はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

1歳半の子供にしては言葉が遅い?女の子だけど大丈夫?

      2016/12/22


子供が産まれると自治体によって違いがありますが、乳児の間は健診が沢山ありますよね。

乳児がいつなのかは、↓こちらをご覧ください。
乳児と幼児の違いは?児童と生徒や学生もまとめてご紹介!

1歳を過ぎると次は1歳半健診。

1歳半頃の子供の成長の一つの目安として、避けては通れない健診がやってきますよね。

1歳半健診は一体何をするのかと不安な方、少なくないと思います。

3~4ヶ月健診の時とは違って、子供の成長発達に差が出てきたりしますので「うちの子、遅いんじゃないかな…」なんて思うお母さん、お父さんもいらっしゃるのでは。

子供12
そんな不安を少しでも解消出来るように、徹底的に調べてご紹介していきます♪

まずは、1歳半健診は何をするのかについてご紹介していきます♪

Sponsored Links


1歳半の健診は何をするの?


これから1歳半健診を受けるにあたって、特別に何かしておくと言う事はありません。

3~4ヶ月のような内容とはいきませんが、雰囲気は同じですσ(゚ー^*)

問診はこのような内容でした。(自治体によって多少違うかもしれません。)


  • 一人で上手に歩く?
  • 意味のある言葉をどれくらい話すか
  • 物や動物の名前が分かり、指で指すか
  • どんな遊びが好きか
  • コップで水を飲むことができるか
  • 他の子どもに興味を持っているか
  • 名前を呼んだとき振り向くか
  • 目の動きやまぶしがったりするか
  • 朝ご飯は食べているか
  • 寝る時間について
  • テレビなどは1日にどれほどみているのか
  • おやつはどれくらい食べているか
  • 寝ながら母乳やミルクを飲む習慣があるか
  • 仕上げ歯磨きはしているか
  • など

    順番に健診していくというような形なのですが、3~4ヶ月健診にはなかった内容がいくつかあるので、それも含めて「何をするの?」の疑問、不安を解決していきましょう。


    身体面の発達と健康診断


    3~4ヶ月健診でもありましたが、赤ちゃんを裸にさせて寝返りや歩き方、歯の生え方、噛み合わせ、虫歯はないかなどのチェックをしてもらいます。

    もちろん1歳半でも1人で歩けない子もいますし、歯があまり生えて来ていない子もいます。

    逆に走ったりもするし、歯がたくさん生えている子もいます。

    そして..平均的な子達も沢山います(*^-^)

    全てその子の個性なので、不安になる事は何もありませんよ♪

    Sponsored Links


    精神面の発達の健診


    赤ちゃん17
    3~4ヶ月の時は、物を目で追ったり、笑ったりするかなどの健診でしたね。

    1歳半は、言語力や指さしなどの様々な方法で、何が出来て何が出来ないかをチェックしていきます。

    出来るからすごい、出来ないから悪いではないので安心して下さいね!

    とは言え、わかっていても不安に思う事がいくつも出てくると思います^^;


    次は、言語力の不安を抱えるお母さん、お父さんの不安解消に少しでも役立てるように1つずつ解消していきますね♪


    健診の言葉を2つってどんな言葉の事?


    赤ちゃんママ
    言語力チェックの時に「2つ以上、意味のある言葉を話しますか?」といった事を言われると思いますが、各家庭によって子供が話せる言葉は違ってくると思います。

