はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

熱中症予防の食べ物と飲み物のまとめ!どんな栄養が効果的?

      2016/12/02


体力を消耗しやすい季節「」は、熱中症で倒れてしまう人や具合が悪くなってしまう人が少なくありません。

これは高齢者や、運動や体育・部活などで炎天下にいた人に限らず、普通に街を歩いていても熱中症になることはあります。

病気
熱中症は小まめな水分補給や、熱から身を守る事で予防できるといいますが、それ以前に体力が無かったり、体調が整っていないと熱中症になりやすいものです。

毎日の食事対策で、早目に熱中症を予防しましょう。

Sponsored Links


熱中症の予防に最適な栄養は?


夏は体力の消耗が激しいだけでなく、暑さのせいで胃腸も弱まりがちです。

そのせいで、さっぱりとした口当たりのものを選びたくなり、ついつい素麺だけ~なんてことになりやすいものです。
確かに口当たりがサッパリした方が食は進みますものね。


ですが素麺だけ、となると気になるのが栄養の面です。
栄養バランスの悪い食事を続けてとると、かえって夏バテしやすく、熱中症にもなりやすいのです。

夏バテや熱中症を予防するためには、どのような栄養素を摂るのが良いのでしょうか。

過酷な夏でも元気に過ごせるにはどんな栄養素が良いのか調べてみた所、こんな栄養素が良いとのことでした。

  • タンパク質
  • ビタミンC
  • ビタミンB1
  • ビタミンA
  • カリウム
  • ムチン
  • クエン酸

  • 特に、この栄養素が体力増進に役立ち、熱中症の予防に役立ってくれると言われています。

    では、それぞれの栄養素が豊富に含まれている食材とその効果を順番に見てみましょう。

    Sponsored Links


    熱中症の予防が期待できる食材と栄養素は?



    タンパク質


    牛乳
    肉や魚、卵、牛乳や乳製品、豆製品などに豊富に含まれている栄養素です。

    身体を作る素になりますので、育ち盛りの子供は勿論、成人にとっても重要な栄養素です。

    ビタミンC


    果物
    果物や野菜、芋(特にジャガイモ)に豊富に含まれている栄養素です。

    ビタミンCは夏の外的ストレス(紫外線、高気温、温度差など)に対抗してくれる栄養素です。

    加熱すると壊れてしまいやすい栄養素ですので、調理や食べ方には気を付けることをお勧めします。

    ビタミンB1


    豚肉
    豚肉やゴマ、大豆、玄米などに豊富に含まれています。

    糖質を身体に必要なエネルギーに変える為に必要な栄養素で、ビタミンB1が不足すると疲れやすくなったり酷い時には怠さを感じる原因にもなります。

    お米の糠の部分にもビタミンB1が含まれているので、お米の研ぎ過ぎに注意しましょう。

    時々、玄米や麦ごはんにするとビタミンB1を上手に摂ることが出来ます。

    ビタミンA


    かぼちゃ1
    うなぎやレバー、にんじん、かぼちゃ、ニラに含まれている栄養素です。

    ビタミンAは粘膜の働きを向上させる効果があり、免疫力の向上にピッタリです。

    身体の抵抗力をあげる栄養素なので、夏風邪も吹き飛ばせそうです。

    カリウム


    スイカ
    ほうれん草や、スイカ、パセリ、アボガド、海藻類に多く含まれるカリウムは、体内の塩分を排出し、体内のナトリウムとのバランスを整える働きがあります。

    夏バテの予防のポイントには、体内の水分バランスを整えることです。

    カリウムを摂って、水分量を調節できる身体にしましょう!

    ムチン


    オクラ
    オクラや山芋(長芋や大和イモ)、モロヘイヤなどで見られる「ネバネバ」は、ムチンと言う成分によるものです。

    ムチンのこのネバネバは胃の粘膜を保護する作用があり、暑さで弱った胃に嬉しいものなのです。

    保護するだけでなく、タンパク質の吸収をサポートしてくれるのでお勧めです。

    ツルツルっと食べやすい口当たりも夏には嬉しいですね。

    アリシン(硫化アリル)


