はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

簡単!不要になった包丁の捨て方は?危なくない方法とは?

   


使わなくなった包丁を、みなさんはどうしているのでしょうか。

なんとなくしまったある・・・という方も多いかもしれませんね。

私も、使わなくなった包丁があるものの、どのように捨てたら良いのかわからず、大きいものでもないし、邪魔にはならないので、なんとなくそのまま台所に置いてあります。

そこで、不要になった包丁の捨て方、危なくない包み方、どこで捨てればいいのか等を調べてみました。

もし同じようなことでお悩みの方がいましたら、参考にしてみください。

Sponsored Links

包丁はどこで捨てればいいの?

まず、包丁はゴミとして捨てることができますが、包丁はもちろんのこと、その他の刃物全般は、そのままゴミに出すと危険が伴います。

ゴミ回収の時、大きなケガにもつながりかねません。

さて、「どこに捨てたらいいのか?」ですが、これは自治体により異なります。

一般的には、燃えないゴミとして扱われるところが多いですが、自治体により危険ゴミ扱いのところもあますし、空き缶・金属類という扱いのところもあります。

全国、どこに住んでいても扱いは共通ではない、ということを頭に置いておいてもらいたいと思います。

実際に、私の住む地域と、実家とは市としては隣ですが分別が、かなり異なります。

自宅では不燃ごみ扱いの物が実家では可燃ごみ扱いで、親に間違えてない?と、うっかり言ってしまうことも度々あります。

ですから、引っ越しをしたときなどは特に慎重に、今までと同じではない!と、しっかり確認をしてください。

不燃ごみか可燃ごみか、空き缶・金属類か、扱いは自治体により異なるので確認が必要です。

包丁の捨て方

包丁は、安全に包み、その上から粘着テープでぐるぐると巻いて固定し、油性ペンで「危険」や【注意】も「刃物」等、刃物が入っていることを伝えるようにしてください。

大切なことは、刀を保護することです。

  1. ダンボール紙や厚紙、ボロ布、新聞紙、紙袋等を用意します。
  2. それらを使って刃先を包みましょう。
  3. 包んだら、その上から粘着テープを使って、ぐるぐると巻いて固定してください。
  4. 油性ペンで「危険」や「注意」、「刃物」等、刃物が包んであることが伝わるように書いてください。

この後は、各自治体の扱いに従ってゴミの収集日に合わせて捨てて大丈夫です。

Sponsored Links

ただし自治体により「危険」というメモを紙に書いて袋に貼るように指定されているところありますが、袋に直接メモを書くように指定されている自治体もあるので、お住まいの自治体に確認してください。

繰り返しになりますが、危険を伴うことなので、正しく捨ててくださいね。

安全のためにできること!

たいてい、包丁は切れなくなったから捨てることが多いと思いますが、それでも全ての部分が切れないというわけではないかもしれませんね。

一部は切れないけれど、他の部分は切れるということもあると思います。

そこで、捨てる前に、もう一工夫すると尚安全になると思います。

それは、コンクリートややすりを使って包丁をガリガリと削るのです。

こうすることで、削られた刃先は切れ味が悪くなり、危険のリスクが低くなります。

こうしてから、紙や布に包んで捨てると、より良いと思います。

自治体により、これを更にビニール袋に入れて直接袋に「危険」と書くところや紙に「危険」と書いて貼るように指定されているところもあります。

細かいルール等があるかもしれないので、わからない時は安全のためにも自治体に確認するのが一番ですね。

カッター・カミソリの危なくない捨て方

続きまして、カッターとカミソリ捨て方です。

カッターの刃やカミソリの刃は、頻繁に切れ味が悪くなり交換するかと思います。

小さいと、包丁ほどの慎重にならずに普通にゴミに捨てていませんか?

小さくても、切れ味が悪くなっていても、危険な刃物です。
正しく安全に捨てたいものですね。

そこでカッターやカミソリの捨て方を紹介します。

包丁と同様で、一般のゴミに捨てられますが、分別に関しては各自治体に確認してください。

では包丁と同様になりますが、危なくない捨て方を紹介します。

カミソリもカッターも刃の部分を紙などでしっかり包み、テープ類で止めて「危険」というメモを添えてください。

直接袋に書くかメモを書いて貼るのか、自治体により指定されているので、これも確認が必要です。

カミソリは、刃の部分のみ捨てる場合は、紙などで包んで捨てるわけですが、全部を捨てたいという場合は、例えば柄の部分は金属類やプラスティック類に属する場合があります。

柄の部分も自治体確認してくださいね。

刃物供養という方法

刃物は、一般的に不燃ごみで捨てられますが、もしもう少し捨てずに手元に置いておいても大丈夫でしたら、ゴミとして捨てるのではなく「刃物供養」という方法もあます。

特別な方法になりますが、岐阜県の関市では毎年使わなくなった刃物を供養してくれる行事が行われています。

思い入れの深いものなどは、ここで供養してもらうというのも良いかもしれませんね。

まとめ

包丁、カッター、カミソリ等、普段使っているものですが、捨てる時は慎重にならないと危険が伴います。
最後まで安全に捨てられるように、覚えておいてもらえると嬉しいです。

Sponsored Links

 - 生活

              

  この記事も読まれています