はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

チョコレートのカカオの効果は?体に良いのはなぜ?

      2015/12/24


チョコレートは、世界的に見ても多くの人に愛されている食べ物です。

子供から大人まで、チョコレートを好んで食べる人がいることでしょう。

先日、筆者の子供は初めてチョコレートを一口食べ、あまりの美味しさに驚いていました。

チョコ6
最近は、大きなスーパーや輸入雑貨店など行くと、実にたくさんのチョコレートがありますよね。

カカオ○%だとか、なんとか…色々あります。

一体どんなものを選んだら良いのでしょうか。

まずは、チョコの成分のカカオについて見てみましょう♪

Sponsored Links


カカオってどんな栄養や効果があるの?


チョコレートの主材料はカカオという事は、皆さんご存知のことだと思います^^

カカオは、南アメリカや中央アメリカの熱帯地帯で収穫される実で、茶色い姿をイラストなどで、見たことのある方は多いのではないでしょうか。

このカカオ、実はとっても身体によい栄養素が含まれているのです。

■カカオの栄養成分


カカオ

カカオには、カルシウム食物繊維亜鉛鉄分などのミネラル分が豊富に含まれています。

これらの成分は、健康的な身体に必要な成分で、便秘解消や味覚の健常、血や骨を作ることに貢献してくれる栄養素となります。

これらは、自分の体では生成できない成分ですので、とても重要な栄養素となります。


それだけでなく、注目したいのがカカオに含まれるポリフェノールで、抗酸化作用やストレスの緩和、脳の活性化などを期待できます。

カカオに含まれるポリフェノールは、カカオポリフェノールと言われ、カカオ豆を発酵して作られます。

ポリフェノールも、人の体内で作ることが出来ないので、食事から摂る必要があります。



 カカオが持つ身体への効果

  • 体調を整える
  • 便秘解消
  • ストレス緩和、リラックス効果
  • 動脈硬化を予防
  • 認知症予防

  • そんな、身体に良いことだらけのカカオで出来ているチョコレートは、どのようにして選ぶのが良いのでしょうか。

    Sponsored Links


    チョコレートの選び方


    チョコ1

    チョコレートには、カカオの他にカカオバター砂糖を加え甘くしているものが多いのです。

    これらはひょっとすると、カカオの配合量は少ないかもしれません。

    カカオの成分を期待して美容や健康を意識したいのでしたら、チョコレートはカカオ70%以上配合されているものを選ぶようにしましょう。

    そして、量も1日50g以内で食べるのが望ましい食べ方となります。

    チョコレートでダイエットは出来るの?


    ダイエット1
    体重を気にする女性にとって気になるのが、チョコレートはダイエット中に食べても良い食材なのか?ということですよね。

    チョコレートと言ったら太る印象がありますものね。

    結論から申し上げますと、チョコレートはダイエット向きの食材ではありません。

    カカオバターや砂糖がたっぷり含まれていますので、とても高カロリーなのです。

    ダイエット中に、積極的に食べることはお勧めできません。

    ですが、チョコレートを一口かじるだけで、他のお菓子などを控えることができるのであれば、ダイエットには有効と言えると思います。

    トータル的なカロリーを気にしてみてくださいね。

    チョコレートにも副作用?


    バレンタイン1
    チョコレートを食べる時、実は気を付けたいことがあります。

    「え!チョコレートを食べる時に気を付けることなんてあるの?!」と驚かれるかもしれません。

    チョコレートは食べすぎると胸焼けしたり、気持ち悪くなってしまう事があります。

    チョコレートに含まれている糖分によって血糖値が上がりすぎていたり、カフェイン脂質などの過剰摂取によって引き起こされる症状と考えられます。

    どんなに美味しくってたくさん食べたくても、食べすぎは身体の毒になります^^;

    食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

    まとめ


    チョコ2
    食べるだけでとても幸せな気持ちになるチョコレート。

    最近は市販されているチョコレートだけでなく、チョコレートショップでたくさん美味しいチョコレートに出会うことができますので、スイーツとしての地位も確実に確立しています。


    美味しいチョコレートには、とても豊富な栄養が含まれており、体調を整えてくれたりリラックス効果があったりと優れた効果を発揮する食べ物だという事をご紹介しました。

    ですが、一方で食べすぎると、消化器官に不調が出てくることがありますので、食べる時はほどほどにしましょうね♪

    Sponsored Links

     - 食べ物

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    梅シロップの作り方は?カビが生えない方法!

    少し暑くなると毎年スーパーなどで出てくる「梅」。 梅が並ぶと梅シロップ作りをする …

    チアシードでダイエット!効果をあげるならホワイト?!

    みなさん、チアシードをダイエットに使うという事はご存知でしょうか? チアシードと …

    いちごの美味しい見分け方は?あっと驚く簡単なルールは?

    いちごの定番イベントと言えば「いちご狩り」ですよね! 旬のいちごの、あの甘酸っぱ …

    じゃがいもの芽が出てたり柔らかいものは食べられるの?

    「じゃがいもから芽がでちゃった(汗)」「なんだか柔らかくなってる!?」などの経験 …

    潮干狩りのあさりの砂抜きの方法は?塩抜きは必要なの?

    潮干狩りでたくさんのあさりを獲ってきたのはいいけれど、中に入っている砂を抜くには …

    トランス脂肪酸とは?気になる食品のマーガリンとバターを比較!

    最近、アメリカでトランス脂肪酸の使用を禁止したというニュースがありましたね。 ト …

    柿の栄養と効能!健康や美容を気にする女性にぴったり!

    秋になると木々の葉も美しく赤く染まって、風情ある景色になりますよね。 筆者は秋が …

    恵方巻きの巻き方のコツは?酢飯の乗せ方がポイント!

    かれこれ数年以上前に、関西に来て、恵方巻きという物を初めて知りました。 主婦とし …

    ココナッツオイルに副作用はあるの?気をつけるべき点は?

    皆さん、ミランダ・カーという女性はご存知ですか? オーストラリア出身のすごく有名 …

    失敗しないキヌアの食べ方は?押さえておくべき事は?

    みなさん、キヌアの正しい食べ方や保存方法は知っていますか? 正しい炊き方でキヌア …