持ちを大切に受け継いでいくことも大切だと思いませんか。

二百二十日に行事食はあるの?


昔から大切にされてきた二百二十日、神様に祈るという行事もあり、行事食もありそうな気がしたので調べてみました。

お月見団子のような何かがあるかなと思ったのですが、二百二十日の行事食はありませんでした。

日本には、色々な行事食があり、それらは健康を願うものや行事にちなんだものが多くありますが、二百二十日の行事食はないことがわかりました。

しかし現代、この時期に多くの人が食べるかもしれないものがあります。

それは「非常食」です。

9月1日は防災の日ですね。

二百二十日とは直接関係があるわけではありませんが、防災の日が近いので、防災グッズを前の年のものと入れ替えたり、新たに揃えたりという方も多いかもしれませんし、非常食に興味を持つ方が増える時期でもあります。

台風の他に地震もありますし、自然災害はいつ起こるかわかりません。

二百二十日をきっかけに防災について意識することは良いと思います。

↓↓こちらもどうぞ♪↓↓
>>>防災の日の由来とは?対策を子供と一緒に考えてみました!

昔の非常食というと、決して美味しいとは言えないものが多かったイメージですが、最近の非常食は進化していて、長持ちするのに味も美味しいものが増えてきています。

非常食は行事食ではありませんが、この時期に食べてみるのも良いかもしれません。

さいごに


二百二十日についてお話しました。

昔の人にとって大切だった二百二十日をこれからも大切な日として忘れずにいたいと思います。

台風を避けることはできませんが、農作物に被害が出ないように、お祭りでは神様にお祈りすることも受け継いでいきたいですね。

Sponsored Links

 - 秋の行事

         

  関連記事と広告

彼岸花は毒?茎や球根・花粉を触るとダメ?子供や犬は注意!?

秋のお彼岸になると彼岸花がキレイに咲きますよね。 お彼岸の季節に咲くことから彼岸 …

彼岸花の花言葉は?白・赤・黄の色別一覧と怖い元の迷信とは?

彼岸花とは、その名前の通り、お彼岸の時期に咲く花です。 春ではなく秋のお彼岸の頃 …

七五三はいつから準備?着物レンタルや写真撮影は?我が家はコレ!

近所の神社で秋になると可愛らしい着物姿のお子さんを見掛けます。 七五三は、子供の …

【2018】お月見はいつ?団子の意味と由来は?団子の数の理由は?

秋に行うお月見といえば、お団子とすすきですね。 秋の澄んだ空気に見える月、飾られ …

七五三のお祝い!義父母と食事を自宅でするときのメニューは?

お子さんの成長をお祝いする七五三。 参拝した後に義父母と自宅で食事をすることにな …

【2018年】寒露の候の意味と読み方は?時期と例文もご紹介!

寒露の候とは、いつ頃のことかご存じでしょうか? そもそも「寒露の候」とは、なんて …

中秋の名月とは?餅つきうさぎの由来は日本ではなかった!

中秋の名月は、中秋というのですが季節は「秋」ですよね。 中秋の名月といえば、お月 …

【2018】春分の日と秋分の日はいつ?決め方と昼と夜の長さは?

秋分の日や春分の日という言葉を聞いたことがありますか? カレンダーに書いてありま …

【2018年】二百十日とは?三大厄日の1つで台風が多い?

二百十日という言葉、あまり聞き慣れないという方も多いかもしれませんね。 昔、祖母 …

霜降の読み方と意味は?霜降の候の時期と例文もご紹介!

霜降という言葉を聞いたことがありますか? 読み方はご存じでしょうか? また霜降の …