はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

小学校の運動会の時期は秋か春か?メリット・デメリットは?

   


小学校運動会というと春?それとも秋?というイメージでしょうか。

私が小学生の頃は、春と秋の両方にあった記憶があります。

春は小運動会といって規模が小さめ、秋は大運動会で大規模な運動会でした。


それが自分が親の立場になったら、いつの間にか運動会は年1回の行事になっていました。

運動会は、どちらかというと秋のイメージですが、最近は春に変更になっている学校が多くみられます。

春と秋のそれぞれのメリット・デメリットを考えてみました。

Sponsored Links


春のメリット・デメリット



まずは、春に運動会を開催するメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

メリット


熱中症対策が最大のメリットと言われています。

運動会というと秋の風物詩でしたが、秋に運動会を行うとなると9月の残暑厳しい時期に毎日練習に励むことになりますし、運動会当日も、晴れると暑くなる時期なので熱中症になる確率が高いです。

秋よりも春に運動会を開催する方が、熱中症にかかるリスクが少ないと言えます。

>>参考:日本生気象学会

デメリット


春の運動会ですと、クラス替えをしたばかりで、クラスが一致団結するのが難しいと言われています。

担任の先生も、生徒ひとりひとりの特性などを把握できていない面もあり、手探り状態になってしまうそうです。


もう1つ、秋に開催の場合は夏休み中に準備をできますが、春の場合慌ただしい時期でもあり、準備する時間が足りないとも言われています。

秋のメリット・デメリット



続いて、秋に運動会を行うメリットとデメリットについて紹介します。

メリット


クラス替えがあった場合も、メンバーの特性などもお互いわかってきているので、一致団結しやすいです。

また夏休み中に先生方は準備する時間を持てます。


デメリット


春に開催のメリットが秋開催のデメリットになるわけですが、熱中症のリスクが高まることです。


地域とその他の行事との調整


私の子供が通っている小学校運動会は秋、同じ学区の中学校の運動会は春に開催されます。

小学校と中学校が、どちらも春や秋の同じ季節に開催すると日程的に厳しいそうです。

同じ日にすることは兄弟がいる方も多いので、無理となると、一週間ずらす程度しかできません。


また、市長さんなどの来賓のことも考えると、季節をずらす方が良いという話を聞いたことがあります。

その他、学校の運動会以外の行事により調整していることも考えられます。



うちの小学校は、5,6年生は7月に宿泊学習があるので、春の運動会は日程的に厳しいのかも。

仮に5月に運動会としても、新年始まってすぐに運動会の練習が始まり、それが終わったら宿泊学習の準備となると、慌ただしいです。

そこも考慮して1学期は新しいクラスや担任の先生とお互いを知る時間。

慣れてきた頃に宿泊学習の準備と宿泊学習へ行き、まとめをして夏休みに入り、2学期が始まったら運動会の練習という流れのようです。


反対に秋に宿泊学習へ行く学校は、春に運動会をしています。

宿泊学習で泊まる地域も、だいたい市内や近隣の市は同じ場所へ行くので、宿泊施設の都合によりそちらを優先して決めて、運動会の時期を調整しているのかな?と私は個人的に思っています。

ですから、うちの学校は毎年初夏に泊まりの行事で、9月の終わりか10月のはじめに運動会がありますが、近隣の学校は反対で5月の終わりか6月の始まりに運動会があり、9月に宿泊の行事があります。

春の運動会が良かった気持ちも…



これは私個人的な感想です。

私の子供は、2年生からは秋に運動会ですが、1年生の時は春に運動会がありました。

小学校に入学して、まだ友達関係も落ち着かず、勉強も本格的にスタートする前の落ち着かない時期に運動会があったのです。

でも子供にとっては、いきなり勉強スタートよりも、ダンスや、かけっこ、玉入れなど身体を動かす練習が多くて毎日学校へ行くことが楽しかったようです。

そうこうしているうちに学校生活に慣れていき、スムーズに学校生活に馴染み勉強開始となり、私としては良かったと思っています。


ただ、これが2年生や3年生に進級した場合は、どう感じるのかわかりませんが^^

地域別の運動会の時期は?



