はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

【2018年】処暑とはいつ?意味とこの時期の食べ物は?

      2018/07/08


処暑という言葉を聞いたことがありますか?

暑いという文字が入っているところから夏を連想しませんか?

ところで、処暑って、なんと読むのでしょうか。
また、いつからいつまでが処暑なのでしょうか。

読み方や期間、この時期の食べ物などを紹介させてもらおうと思います。

Sponsored Links


処暑の読み方は?


処暑の読み方は、しょしょと読みます。

なんだか早口言葉のような、噛んでしまいそうなのは私だけでしょうか。

処暑とはいつ?



2018年(平成30年)の処暑は

8月23日(木)

です。


処暑の日にちは、その年により異なりますが、だいたい8月23日か8月24日、8月22日の場合もあります。

太陽の位置で毎年計算されて日にちが決まるので、年により前後します。

日付の決め方


先ほど少し触れましたが、処暑の日付の決め方は、太陽と地球の位置で決まります。

日付がずれる理由は、太陽と地球の位置を固定して日時を合わせて決めているからだそうです。


1年に1回、地球と太陽が決まった位置関係になるタイミングがあり、その日を処暑と言います。

ですから、毎年8月〇日を処暑にしようというように決めることはできません。

処暑は、春分を基準に150度の位置にきたときの日時となります。

いつからいつまで


8月23日前後が処暑と言われる日で、次は9月8日前後は白露と言います。

ですから、処暑は8月23日前後から次の白露の前日までの期間と言えます。

2018年は、8月23日(木)の処暑~9月7日(金)の白露の前日までとなります。


処暑とは?



では、そもそも処暑とはなんでしょうか?


処暑とは二十四節気の1つです。

二十四節気と呼ばれる暦の季節の名称のひとつです。

日本では四季があり、それを更に細かく1年を24等分し、だいたい15日ごとに区切ってつけた季節の名称を意味しています。

春分を起点にし、24等分された地球と太陽の位置関係の名前は、位置関係と同時に季節も表しており、それを二十四節気と呼ばれている旧暦なのです。

難しいですね。

例えば、立春とか春分、夏至と同時、秋分や立冬など聞いたことがありませんか?

それも、それぞれ二十四節気の1つです。

24等分して、1カ月の前半は「節」、後半は「中(ちゅう)」と呼び、区切りとなる日に季節を表す名前が付けられており、その一つが「処暑」というわけです。

続きまして、意味を紹介します。

処暑の意味



処暑の意味は、暑さが和らぎ止まることを意味します。

8月の下旬に入ったこの時期は、暑さもひと段落した頃でしょうか。

涼しい風が吹き渡るようになり、過ごしやすくなる季節です。

実際は、まだまだ暑い日が続いていますよね。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉もありますし、まだまだ暑い日も続く時期でもあるということですね。

しかし少しずつ秋へと向かい始める季節ということでしょうか。

この頃のなると、穀物も少しずつ実り始め、収穫も目前になります。

また、山間部では早朝に露もかかり始め、秋の気配を感じられるようになります。

台風の季節でもあります。

1年の中で、最も台風が来やすいのが、処暑の時期です。

この時期に食べたい食べ物は?



処暑は、まだまだ暑くて夏の夏バテしていたり、夏の疲れもたまっている頃でもあるかもしれませんね。

夏バテや夏の疲れが溜まってくると食欲も落ちてきて、少しの気温の変化で体調を崩しやすくなってしまいます。

夏は、どうしても簡単に食べられるものや冷たいものを食べがちですが、処暑の頃に美味しく食べられて元気になるものを紹介するので、ぜひ参考にしてもらいたいと思います。

サンマ+ダイコン



これは黄金コンビなんて言われています。

処暑の頃になると、秋の代表的な味覚であるサンマがお店に並び始めます。

秋のサンマは、脂も乗っていて美味しいです。

苦手な方も多いかもしれませんが、新鮮なサンマは中のワタも焼いて食べると良いですよ。

苦味がありますが、実はワタにはビタミンが含まれており、サンマの身と一緒に食べることで、このビタミンの吸収が効果的になると言われています。

新鮮なサンマは、苦味も薄いので、身と一緒に食べればあまり気にならないと思います。

また、おろし大根と一緒に食べることもオススメです。

ダイコンとサンマの組み合わせ、美味しいですよね。

美味しく栄養補給して食欲不振も夏バテも夏の疲れも吹き飛びますね。

茄子




この時期の旬の野菜の1つに茄子があります。

「秋茄子は嫁に食わすな」なんていうことわざがありますね。

これ、秋茄子は美味しいから嫁に食べさせまいという意地悪な意味かなと思ったのですが、実はそうではありません。

そういう意味も込められているという説もありますが、秋茄子は美味しくて食べ過ぎると身体が冷えるから控えた方が良いという優しさからのことわざという説が有力です。

美味しいけれど、水分が多く暑い夏に身体を冷やす効果のある野菜でもあるので、秋に食べ過ぎないようにという意味が込められているのですね。

茄子は、焼いてショウガ醤油でも美味しいですし、切れ目を入れて素揚げにし、甘辛いタレにつけて煮浸しにしても美味しいです。

まとめ


暦の上では秋へと向かう「処暑」ですが、まだまだ実際は暑い日が続きます。

旬のものを美味しく食べて、元気に秋を迎えたいですね。

Sponsored Links

 - 夏の行事

         

  関連記事と広告

夏の星座!夏の大三角の簡単な見つけ方は?いつ見れるの?

夏の大三角とは、こと座とわし座、そして白鳥座を一度に見つけることのできる星の集合 …

処暑の候の時期は?意味と残暑見舞いの例文は?

処暑の候とは、いつのことを指しているのでしょうか。 暑いという文字が入っているの …

土用の丑の日の意味は?うなぎを食べるようになった理由は?

夏になると、スーパーなどで、よく「土用丑の日」と「うなぎ」のPOPやのぼりを見か …

父の日のプレゼント!ポロシャツランキング60代はコレ!

母の日よりマイナーな父の日ですが、年に一回のこの日は、お父さんに感謝の気持ちを表 …

夏も近づく八十八夜の意味は?茶摘みの手遊びで風習を感じよう

先日筆者が小学生の甥っ子と道を歩いていたときのことでした。 「せっせっせーのよい …

半夏生にタコを食べる由来は?関西地方が発祥の風習

関西に住むようになって、梅雨があける頃になると「半夏生には、タコを食べましょう~ …