    スープ1
    玉ねぎや長ネギ、にんにくやニラ、しょうがなどに含まれるアリシン(硫化アリル)も夏にオススメな栄養素です。

    独特の香りが食欲を増進させてくれますし、一緒に摂ることでビタミンB1の吸収を効率的に良くさせてくれる栄養素です。

    また、発汗作用もあるので普段汗をかくことが少ない方にはぴったりの食材です。

    夏バテだけではなく、風邪や抗炎症作用、ストレスや老化、疲労回復にも効果的です。

    クエン酸


    梅干し
    クエン酸は疲労回復に効果が期待されている栄養素です。

    ストレスや疲労を感じると、体内には乳酸が蓄積されてしまい、これが疲労感として残ってしまいます。

    ですが、クエン酸は乳酸や余計な脂肪を燃焼させ、エネルギーに変えてくれる作用がありますので疲労回復に効果的とされているのです。

    夏は疲労が溜まりやすい季節ですので、クエン酸が含まれた食品を摂る事をお勧めします。

    クエン酸が豊富な食品と言えば梅干しです。
    昔から梅干しを1日に1粒食べると良いと言われています。先人の知恵なのでしょうね^^


    夏バテ予防には早めに体力を付ける事が大事


    夏バテは長く怠さを感じたり、ここぞというときに力が入らないのも辛いものです。

    この夏バテの対策は「早目に体力をつけること」です。

    夏に向けて、夏を乗り切る身体の準備をしましょう。


    その為には、運動と食事が大事!

    うまく生活に取り入れて自律神経を整え、夏に対応できる体を作りましょう♪


    食事をきちんととる


    食事
    元気の源は食事です。

    暑さが本格化すると食欲が減退するものです。

    そうなる前に、食生活を見直し、栄養をしっかりと摂る習慣作りをするようにしましょう。

    豚キムチやゴーヤチャンプルー、梅干し入りのおにぎり、ショウガの入った具だくさんの味噌汁など、食事をきちんととるようにしましょう。


    食事をきちんととるのととらないのとでは大きな差があります。

    外食やコンビニ食に頼った食生活で、自分の好みの食事しかとっていない人は、一度見直してみることをお勧めします。


    運動をして汗をかく


    スポーツ
    まずは汗をかけるようにすることです。

    人の身体は凡そ36度の温度を保っています。

    外気温が高くなったり、運動して血のめぐりがよくなってくると体温が上昇します。

    上昇した体温が、体外へ熱を放出できなくなれば熱中症になります。

    そうならない為に、汗で熱を放出する仕組みがヒトの身体にはあるのです。


    体温が上がった時に適切な温度調整ができるように、「自力で汗をかくことができる」ようにする必要があります。

    その為には、適度な運動をすることをお勧めします。

    ジョギングやエクササイズなどで軽く汗をかく運動をするようにしましょう。



    まとめ


    女性9
    暑さが近づくと、ついつい冷たくてサッパリしたものを求めてしまいがちになりますよね。

    でもあまり冷たい物を飲食しすぎない方がいいのかもしれません。

    冷たい食事は内臓の動きを鈍くし、便秘になったり食欲が減退したりすることがあり、夏バテを更に進行させることがあります。


    夏バテ予防の最適なタンパク質・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンA・カリウム・ムチン・クエン酸を意識して摂る事をおすすめします。

    体内は温め、体外は冷やすことを基本に、しっかりと食事を摂り、元気な夏を過ごしましょう。

    Sponsored Links

     - 病気

      関連記事

    ロタウイルスの症状が軽い!もう保育園へ行っていいの?

    乳幼児がかかる病気として知られている「ロタウイルス」。 たくさんのママが心配にな …

    エアコンのカビで病気?それは夏型過敏性肺炎かも?!

    夏になるとなんだか具合が悪い…。 夏場は体力を消耗しやすい季節ですので、体調を崩 …

    夏風邪の症状2016!子供の高熱と頭痛の対応は?

    一年を通して、子供ってよく風邪をひきますよね。 筆者の子供もさっきまで楽しく遊ん …

    足のむくみの解消は?効果的なマッサージの方法を伝授!

    仕事や生活習慣、体調によるものなど原因は人それぞれですが、足のむくみに悩まされた …

    エアコンのカビで咳!アスペルギルスがアレルギーの元に!

    エアコンを付けた途端に、咳が出てしまう(´ρ`*) それはエアコンにカビが繁殖し …

    風邪の時にお風呂は入らない?それとも入る?昔と今の違いは?

    今どきの大人の皆様は小さい頃、風邪を引いたときはお母さんに「今日はお風呂に入っち …

    百日咳の症状は?大人が感染して注意するべきことは?

    子供がかかる病気のひとつとして有名な百日咳。 病気について良く知る人は少ないかも …

    日光アレルギーの症状は?効果的な治療方法は?

    外出から帰ってきて、急に痒くなったりする事があれば、もしかしたらそれは日光アレル …

    外耳炎の症状と原因は?耳が聞こえにくくなるって本当?

    外耳炎とは良く聞きますが、外耳道炎(がいじどうえん)とも言います。 外耳炎の外耳 …

    帯状疱疹がうつる期間は?ウイルスをうつさない方法は?

    自分が帯状疱疹になってしまったら、症状の辛さもさることながら、周りの人にうつるの …