はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

簡単!天ぷらの保存方法は?冷凍の仕方とサクサク解凍する方法

   


サクサクの美味しい天ぷらを保存したいと思ったことはありませんか?

天ぷらは、揚げたてが美味しいと思って、いつも残さないように無理して食べてしまっていました。

でも、天ぷらは冷凍保存ができるということを知ってから冷凍してます!

サクサクに解凍する方法もとっても簡単です。

天ぷらの冷凍保存の仕方や、サクサク解凍する方法、そして天ぷらの保存期間などについても調べたのでお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

天ぷらの冷凍の仕方

では、知りたいことの1つ目「天ぷらの冷凍の仕方」についてです。

天ぷらも、たくさん揚げて冷凍しておいたり、残ったものを無理して食べないで冷凍保存しておけたら便利ですよね。

天ぷらの冷凍の仕方ですが、とても簡単と言いますか、とてもシンプル。

天ぷらを冷凍袋に入れて冷凍庫に入れるだけです。

天ぷらを冷凍するという発想が今まで私にはありませんでしたし、冷凍可能と知っても手間がかかるのかなと思っていましたが、簡単ですね。冷凍しておけば、少し食べたい時にも便利。

冷凍保存袋に入れて冷凍可能と言いましたが、更に上手に保存するためのコツがあるので、紹介しますね。

  • 荒熱を取ってから冷凍します。
  • 天ぷらが重ならないように冷凍保存袋に入れて空気を抜くように入れて封をしましょう。
  • 酸化を防ぐ為に、クッキングシートで挟むようにして入れると良いです。
  • キッチンペーパーは、くっついてしまうのでクッキングシートを使ってください。

    冷凍庫内の空気に触れることで、酸化や劣化が起こるので、それらを防ぐためにも密閉容器に移して保存することが大切です。

    サクサク解凍する方法

    さて、冷凍の方法はシンプルで簡単でしたが、サクサクに解凍する方法はどうなのでしょうか。
    ただ自然解凍というわけにはいかないのでしょうか。

    手間がかかるのなあと少し心配でしたが、こちらもとても簡単でしたよ。

  • 天ぷらを冷凍保存袋から出す。
  • オーブントースターで凍ったままの天ぷらを乗せる。
  • 少し焦げ目がつく程度に加熱する。
  • コレだけでOKです。

    Sponsored Links

    天ぷらを揚げたてに食べない時、少し時間が経ってしまった時や、揚げた翌日に食べる時などは、いつもオーブントースターで加熱して食べますが、その方法と同じで良いのですね。

    カリッとサクサクの天ぷらを食べることが可能です。

    冷凍庫からすぐにオーブントースターというよりも、自然解凍や電子レンジで解凍させてからオーブントースターで加熱することの方が良いです。

    理想は、ゆっくり解凍した方が美味しさが逃げないと言われているので、食べる前日に冷蔵庫へ移して自然解凍が良いですね。

    天ぷらの保存可能期間

    ところで気になるのが、保存可能期間ではないでしょうか。

    冷凍保存というと、いつまででも大丈夫と思い込んでしまうのですが、そんなことはありませんよね。
    それぞれ美味しく食べられる期間があります。

    天ぷらは、どのくらいの期間保存可能なのでしょうか。

    常温で保存する場合・冷蔵で保存する場合・冷凍で保存する場合の3パターンをそれぞれ紹介します。

    常温で保存する場合

    常温で保存して、そのまま天ぷらとして食べられる期間は、2~3時間程度です。

    調理して食べられる期間は、4~6時間程度です。

    冷蔵で保存する場合

    冷蔵で保存して、そのまま天ぷらとして食べられる期間は、半日くらいです。

    調理して食べられる期間は、半日~3日程度です。

    冷凍で保存する場合

    冷凍して、そのまま天ぷらとして食べられる期間は、2週間程度です。

    調理して食べられる期間は、2週間~1カ月程度です。

    まとめ

    いかがでしたか。

    天ぷらは、常温でも数時間でしたら保存可能ですが、すぐに食べない時は冷蔵や冷凍で保存できるので、その方が長い安心して、しかも美味しさも保存できるので嬉しいですね。

    冷凍する時と解凍する時のコツも紹介したので、天ぷらをたくさん揚げた時や、食べきれない時など、ぜひ試してみてくださいね。

    天ぷらは、手間のかかる料理なので、頻繁に揚げるのは手間と思われている方も、冷凍保存が可能なので、一度にたくさん揚げておけば、いつでも気軽に食べられますね。

    私は色々なものを冷凍保存しています。

    煮物や茹で野菜など、少しずつではなく多めに煮たり茹でたりして冷凍しておくと、食べたい時に少しずつ使えるので便利です。

    最近は、ひじきや切り干し大根の煮物を始めは煮物として食べて、残りは冷凍しておいて、次に食べる時は炊き込みご飯にします。

    このようにリメイクすることで、違った料理になるので飽きずに食べれて気に入っています。

    ほうれん草や小松菜といった葉野菜も一度に多めに茹でておいて、小分けして冷凍しておくことで、煮込みうどんや味噌汁など使いたい時に少しずつ使えるので、その都度茹でる手間が省けて便利です。

    安い時にたくさん買って茹でて冷凍しておきます。

    お財布にも優しいですし、光熱費的にもエコになると思います。

    Sponsored Links

     - 食べ物

                  

      この記事も読まれています