はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

犬がチョコレートを食べた!危険な症状と対処の仕方は?

   


犬はペットと言えど立派な家族の一員です。

犬2
かわいい犬はよく人の食べ物を欲しがりますが、決して与えてはいけない食べ物のひとつとしてチョコレートが挙げられます。

犬がチョコレートを食べてしまうと、最悪の場合死に至る事があります。

でも、目を離したすきに、大切な犬がチョコレートを食べてしまった!という時はどうしたら良いのでしょうか。

チョコレートを食べてしまった時の、危険な症状と対処の仕方、チョコレートが犬にとって禁忌品である理由をまとめてご説明します!

Sponsored Links


犬がチョコを食べて危険な時の症状は?


犬がチョコレートを食べてしまった時の症状をご説明しましょう。

 症状

  • 下痢
  • 多尿
  • 嘔吐
  • 興奮状態
  • 抗うつ状態
  • 高体温
  • 筋肉痙攣
  • 呼吸困難
  • 不整脈
  • こん睡状態

  • 上から下に向かっておおまかな中毒の症状の進行となります。


    犬がチョコレートを食べると、いわゆる中毒状態になります。

    初期の症状は、まず排泄で異常が確認でき、嘔吐や多尿や下痢などが見られます。

    また、精神面も不安定になり、嘔吐や興奮状態、抗うつ状態となる事も。

    そして更に症状が進行すると、体温が高くなり呼吸が荒くなったり(はーはーと苦しそうな息遣い)、最悪の場合はこん睡状態に陥り、死に至る事も。

    Sponsored Links


    チョコレートを食べてしまった時の対処方法は?


    犬3
    チョコレートが犬にとって、とても危険な食べ物であることはご理解いただいたと思います。

    では、万が一食べてしまった時は、どのような対処が必要となるのでしょうか。


    基本的には食べてしまったことが発覚した時点で、かかりつけの動物病院へ連絡し、連れて行きます。

    そして催吐処置という吐かせる処置を行います。

    チョコレートの中毒に対応できる薬はありませんので、時間が経てば経つほど状況が悪化し、胃洗浄が必要となったり手遅れになってしまう事があります。

    チョコレートを食べてしまったら、まずは動物病院へ連絡しましょう。


    この時、忘れてはならないのが、こちらを調べることです。

  • 犬がチョコレートを食べたのは何時頃か。
  • どの種類をどのくらい食べたのか。
  • 銀紙も食べてしまったか。

  • できればチョコレートの箱ごと持って行き、医師に報告するようにします。

    チョコレートによる中毒は、食べた量によって症状の重さを想定しますので、必ず調べてから行くようにしましょう。


    基本的には動物病院へ連絡が第一ですが、チョコレートを食べてしまう事故が起こるのは、何も動物病院が開いている時間とは限りません。

    夜間に事故が起こってしまう事も当然あり、近くに夜間の動物救急病院があるとは限りません。

    その場合はどの様な対処が必要となるのでしょうか。

    ■オキシフル(過酸化水素水)で吐かせる


    オキシフルとは薬局で販売されている薬品で、水で10倍に薄めるのでしたらオキシドールを使うことができます。(過酸化水素水)

    1kgにつき1~5mlを飲ませます。

    6割から7割くらいの確率で吐かせることができます。

    ■塩を使う


    塩(ティースプーン7杯程度まで)や高濃度の食塩水を使い、飲ませて吐かせる方法があります。

    ただし、塩は犬にとってよくない物質ですので、使い過ぎに注意が必要です。

    あくまで上記の方法は「どうしてもお医者さんに連れていけないとき」にやむを得ず、自己責任で行う処置です。

    つまり、あまりお勧めができない方法なのです。

    極力、食べたのが発覚したらすぐにでも動物病院へ連れて行ってあげてください。


    なぜチョコレートを食べては行けないの?


