はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

ルイボスティの効果的な飲み方は?適量は1日にどれくらい?

      2015/12/27


「ルイボスティって美容や健康に良いらしいよ!」という噂はよく耳にします。

ですが「どうせ今だけの流行でしょ…」と気になりつつも、まだ手に取って飲んだことがない人は多いのでは。

先日、コストコで見つけたので飲んでみると、癖がなくて美味しいのです^^

これを機に、ルイボスティについて調べてみました。

お茶5
すると、ルイボスティには、知らないと損な素敵な効果が沢山含まれているらしいのです。

その効果を得る飲み方や、ルイボスティの魅力も併せてお伝えいたします♪

Sponsored Links


ルイボスティとは?



美容系や健康系のメディアの情報を見ていくと、とく目にするルイボスティ。

一体このお茶はどんなお茶なのでしょうか?

ルイボスティとは南アフリカ共和国の西ケープ州、ケープタウンの北にあるセダルバーグ山脈という土地で、自生しているルイボスという植物からつくられます。

自生以外でも、このルイボスはアフリカの限定されたエリアでのみ栽培されており、非常に限定的なエリアでのみ栽培が可能なのです。

なんだか特別なお茶ですよね。

このルイボスの葉を乾燥させてつくられるのがルイボスティなのです。

アフリカ

乾燥させたお茶は赤みがかっていて、煮だしたお茶も紅茶の様に赤みがかっているお茶です。

通常のお茶はコーヒーや緑茶、紅茶がそうであるようにカフェインが含まれているモノが多いのですが、ルイボスティはカフェインが含まれていないので妊娠中や授乳期の女性でも安心して飲むことができます。

このルイボスティ、健康や美容に大変良いと噂されていますが、一体どのような効果があるといわれているのでしょうか。

Sponsored Links


ルイボスティの効果は?


女性10
ルイボスティの効果についてご紹介していきましょう。

アフリカで取れるこのお茶には、一体どのような効果が期待できるのでしょうか?

ルイボスティの効果

  • 安眠、気持ちの高ぶりを抑える
  • 便秘の改善
  • 夏バテの予防
  • アンチエイジング

  • ルイボスティには気持ちを鎮静する効果があり、カフェインが含まれていないので寝る前に飲むと安眠の効果が期待できます。

    また、腸内環境を整えて、腸内の悪玉菌を体外へ排出させる効果もありますので便秘の改善ダイエットなどの効果があると考えられます。


    ルイボスティは豊富なミネラルが含まれており、ナトリウムも成分の中に含まれているので、ナトリウムが不足になりがちな夏場に飲むと夏バテの予防につながります。

    そして個人差がありますが、ルイボスティはSOD様酵素と呼ばれる酵素があり、これらが老化の原因となる活性化酵素の働きを抑制するので、美肌やアンチエイジングの効果があると言われてます。

    肌が綺麗になったかも!という意見や感想もあるようです^^

    ルイボスティの効果的な飲み方は?


    女性7

    では、ルイボスティの効果的な飲み方をご紹介しましょう。

  • 良く煮出す
  • 1日2~3杯
  • 毎日飲む


  • ルイボスティを効果的に飲むには茶葉を良く煮だして作ります

    煮だす時間は10分~30分程度です。

    長く煮だすと、ルイボスティの成分(ナトリウム、銅、カルシウム、フラボノイドなど)がよく抽出されるので、時間がある時は長く煮だす事をお勧めします。


    ティーバッグの場合、冷ます時はお茶に入れたまま冷ましましょう。

    こうすることでフラボノイドが更によく抽出されるのです。

    お茶の飲み方は、普通のお茶と同じように飲みますが、1日2~3杯のルイボスティを飲むと効果が出やすいといわれています。

    ですが、ルイボスティは毎日飲むことに意味があるので、継続して飲むのが一番の効果的な飲み方と言えるでしょう。


    まとめ


    家族3
    今や健康や美容に良いと言われ、世界中の多くの人々に飲まれているルイボスティ。

    芸能人もお勧めしていたりしますよね。

    実際に飲む機会はなかなか無く、一体どんなお茶なんだろうと疑問に感じている人は多いと思います。

    ルイボスティは、カフェインがゼロで身体に必要なミネラルが非常に豊富なお茶ですので、飲む人や時間を問わずに美味しく飲むことができます。

    ルイボスティの効果が気になる人は、早くて1週間程度で効果を感じられるようですので、毎日の食卓にプラスしてみてくださいね♪

    Sponsored Links

     - 食べ物

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    かぼちゃの栄養は?炭水化物が多くて太るって本当?!

    夏が近づいてくると、暑さや湿気で身体はぐったり(;´ρ`) 何かと体力が落ちてく …

    ココナッツオイルの使い方は?食事の時に楽しめる方法は?

    最近話題のココナッツオイルですが、使い方が分からず試していない方も多いのではない …

    たけのこの保存!美味しく冷凍するには砂糖が決めて!

    今や、どのシーズンでも食べられる「たけのこ」ですが、やはり旬のたけのこには敵いま …

    みかんの食べ過ぎで手が黄色に!どうすれば治るの?

    子供の頃は、たくさん食べていたみかん。 冬と言えば、「こたつにミカン」だった気が …

    いちごの保存方法は?冷凍や冷蔵の仕方をマスター!

    ショートケーキには、絶対に欠かす事のできない、赤い宝石のようないちご。 甘酸っぱ …

    栗に虫が!処理の仕方を簡単にマスター!

    秋になると栗がスーパーに出回るようになりますね。 筆者は栗と縁があるようで、毎年 …

    じゃがいもの芽が出てたり柔らかいものは食べられるの?

    「じゃがいもから芽がでちゃった(汗)」「なんだか柔らかくなってる!?」などの経験 …

    さんまの栄養は?! 内臓はアンチエイジングに効く!?

    夏を迎えると、気になる食材のひとつにさんまが挙げられます。 通年スーパーなどで見 …

    刺身のつまは食べる?食べない?マナーはコレだった!

    お刺身を思い浮かべると、必ずと言ってもいいほどお魚と一緒に思い出されるのが「つま …

    クコの実(ゴジベリー)の効果は?一日の摂取量はどれくらい?

    突然ですが、皆さんはクコの実を日常的に食べますか? アサイーなどは食べても、クコ …