はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

ボルダリングとクライミングの違いは?登る場所によって違う?

   


東京五輪の競技にも選ばれた“スポーツクライミング”、最近よく見る“ボルダリングジム”この2つは一緒なの?と思ったことはありませんか?

実際、クライミングの中の1つにボルダリングが含まれます。クライミングとは何なのか、ボルダリングとはということに注目しながら、調べてみましたのでぜひチェックしてみてください。

Sponsored Links

ボルダリングとクライミングの違いとは??

まず、クライミングとは何なのでしょう。

クライミングというのは、簡単に述べると“登るスポーツの総称”です。

一言で言うと、クライミングの中に、ボルダリングがあります。

登るといっても、いろんなところに、いろんな手法、目的によって名称が変わってきますので細かく説明したいと思います。

登る場所よって名称が違う

ロッククライミング…岩を登るクライミング

アイスクライミング…氷を登るクライミング

登り方、登る手法によっても名称が違う

アルパインクライミング

山や岩の大きな壁を登ること。

頂上を目的とするため、小型の斧やスパイクなどの道具を使って登る。

山の中で何泊もすごすことがあり危険を伴う可能性がある。

※今は、自然保護が言われていますので、なるべく自然を守るためにあまり道具は使いません。
      

フリークライミング

手足の力のみで登ること。

ルールが決まっており、安全確保以外の道具は使わない。(クライミングシューズとチョークは使用する)

もっとわかりやすく説明すると、山を登るスポーツというロッククライミングという大きい枠組みの中に、アルパインクライミングとフリークライミングがあるのです。

ボルダリングはフリークライミングに属します。

道具を使わない登り方

Sponsored Links

フリークライミングの種類にも3種類あります。

今ではボルダリングジムという、室内の人工で作られた岩を登るものが流行っていますが、もともとは外で実際の岩を登る練習の場としてジムがありました。

実際フリークライミングの3種類も見てみましょう。

ボルダリング

初心者でも手軽にできる、ボルダリングです。

現在あるボルダリングジムは、ほとんどこれです。

名前の語源はBoulder(ボルダー)という巨大な岩を登ることからはじまっています。

ロープは使用せず、3m~5mの高さの岩を1人で登ります。

高さがない分、岩の形が難しかったりと岩や登り方を考えながら登るのがボルダリングです。

リードクライミング

  

ロープを使用するクライミングです。

岩を登りながら途中支点ががり、その地点にロープをかけ高さ10~20mのところを登ります。

高いところを登るため必ず2人1組で行い、ロープでつながれています。

この2人目の人は安全のために必要なのですが、必ず講習を受けなければいけません。

トップロープクライミング

リードクライミングと同じでロープを使い、2人1組で登ります。

リードとの違いは、最初にロープがゴール地点にかかっており吊り下げられた状態でスタートします。

リードをやる前の人は、ほとんどトップロープクライミングを行います。

いま、ボルダリングの世界大会が行われていますが、ボルダリング・リード以外にスピードという競技があり、同じ壁でタイムを競います。

この3つを合わせたものをスポーツクライミングとして、オリンピックに採用される予定だそうです(まだ正式決定ではないですが)
 

ボルダリングは女性や子供も楽しめる!

私は、テレビで5年前にボルダリングという競技があることを知り、ボルダリングという競技が大好きになりました。

3年前にボルダリングデビューしたのですが、はじめてでも登れましたよ^^

ボルダリングは簡単なものから、高難度のものまでありますので、比較的挑戦しやすいです。

ボルダリングジムは、男の人が多いというイメージが多いですよね。

今は全国に多くのボルダリングジムがあり、女性が使いやすい設備(化粧ルームなど)や、子供も利用できるので多くの人が体験することができます。

そして、道具もほとんどのボルダリングジムでレンタルできるので、スポーツジムにいくような洋服さえあれば体験できます。

運動神経がよくなければいけないという理由もなく、ダイエットのため、筋力アップのために利用する人も多いそうです。

そして、必ず初心者はスタッフがついてくれますので、友達、恋人、家族などいろんな人とボルダリングを行うことができます。

歳をとったらできない…?と思う人もいるかも知れませんがそんなことはありません。

私の行っているボルダリングジムでは、平日の昼間に50代の姉妹がボルダリングに挑戦しています。

私は、まだ上手くはないので、次の日に筋肉痛になりますが^^

バランスなどの体幹が必要になるので、年配の方にもオススメです。

オリンピックにもなるボルダリング、一度やってみると見るのも楽しくなりますよ。

Sponsored Links

 - ボルダリング

              

  この記事も読まれています