はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

菜の花の栄養と効能は?上手な選び方のポイントは?

      2015/11/21


菜の花ってどんな野菜か知っていますか?

菜の花はそもそも、観賞用、食用、修景用の3つに分かれています。

今回は食用の菜の花について、詳しく書いていきます。

菜の花って、どんな味がしてどう食べたら美味しい食べ物なの?

そう疑問に思っている方は、少なくないのではないでしょうか。

↓ 菜の花料理が気になるという方は、こちらの動画もぜひ、参考にしてみてください。



見ていると食べたくなってきました(゚∇^*)


ところで、この菜の花は、どんな栄養があって、どんな効能があるのか?という疑問もあると思います。

今回は、そんな菜の花の、栄養・効能についてと、上手く栄養を取り入れるための茹で方・食べ方・選び方についてのご紹介記事です。

まずは、菜の花の栄養と効能についてみてみましょう♪

Sponsored Links


菜の花の栄養と効能は?


まずは、菜の花の栄養からご紹介します。

菜の花は“アブラナ科”の緑黄色野菜です。

アブラナ科の野菜は、他にもキャベツ、ブロッコリー、白菜、小松菜、カブなどがあります。

菜の花の栄養素は、

  • β―カロテン、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄分、カリウム、カルシウム、食物繊維が含まれています。

特にβ―カロテンとビタミンCの含有量は野菜の中でもトップクラス!


そして、菜の花の栄養素の中で一番注目したいのが、アブラナ科の野菜に含まれる辛み成分“イソチオシアネート”。

アメリカの国際ガン研究機関がキャベツやブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツなど アブラナ科の野菜が多くランクインしたことがきっかけで、注目された成分です。

がん予防に期待されている成分で、健康管理をする上で今、気になる成分の一つです。


また、苦み成分“ケンフェロール”も同じく、注目したい成分です。

ケンフェロールは大根にも含まれている成分で、脂肪の燃焼にも効果のある成分。

ダイエットを手助けしてくれる、ありがたい成分なのでダイエット中の方は是非、とりたい成分ですね♪(゚▽^*)ノ⌒☆


Sponsored Links


美味しい菜の花の選び方は?


悩む2
まず最初に、菜の花の旬は春頃

出回るのは、12月頃から4月位までが一つの目安です。

旬の野菜は栄養価も高く、価格も安いのでこの時期に買うのが一番オススメです。

おいしい野菜を探す、一つの基準になるのではないでしょうか。


選ぶポイントは?


茎が太くやせていなく、切り口が新しいもの。

花が咲く前のもので、鮮やかな緑色でつぼみがしまりすぎずに均一なもの。


葉物野菜は、鮮度が落ちやすいため必ず、切り口をよく見て、見た目がシャキッとした新鮮なものを選ぶのがいいでしょう。

菜の花のゆで方は?


菜の花
菜の花は、茹でるのが難しい野菜の一つです。

菜の花をゆでる時に一番注意するのはゆで時間。

茎が太い部分でも、火が通りやすいので短めにゆでるのがポイントです。

  茹で方

①まず、鍋にたっぷりの水とスプーン1杯の塩を入れてお湯を沸かし、ザルとボールを重ね、そこに氷水をつくっておく。

②お湯が沸いたら菜の花を茎から入れて30秒~50秒程ですぐに上げ、氷水にとる。

③菜の花が冷めたら水から揚げて、しっかりと水気をとる。


さっとゆでることがポイントですね。

ゆでると色々な料理に使うことができます。

次は、一番オーソドックスなお浸しの作り方をご紹介いたします。

美味しいお浸しの作り方は?


菜の花3
一番“作りやすい“ともいえるお浸しの作り方をご紹介します。



菜の花のゆで汁は昆布に似たうまみを感じることができるので、ぜひ、茹で汁もそのまま活用してみてください。

 材料

  • 茹でた菜の花 1束
  • 茹で汁 100ml
  • 薄口醤油 小さじ2
  • みりん  小さじ2
  •  作り方

    ①茹でた菜の花を食べやすい大きさに切り、茹で汁、薄口醤油、みりんは一つのボールに混ぜておく。

    ② ①をすべて混ぜ合わせ、30分ほど味をなじませるために冷蔵庫に入れる。


    ※お好みで ごま、からし、鰹節も入れると美味しいです。

    まとめ


    いかがでしょうか?

    菜の花の栄養は、β―カロテン、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄分、カリウム、カルシウムや食物繊維など豊富に含まれています。

    菜の花は、栄養価も高く、バランスよく栄養を含んでいるのもあり、ダイエット、がん予防に良い野菜といえるのではないでしょうか。

    ちょっと苦味がありますが、旬の菜の花を味わって春を感じてみて下さい♪

    Sponsored Links

     - 食べ物

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    ココナッツオイルに副作用はあるの?気をつけるべき点は?

    皆さん、ミランダ・カーという女性はご存知ですか? オーストラリア出身のすごく有名 …

    アイスの賞味期限は?一年前のものでも食べて大丈夫?

    年末の大掃除などで冷蔵庫の整理をしていたら、冷凍庫に去年のアイスを発見!というこ …

    いちごの美味しい見分け方は?あっと驚く簡単なルールは?

    いちごの定番イベントと言えば「いちご狩り」ですよね! 旬のいちごの、あの甘酸っぱ …

    刺身のつまは食べる?食べない?マナーはコレだった!

    お刺身を思い浮かべると、必ずと言ってもいいほどお魚と一緒に思い出されるのが「つま …

    お砂糖に賞味期限はあるの?どれくらい日持ちするの?

    いざと言うときにないと困ると思って、「備蓄」するものってありませんか? いつも買 …

    いかなごときびなごって同じなの? こうなごはどうなの?

    関西の友達のお宅へ遊びに行ったときに、いかなごのくぎ煮を頂く事がありました。 と …

    かぼちゃの栄養は?炭水化物が多くて太るって本当?!

    夏が近づいてくると、暑さや湿気で身体はぐったり(;´ρ`) 何かと体力が落ちてく …

    コーヒーは肌のシミの予防になる?紫外線対策に効果があるの?

    ルイボスティーやハーブティーなど、美容や健康に良いとされているお茶は、最近よく美 …

    きゅうりの保存方法は?冷凍で大量消費と長期保存!

    『栄養がない野菜^^;』でギネスブックにも載ったことがある夏野菜“きゅうり”。 …

    桜餅の葉を食べる人食べない人の意見は?クマリンに栄養や効能はある?

    日本には季節によって様々なお菓子が出回りますよね。 春先に目にするお菓子のうちに …