はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

CTとMRIの違いは?脳の検査はどちらがいいの?

      2016/12/01


皆様はCTとMRIの違いって分かりますか?

先日筆者は、初めてMRIを体験してきました。

悩む女性1
どのような経緯でMRIを撮る事になったのかと言うと、「勝手に目尻がピクピクと動く」と言う状態が長く続いていたので、何かの病気かもと思い近くの神経内科を受診しました。

神経内科では、「最近、ストレスを抱えてますか?」と聞かれましたが、特に大きなストレスを抱えてはいない事をお話しした所、まれに脳の血管が神経に触れている事があるので「MRIを撮ってみましょう。」と言う事でした。

原因が分かればスッキリするのでMRIを取る事にしましたが、ふとMRIとCTって見た目は似ているけど違いは何なの?

脳の場合は、MRIなの?と疑問に思ったので、調べてみました。

Sponsored Links


CTとMRIの違いは?



では、早速CTとMRIの違いを見てみましょう。

大きく分けるとこのような部分に違いが見られます。

  • 撮影の仕方
  • CT・・X線
    MRI・・磁気による方法
  • 体に与える影響
  • CT・・X線による被ばく
    MRI・・磁気による影響
  • 検査時間
  • CT・・短い
    MRI・・時間がかかる
  • 得意分野
  • CT・・頭部外傷などの急ぐ場合や骨や肺を調べる時
    MRI・・初期の脳梗塞などを詳しく調べたいとき

    筆者の場合は、脳梗塞の疑い等も含めての検査だったようです。

    脳の検査については、CTは検査時間が短いので、急を要する場合に適していて、急ではない脳梗塞の初期段階ではMRIに軍配があがるようです。

    ですので、脳ドッグなどでは、MRIで検診する事が多いようですね。

    では、次は細かく見てみましょう。

    まずは、CT検査についてお伝えします。

    Sponsored Links


    CTの検査について


    ct
    一般のX線検査により、異常な場所が見つかった時に詳しく調べる検査です。


  • コンピュータ断層診断装置(Computed Tomography)の事で略して「CT」といいます。

  • X線を使って360度回転させながら、人体をぐるりと回り色々な部分を測定します。
    そのデーターを元にして、コンピューターで体の内部を輪切り状態にした画像を作り出します。

    一般的なX線検査より、深い部分の検査を行い造影剤を使用する事によって、より細密な血管を見る事が出来ます。



    CT検査のメリット


  • 検査に要する時間が短い(3分~15分程度)
  • ※脳出血などの急を要する時はCTを使います。

  • 造影剤を使用する事によって、立体的な詳細な画像が作れる



  • CT検査のデメリット


  • 部分によっては骨が写ってしまい、見えずらい時がある

  • 普通のX線検査に比べて、被ばく線量が多い

  • 造影剤によるアレルギー反応が出る場合がある

  • 心臓のペースメーカーを使用している人や、妊婦は医師と相談する事が必要


  • 骨や肺についてはMRIでは、見れないのでCTになります。

    次は、MRIの検査について見てみましょう。

    MRIの検査について


    mri
    磁気共鳴画像診断装置(Magnetic Resonance Imaging)の事で、略して「MRI」といいます。

    磁場と電波によって画像を作ります。

    原理を簡単に説明すると、人の体の多くを占める水分や脂肪には、水素原子核が含まれており、MRIの大きく強力な磁石の中で、電磁波周波数によって水素原子核が動かされます。

    その動きを利用して画像にします。

    最近では、脳腫瘍などの手術中にMRIを使える事ができるようになってきています。

    手術中にMRIが使えると、腫瘍を取り除いているのかの確認が出来ます。

    今までは、手術の後に確認をして、全部を取り除いていなければ再手術と言う事でした。

    MRI検査メリット


  • 初期の脳梗塞を見つける事が出来る

  • 骨による影響がないことから、頭がい骨の中の小脳や脳幹、脊椎や脊髄、椎間板ヘルニアを調べるのに適している

  • 子宮、卵巣や男性の前立腺がんなどの診断に役立つ

  • 筋肉や腱などに適している(膝、肘、肩関節など)

  • 放射線による被ばくが無い


  • 造影剤なしでも血管の異常を見る事が出来ますが、脳動脈瘤などの疑いの時などには、造影剤を使用するMRA検査があります。



    MRI検査のデメリット


  • 肺の撮影には特別な場合以外は適していない

  • 強力な磁場が発生し金属に反応するので、貴金属類のアクセサリーを外すのはもちろんの事、心臓ペースメーカーや体内に金属類がある人は受ける事ができない

  • 酸化鉄が含まれている化粧品を付けていると、まれに火傷をおこす事がある
  • ※必ず、酸化鉄を含んだ化粧を落としてから検査をしましょう。

  • MRI検査にかかる時間が長い。(20~40分で長い時は1時間と言う事もある)