    ですので、我が家の子供を例に出しますね♪

    先に言っておくと、我が家の子供はおしゃべりな方です^^

    机の上の物をわざと下に落として私を見て大きい声で「あ~あ」と言ったり汚い物を「ばーば」などと理解して話しています。

    また、抱っこしてほしい時は両手をあげて「はい!」っと言います。

    これもちゃんと理解していると思います。


    もちろん、犬を見て「わんわん」やお母さんを見て「ママ」と言える事も意味のある言葉です。

    我が家では私自身を「ママ」とは言わないので私に向かって「ママ」とは言いません^^

    ご飯の事を「マンマ」とは言っていませんので「マンマ」とは言いません。

    先生は一般的な覚えやすい言葉として「ママ」などを出してきますが、例外もあるという事をお伝えしときますね♪


    ですので、一概に「我が子は言語力がないのではないのかな」なんて思わなくてもいいのです。

    実際は、例外だらけと言ってもいいと思いますよ。

    大事なのは理解しているかという事なので、安心して下さいね♪

    次は子供の言語力についての話です。


    動物は全部わんわんだけど大丈夫?


    犬5
    わんわん=全動物、ではないという事を子供は理解しているかと思います。

    ただ、猫=ニャンニャン、狐=コンコンと言う事を知らない状態で言いやすいわんわんを覚えたので、「全部わんわんでいいや」なんて子供自身覚えているのかもしれません^^

    これは我が家の方針でもあるのですが、大きくなれば嫌でもできるようになるのだから、ありのまま見守るという事です。

    ただ、危ない事はしっかりとダメと注意する事も見守るという事なので見守る=補助という事も言えますね♪


    またその都度お母さん、お父さんが「これはニャンニャン」、「あれはぞうさん」など気長に教えてあげれると変わってくると思いますよ。

    それでも、言葉が遅いのが不安だというお母さん、お父さんもいるかも。

    そのような時は、どのような病気があるのかという事をしっかりと学び、予習しておけば、いざという時の対処法が見つかると思います。

    言葉が遅い時の考えられる病気は?


  • 生まれて間もない時、3~4ヶ月健診も問題なくクリア出来た。
  • 平均的な子に比べて、はいはいは短く歩くのが早かった。
  • 指差ししない。
  • 大人の真似をしない…など

  • いくつかの項目があるのですが、ちょっと普通の子とは違うかな?と思う頃は歩き始めてから分かる事が多く、1歳半健診の時に「言語発達遅延」診断されるお子様もいるかもしれません。

    言語発達遅延というのは、3歳までに言語力が発達しない可能性がある子供に出される注意カードのような物です。

    ですが、言語発達遅延と診断されている多くの子供は3歳になり急に話すようになったりもします

    また、言語発達遅延と診断された場合は、専門的な言語スクールに通う事を勧められる事もあります。

    言語発達遅延の最終地点が言語発達障害と言われます。


    他には自閉症、統合失調などもあげられます。

    お母さんやお父さんが見ていて、かんしゃく持ちやじっとしていられないなどセルフ診断も出来ます。

    そんな時はご両親の不安を解消するという意味も込めて、専門医のいる病院で診察を受けられる事をオススメします。

    ご両親が不安だと子供に移ってしますので、まずは自分達の精神面を安定させるために、どのような病気でどのように対処していけばよいのかをしっかり聞いてみて下さい。


    不安は知識で解消できると私は思っています。

    子供にはお母さん、お父さんが一番短な存在なのです。

    お母さん、お父さんはどっしりと構えて冷静に対処できるように予習しておきましょう。


    では、言葉とはどう教えればいいの?と思うかもしれません。

    いくつか方法をあげていきますので何度でもチャレンジしてみて下さいね♪

    言葉はどのように教えるの?


    絵本
    言葉とは一言では言い表せないほど深いと思っています。

    その言葉に表情や感情を込め、強弱をつける事で初めて言葉というと思います。

    それだけ言葉を話すという事は難しいのです。

    そんな難しい言葉をどのように教えていけばいいのでしょうか。

  • 大人との会話
  • 絵本

  • この3つが一番楽しい方法で、試しやすいと思います♪


    まずは、大人との会話です。

    例えば、買い物などに行った時は必ず子供に「何食べたい?」などを話します。

    もちろん話せませんので、「私はハンバーグが食べたいからハンバーグでもいい?」などと言わば1人会話をしていました^^;