地域別に春開催と秋開催の割合を紹介します。

  • 北海道→春開催率99.4%、秋開催率0.6%

  • 東北地方→山形県のみ秋開催率が64%と秋が高いですが、他の県は、春開催率が圧倒的に高いです。

  • 関東地方→群馬県は、圧倒的に秋開催率が高いです。
           千葉県は春開催率が圧倒的に高いです。
        その他、茨城県、栃木県、埼玉県、東京都、神奈川県は、半々といったところですね。

  • 北陸→石川県と福井県は、春と秋の開催率が半々ですが、新潟県と石川県は圧倒的に春開催率が高いです。

  • 甲信→圧倒的に秋開催率が高いです。

  • 東海→岐阜県は秋開催率が高いです。
         静岡県は、春開催率か高いです。
         愛知県は、半々ですが、どちらかというと春開催の方が多いです。

  • 関西→滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県は秋開催率が高いです。
         和歌山県は、春開催率が高いです。

  • 中国→鳥取県は春秋半々です。
         島根県、山口県は秋開催率が高いです。
         岡山県、広島県は、昼開催率が高いです。

  • 四国→徳島県、愛媛県、高知県は圧倒的に秋開催率が高いです。
         香川県は、春開催率が高いです。

  • 九州→福岡県、長崎県、熊本県は、春開催率が高いです。
           佐賀県は、春と秋開催が半々です。
           大分県、宮崎県、鹿児島県は、秋開催率が高いです。

  • 沖縄→秋開催率が圧倒的に高いです。

  • 県によりマチマチですね。(2018/6/16調べ)

    まとめ


    地球温暖化で、年々夏の暑さが厳しくなってきて運動会の開催時期が春に変わる学校が増えてきています。

    確かに身体のことが一番大切です。

    しかし秋に行うメリットもありますし、今も秋に開催している地域もあります。

    また春とは言え夏のような暑さの日もあります。

    どちらの季節の場合も、身体のことを一番に考え水分補給をしっかりして、また休養もしっかり取り、体調を崩さないようにすることが大切ですね。

    Sponsored Links

     - 運動会

             

      関連記事と広告

    もう運動会の場所取りはしない!?自分の子供が見られればOKかも?!

    お子さんの運動会は、場所取りをして観に行かれる方が多いでしょうか。 我が家も、前 …

    運動会の靴下で目立つ色は?素早くわが子を見付ける方法!

    運動会で、たくさんの子供たちの中から、わが子を見付けるのは至難の業ではありません …

    運動会に雨が降りそうな時の対策!お弁当や持ち物はどうする?

    楽しみにしていた運動会、雨が降りそうな時どうしていますか? 秋に運動会の場合は、 …

    運動会の差し入れ!友達や親戚の子供を見に行く時のおすすめ!

    運動会にお招きしてもらった時、手ぶらで行くのも気が引けることってありませんか? …

    ゼッケンの布は100均でもOK!付ける時のコツをご紹介!

    子供の体操着にゼッケンを付けたことがあるという親御さんは多いと思います。 学校指 …

    運動会の場所取りのコツ!2つの場所と持っていきたい必需品は?

    運動会の主役は子供ですが、その子供の姿をしっかり見るためには場所取りが大切になっ …

    運動会が雨天の場合の中止・延期・決行のタイミングとお弁当は?

    運動会は、子供にとっても親にとっても大きなイベントですよね。 せっかくなら晴れて …

    ゼッケンの名前の書き方!にじまないように失敗しない方法は?

    子供の体操着につけるゼッケンに名前を書く時、にじまないように書くにはどうしたら良 …

    運動会の日焼け対策!ママの服装と帽子は?朝ご飯にも注意が!

    運動会は楽しい行事の1つですが、季節的にも日焼けが気になりますよね。 春の運動会 …