  • 検査の時の音が大きい

  • 狭い筒の中での検査になるので、閉所恐怖症の人は辛く感じる場合がある



  • 筆者も感じたのですが、音が大きいです。

    人によって音の感じ方が違うと思いますが、「ドドドド・・」や「コンコンコン」や「カンカンカン」などのように聞こえました。

    これは、強力な磁場が発生している音だそうです。

    耳栓をしたり、ヘッドホンをする病院もあると後で聞いて、持って行けば良かったと思いました^^;


    ところで、MRIのウィキペディアを見てみると、核磁気共鳴画像法と「核」と頭に文字がついているのです。

    なぜ「核」とついているのかを調べてみると、原子核が関係するようですが、水素原子核の事でしょうか・・(´・ω・`;)

    ただ、原爆とは違い放射線が出るわけではないので、被ばくはしません

    「核」とつけると、検査をするのを躊躇してしまいますよね。

    そう言う意味合いから「核」を外したようです。


    まとめ


    いかがでしょうか?

    CT検査とMRI検査の違いは、撮影の仕方、体に与える影響、検査にかかる時間、得意分野です。

    それぞれの特徴がありますので、担当の医師が患者の状態によって、検査方法を考えてくれます。

    片方だけの検査やその時によって両方検査する場合もあります。


    医師や看護師が説明してくれると思いますが、デメリットとメリット、注意事項を確認して検査をしましょう。

    ちなみに筆者のMRI検査の結果は、異常なしでした。

    そして、その後すぐに治まりました(*´ー`)

    Sponsored Links

     - 健康診断

    Comment

    1. 伊藤慎介 より:

      はじめまして。
      先日、自分の頭(得に前頭葉など)超不安を感じ八王子市にある北原国際病院で、MRIをしてもらいました。
      異常はありません。と医師に言われたのですが、なにか、すっきりしないため困っています。
      脳神経外科では、分からない事でも、神経科で何か分かることが、あるでしょうか?
      現在、47歳♂で、まだ、これからも、働かなければ、なりません。
      自分の頭が通常に働いているのか、心配です。

      • はっぴい より:

        伊藤慎介さん。
        はじめまして、コメントありがとうございます。
        私は、医師ではないので分かりませんが、気になる事があれば信頼できる神経科で診察してみるのも一つの選択肢だと思います。
        どうぞお大事になさって下さい。

      関連記事

    血液検査のASTとALTが高い時の原因と病気とは?

    血液検査で、AST(GOT)・ALT(GPT)の数値が高くなる場合は、何の病気が …

    HBS抗原とHBS抗体の違いって?HCV抗体とは何なの?

    健康診断の時に任意で調べる事が多いかもしれませんが、血液検査の肝炎という項目にH …

    血液検査LDHが高い!こんな場合にも数値が上がる事が!?

    人間ドックや健康診断などの血液検査で、LDHの数値が高くて要経過観察などと書いて …

    血液検査のMCVって?MCHとMDHCは?まとめてご紹介

    血液検査をしたら、MCVとMCHとMCHCと言う項目があるけど何を調べているの? …

    血液検査のBUN(尿素窒素)が低い原因を簡単に!その症状は?

    血液検査を行うと、殆どの場合はBUN(尿素窒素)の項目があると思いますが、このB …

    血液検査のクレアチニンが高い原因は?運動後や脱水で高くなる?

    毎年、健康診断をされる方は多いと思います。 特に問題がなければ、細かく検査項目を …

    ヘマトクリット値が高い原因と改善方法は?ストレスも関係する?

    健康診断の血液検査を受けて、ヘマトクリットの値が高いと何が原因なのかな?と思いま …

    血液検査でHbA1cが高い原因は?普段の生活習慣が見える?

    健康診断で必ず検査する項目にHbA1c(グリコヘモグロビン)があります。 今まで …

    血液検査CKが高い!原因は日常生活の場合も!

    CKが高い、CKが低いと言われたら心配ですね。 でも、結論を先に言うと、症状のな …

    血液検査 RBC(赤血球数)の意味は?病気と症状もご紹介!

    血液検査を行ったら大体必ずRBCという項目があります。 この項目は何の意味を示し …