    はてな1
    人が食べて美味しいチョコレートは、なぜ犬は食べてはいけないのでしょうか。

    それはテオブロミンという物質が理由となります。

    このデオブロミンと呼ばれる物質はカカオやチョコレート、お茶やコーラなどに含まれているカフェインに似た物質で、犬にとっては有害なものなのです。

    このデオブロミンは大脳を興奮させる作用や、精神面にも影響を与える作用まであります。

    人間や他の動物たちは、このデオブロミンを自分のチカラで解毒できるのですが、犬にはこのチカラが弱く、中毒症状を起こしてしまうというわけです。

    チョコレートに含まれるデオブロミンは、カカオの含有量によって変化し、ブラックチョコレートなどは比較的早い段階で、中毒症状が起こります。

    また、小型犬の場合は、体の小ささから少しの量でも中毒が起こる可能性があります。

    何にしてもコーヒーやお茶などよりも、目を離したすきに食べられやすいのがチョコレートです。

    犬を飼っているおうちでは、管理をキチンとして犬が食べてしまわないように注意をしてください。


    ここまで、随分と怖い話をしてきましたが、実際はどれくらいの量を食べると危険なのかという事にも触れておきます。

    どれくらい食べると危険なの?


    辛い1


    一般的に、犬の体重1kgあたりの危険なテオブロミンの摂取量は。

  • 100~200mg/㎏・・中毒症状
  • 240~500mg/㎏・・50%の割合で死亡

  • 次に、チョコレートの種類によって、テオブロミンの含有量が違いますが、目安の量を載せておきます。

     テオブロミンの量

  • 高カカオ商品・・約1100mg/100g
  • ダークチョコレート・・約559mg/100g
  • ミルクチョコレート・・約130~177mg/100g
  • クーベルチュール・チョコレート・・・約1365mg/100g
  • ホワイトチョコレート・・殆ど含まれない
  • ※商品によって含有量が違います。

    この様に、カカオの成分が多いチョコレートほど危険という事になります。

    ホワイトチョコレートの場合は、テオブロミンが殆ど含まれていないので、そう心配することはないかもしれませんが、一度獣医師に相談してみましょう。

    普段は、チョコレートを愛犬の近くに置くことはないかもしれませんが、バレンタインのチョコレートを手作りで作っている時など、ちょっと目を離したすきに・・と言うことがあるかもしれません。

    愛犬の健康を守るために、気を付けてあげて下さいね♪

    まとめ


    犬4
    チョコレートは甘くておいしいので、人間目線でいくと犬も食べたら喜ぶのではないかな~なんて思ってしまいがちです。

    うるんだ瞳で見つめられたら、あげてしまいたくなってしまいますよね。

    でもチョコレートは、犬の命を脅かす非常に危険な食べ物なのです。

    美味しく頂くのは人だけにしておき、犬には絶対に与えないように気を付けましょう。

    Sponsored Links

     - 雑学

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    牛乳のペットボトル販売がない理由は?その謎を調べてみた

    皆さんは牛乳をどのようにして買い求めますか? 宅配でしょうか。それともスーパーで …

    うるう年(2月29日)の誕生日はいつ?4年で1歳?!

    4年に一度やってくる「うるう年」 うるう年は、地球の自転と人の作る、季節の間で生 …

    中秋の名月とは?満月と違う時があるって本当?

    秋になるとスーパーや和菓子屋さんでは十五夜のお月見用のお団子やススキなどが売られ …

    乳児と幼児の違いは?児童と生徒や学生もまとめてご紹介!

    我が子が1歳を迎えると「あぁ、もう赤ちゃんではないのね・・・」なんてしんみりしい …

    学割で新幹線がお得に乗れる!買い方について徹底検証!

    日差しが暖かく、風も爽やかな季節、どこか旅行に出かけようと思っていらっしゃる方も …

    宝くじの税金は?翌年まで残して置いたらどうなるの?

    宝くじを購入したり、宝くじの購入の列に並んでいると本当にワクワクしますよね! 「 …

    うるう年の一覧!平成に入ってからはいつなの?

    うるう年って最近良く聞きますよね^^ それと言うのも、来年の2016年はうるう年 …

    緑茶のカテキンにはこんな効果が!健康と美容にピッタリ!

    こんにちは、皆さん!今日も、風も冷たく空気もしんみりと冷えますね。 こういう時は …

    眠気覚ましの方法は?運転中にヒヤリとしない対策!

    車を運転していて、眠くなってしまう瞬間があってヒヤリとした経験はありませんか? …

    金縛り?夢か現実か分からないのはナゼなの?

    眠りにつく時に耳がキーンとなり息が苦しくなってきたので、起きようと思ったのに体が …