はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

カフェイン効果の時間と量は?ベストなタイミングはいつ?

      2016/12/17


集中したい時や、眠気を感じたくない時、多くの人がカフェインが含まれる飲み物を手に取ると思います。

ここぞ!と言う時は、やっぱりカフェインの含まれた飲み物を飲んで、気合を入れたいですよね。

男性4
でも、カフェインは飲んだらすぐに効く、ということではありません。

カフェインの効果を発揮する時間や量を知って、ベストなタイミングでカフェインを摂れる「カフェイン上手」になりませんか?!

今回は、カフェインの効果を発揮する時間や量、持続時間などをご紹介します。

Sponsored Links


カフェインの効果が表れる時間は?


コーヒーなどカフェインが含まれている食べ物や飲み物を摂取してから、どのくらいでカフェインが効果を発揮するのでしょうか。

カフェインを摂取すると、約30分程度でカフェインが脳に到達します。
そして、カフェインの持つ作用を発揮し始めます。

コーヒー3

<カフェインの生理作用>


  • 中枢神経の興奮
  • 中枢神経が興奮すると眠気や倦怠感が緩和されます。同時に考える力や注意力が向上します。

  • 利尿作用
  • カフェインを取ることによって、毛細血管が拡張し腎臓へ運ばれる血液の量が増えます。腎臓に血液が多く入る事によって尿が多くなります。

  • 脳細動脈の収縮
  • カフェインは脳細動脈という脳内にある血管を収縮させる作用があります。これにより、脳内の血管の膨張による片頭痛が緩和する効果があるといわれています。

  • 胃酸の分泌を促進
  • カフェインは胃酸、そして唾液の分泌を増やすと言われています。この効果で消化が促進されるといわれているそうです。


    受験勉強中やドライブなどで使用するカフェインは、眠気覚ましの効果を期待して飲まれることが殆どだと思いますが、その効果が出始めるのは、摂取してから30分後という事です。

    ドライブ中の眠気対策はこちら↓
    眠気覚ましの方法は?運転中にヒヤリとしない対策!

    仮眠の前や、お昼ご飯を食べた後にカフェインを含む飲み物や食べ物を摂取すると、午後の行動が眠気や倦怠感に邪魔されずに済みそうですね!

    Sponsored Links


    カフェインの持続時間は?


    時計
    カフェインの効果は、摂取後30分とご紹介しましたが、肝心の持続時間はどうなのでしょうか。

    この効果の持続には個人差がありますが、約4~5時間と言われているようです。

    この持続時間を考えますと、就寝する時間の4~5時間前にはカフェインの摂取は控えたほうが良さそうですね。


    カフェインを摂取する量はどれくらいがいいの?


    パソコンとコーヒー
    カフェインの効果が発揮する時間と持続時間についてご紹介しました。

    眠気を感じたくない時やひと頑張りしたい人は、早速カフェインを手に取りたいところだと思います。

    その前に、カフェインを摂取する量についてもご紹介をしておきましょう。



    カフェインは成人の場合、1日100~300㎎程度が望ましい量とされています。コーヒーでしたら、100mlあたりのカフェインの含有量は約60㎎。個人差がありますが、1日5杯までであれば飲んでも大丈夫そうです。

    ただし、カフェインを摂取して震えや頭痛、動悸を感じるようでしたらカフェインの摂取を控えて医師に相談をしましょう。

    では、その他の飲み物について見てみましょう。



  • インスタントコーヒー:100mlあたり57㎎(1日約5杯まで)
  • 紅茶:100mlあたり30㎎(1日10杯まで)
  • 玉露:100mlあたり160ml(1日1杯~1.5杯まで)

  • 玉露がカフェインの含有量が多いようで意外ですね。あまり玉露を飲む機会は少ないかもしれませんが、程々にしておいたほうが良さそうです。

    カフェインの効果と効能は?


    コーヒー1
    カフェインは眠気や倦怠感の抑制が代表的な効果といわれていますが、そのほかに効果はあるのでしょうか。

    ■カフェインの効果


  • 覚醒効果
  • 集中力や注意力の向上
  • 利尿効果
  • 胃酸の分泌を促進し、消化を助ける
  • アセトアルデビド(※)の排泄を促進(※二日酔いの原因)
  • 片頭痛の緩和

  • カフェインには上記のような効果が期待できます。二日酔いにも効果があるとは驚きですね!

    ■カフェインの効能


  • 活性酵素を除去し過酸化脂質の発生を抑え、肝臓がんや消化器官のがんを予防
  • 皮下脂肪を分解する働きがあり、血液中の脂肪酸を増加させるため、ダイエットに効果が期待できる
  • 口臭予防

  • 活性化酵素を除去するので、アンチエイジングにも効果が期待できるのではないでしょうか。またダイエットにもカフェインはピッタリな成分ということで、女性には嬉しい存在なのかもしれませんね。

    まとめ



    いかがでしたか?

    カフェインは摂取して30分程で効果が現れ、4~5時間ほど持続すると言われています。

    1日摂る量は、コーヒーでしたら1日5杯までにする事をおすすめしていますが、体調に合わせて調整して下さい。



    また、カフェインは覚醒効果がとても有名ですが、それ以外にも色々な効果がありました。
    さまざまな飲み物にカフェインが含まれていますので、シーンに合わせて、上手にカフェインを摂取してくださいね!

    とりあえず筆者は、二日酔いの時は玉露を飲むようにしたいと思います!

    Sponsored Links

     - 雑学

      関連記事

    緑茶のカテキンにはこんな効果が!健康と美容にピッタリ!

    こんにちは、皆さん!今日も、風も冷たく空気もしんみりと冷えますね。 こういう時は …

    犬がチョコレートを食べた!危険な症状と対処の仕方は?

    犬はペットと言えど立派な家族の一員です。 かわいい犬はよく人の食べ物を欲しがりま …

    うるう年(2月29日)の誕生日はいつ?4年で1歳?!

    4年に一度やってくる「うるう年」 うるう年は、地球の自転と人の作る、季節の間で生 …

    敬老の日に花のプレゼント!りんどうが人気な理由とは?

    秋にお花屋さんで見かける花、りんどうは敬老の日の贈り物として人気ですよね! りん …

    おはぎとぼたもちの違いは?春夏秋冬の季節で分ける?

    おはぎとぼたもちの違いって知っていますか? 頭に浮かぶのは、和菓子、お餅などの曖 …

    乳児と幼児の違いは?児童と生徒や学生もまとめてご紹介!

    我が子が1歳を迎えると「あぁ、もう赤ちゃんではないのね・・・」なんてしんみりしい …

    宝くじの税金は?翌年まで残して置いたらどうなるの?

    宝くじを購入したり、宝くじの購入の列に並んでいると本当にワクワクしますよね! 「 …

    アロマの虫除けの作り方は?蚊よけにはユーカリ!

    夏が近づくと、気になってくることがたくさんありますよね。 紫外線対策や熱中症や脱 …

    山の日の祝日の理由は?なぜ8月なのか完全マスター!

    2016年の祝日が1日増えることはご存知な人も多いと思います。 2016年8月に …

    学割で新幹線がお得に乗れる!買い方について徹底検証!

    日差しが暖かく、風も爽やかな季節、どこか旅行に出かけようと思っていらっしゃる方も …