    また、ある程度理解できる1歳半頃は「どっちのパンが食べたい?」などの取捨選択もさせていました。

    まだ話せない時期は一方通行の会話をし、またある程度理解できるようになれば自分で決めさせてあげるなど、楽しさプラス会話を混ぜてあげるのがいいとおもいます♪

    絵本では1歳半の場合には物語を読むのもいいです。

    また、登場して来た、例えば犬がいましたら鳴き声を真似てあげるなどをすると、犬=わんわんだと言う事が認識しやすいと思います。

    猫=ニャンニャン、鳥=ぴよぴよなど絵本を動かし、動いてるように見せてあげるのも楽しさプラス絵本になると思います。

    歌は子供の好きな歌から自分が好きな歌まで何でも。

    ジャンルにとらわれず歌ってあげる事で、子供が好きな歌が見つけやすいですし、楽しさプラス歌になると思います。

    何を教えるのも、初めは興味がひくような事をすればよいのです。

    一番、子供が興味を引くのは「楽しさ」だと思っています。

    子供だけではなく教えるお母さん、お父さんも楽しくなるように工夫して下さいね♪

    お母さん、お父さんが笑顔で接するという事を心がけてみて下さい。

    そうすれば自然と子供も学んでいくと思います。

    まとめ


    家族2
    いかがでしたか?

    先生に不安になる事を言われてしまったからと言って落ち込む暇はないのです。

    それよりも、そこからできる事は沢山あるものなのです。

    子供に伝わるのは時間がかかる事もありますが、それを習慣付ける事で比較的早く学んでもらえると思います♪

    ですが、先生にありのままを伝えずにいると早期発見できるものもできませんので、しっかり何でも話せるように頑張りましょう。


    「何を言われるか怖い」いえいえ、ご両親はそれを真に受け止めて知識を増やし、どっしりと構えておく事が大切な事なのです。

    子供と共に成長していきましょう。

    Sponsored Links

     - 育児

      関連記事

    赤ちゃんの日焼け止めランキング! 紫外線吸収剤不使用やオーガニックで!

    日差しが強くなってくると、紫外線が気になりますよね。 特に赤ちゃんのデリケートな …

    子供がシャンプーを嫌がる!知っておきたい7つの方法!

    子供と一緒にお風呂に入るとき、憂鬱になるのがシャンプーですよね。 筆者の子供も小 …

    1歳の子供が水分をとらない時の対処方法は?卒乳・断乳後編

    子供が1歳頃になると、卒乳や断乳などでおっぱいとサヨナラをするお母さんとお子さん …

    赤ちゃんの便秘解消方法は?ウンチは健康状態のバロメーター

    育児でママはドタバタと大変な毎日を過ごしているかと思います。 特に初めてのお子さ …

    ジュニアシートは何歳から?法律ではどうなっているの?

    「下の子が生まれて、チャイルドシート2個かぁ。スペースも取るしどうしよう。」と思 …

    子供の癇癪の原因は?どうして大暴れするの!?

    よく2歳頃のお子さんを持つママが「最近癇癪が酷くて・・・」と悩む姿をよく目にしま …

    子供に落ち着きがないのは病気?それとも性格?その違いは?

    子供がある程度大きくなってから、保育園や幼稚園などの集団生活や、たくさんの子供た …

    赤ちゃんが歯磨きを嫌がる原因は?一緒に楽しく習慣付けよう!

    子供の虫歯リスクをさげるには、赤ちゃんの頃からの歯みがき習慣はとっても大切なこと …

    赤ちゃんのうんちに黒いつぶつぶが!この正体は?

    言葉を話すことができない赤ちゃんの健康状態を判断するのは、なかなか難しいものです …

    子供がとびひになった!どんな時にうつるの?

    子供が寝ながら腕を掻いるので、見てみると赤いポツポツが。 そのうち、肌に水泡(水 …