はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

七五三は数えと満とどっちがいいの?計算の仕方もご紹介!

   


はじめて子供が生まれたご家庭では、幸せと慣れない育児で、毎日が色んな出来事であふれていますよね。

子供が生まれてから時間が経つのがあっという間・・・と感じる人は多いはず。
だからこそ、子供のイベントについていくのが大変ですよね。

誕生してからお宮参り、お食い初め、初節句etc・・・
親は大忙しです!

ですが初節句が済んだらひと段落。
しばらくは落ち着いた日々が過ごせる・・・かと思いきや前述したように子供がいると時間が経つのはあっという間。


初節句の後は七五三ですよ!

七五三1
女の子なら三歳と七歳、男の子なら五歳でお祝いをするのが一般的ですね。

でもこの年齢って、数え年で行うものでしょうか?それともで数えるべきでしょうか?

これに関しては多くのお父さんお母さんが悩むはず。
筆者も気になったので調べてみました!

最初にご紹介するのは七五三のお祝いを行う年齢についてです。

Sponsored Links


七五三は数えと満とどっちでする?


こちらに関しては、昔と今で若干違いがあるようですね。

昔の七五三


は、七五三のお祝いをする子供の年齢は、数え年で行っていたそうです。

元々七五三は、室町時代に公家など身分の高い家で行われていた、幼児から少年・少女に変わる節目の儀式です。

江戸時代に呉服屋などの宣伝によって庶民へと広まり、現代の七五三の形になったのは明治時代といわれているそうです。

では、昔の七五三について見てみましょう♪

 数え三歳

男児・女児の髪置き(赤ちゃんは病気予防に髪の毛を剃る風習があり、その剃った髪の毛を伸ばし始める儀式)

 数え五歳

男児の袴着と呼ばれる幼児から少年への節目となる儀式

 数え七歳

女児が今まで着ていた着物(三つ身の着物と付紐)から、四つ身の着物と普通の帯へと変える儀式で、幼児から少女への節目となる儀式。


上記の数え三歳から七歳までの儀式の他に、数え四歳の儀式があります。

数え四歳では、男女どちらも行われる儀式で、赤ちゃんの一つ身着物から三つ身の着物へと変える儀式があります。
紐直しとも呼ばれるそうですね。

こちらはまだ西日本で行う地域があるそうですよ。


現在の七五三



の七五三は数え年で執り行われていましたが、現在は男児の三歳の髪置きの儀式などが省略され、男児は五歳女児は三歳七歳に七五三のお祝いをすることが多いですね。


七五三を行う年齢も、現在は満年齢で行うことが殆どで、歳の近い兄弟がいる場合には上の子が数えで、下の子が満年齢でまとめて行うこともあります。


つまり今は決まりがないということですね!

Sponsored Links


数え年と満年齢の計算の仕方


はてな1
ここまでご紹介しましたが、ぶっちゃけ「数え年…?満年齢…?」どう計算するの?と疑問に感じられている人も多いはず。

なかなか考えない事ですので、知らないのは無理がありません。

ついでにこちらもご紹介いたしましょう!

数え年の計算の仕方


数え年生まれた時を1歳とするもので、誕生日に年齢を重ねるのではなくお正月を迎えることによって1歳歳を重ねると考えます。


例えば2013年11月15日に生まれた子供の場合。

生まれた年をすでに1歳と数えます。
それから、今年2015年11月15日までの間にお正月を2回過ごします。
お正月1回につき1歳なので、2015年は数えで3歳ということになります。

数え年で七五三を行う場合には今年行う、ということですね!

満年齢の計算の仕方


満年齢は、生まれた日から翌年の誕生日で1歳とする考え方です。

上記の例に当てはめて考えますと、2013年11月15日に生まれた子供は2015年11月15日には、満2歳ということになります。

満年齢で考える人は翌年の2016年に七五三を行うということになります。


もう一つ、良く聞く悩みは早生まれのお子さんの場合に関してです。

次は早生まれの時についても調べてみました。

早生まれの場合はどうする?


子供5

七五三を行う年齢のことで一番気にかけているのは、11月・12月生まれ早生まれのお子さんを持つ親御さんではないでしょうか。

4月生まれの子が満年齢(3歳)でお祝いする場合、早生まれの子は満2歳(数えでは三歳)でお祝いすることになります。

ただし11月16日以降~12月に生まれた子は、満年齢で考えると11月15日の時点ではまだ2歳ですが、数えでは4歳。

条件によって2年も違いがあるので悩んでしまいますよね。


現在では、数えや満年齢による決まりがないのが一般なので、ここは柔軟に考えても良いようです。

多くは4月~11月15日生まれの子が満年齢で七五三を行う場合、早生まれは数え年として、11月16日以降~12月生まれの子供は学年に合わせて七五三を行う事が多いようです。


まとめ


七五三
昔からの儀式なので、しっかり考えないといけない物かと思いきや、意外と年齢に関する決まりごとはないようです。

ですので、周囲のお友達の行う時期によって決めるのも一つの手だとおもいますd(^^*)


ただ、地域や家によっては七五三に対する決め事もある場合があります。

各家庭だけで決める前に、事前に祖父母などに相談すると良いかもしれませんね。

子どもの晴れ姿を楽しみに、七五三の準備頑張ってくださいね♪

Sponsored Links

 - 雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

敬老の日に花のプレゼント!りんどうが人気な理由とは?

秋にお花屋さんで見かける花、りんどうは敬老の日の贈り物として人気ですよね! りん …

眠気覚ましの方法は?運転中にヒヤリとしない対策!

車を運転していて、眠くなってしまう瞬間があってヒヤリとした経験はありませんか? …

うるう年(2月29日)の誕生日はいつ?4年で1歳?!

4年に一度やってくる「うるう年」 うるう年は、地球の自転と人の作る、季節の間で生 …

おはぎとぼたもちの違いは?春夏秋冬の季節で分ける?

おはぎとぼたもちの違いって知っていますか? 頭に浮かぶのは、和菓子、お餅などの曖 …

アロマの虫除けの作り方は?蚊よけにはユーカリ!

夏が近づくと、気になってくることがたくさんありますよね。 紫外線対策や熱中症や脱 …

京都葵祭2016!斎王代の選び方がスゴイ!一般人は無理!

京都の有名なお祭り、「葵祭」をご存知の方は沢山いることと思います。 斎王代(さい …

金縛り?夢か現実か分からないのはナゼなの?

眠りにつく時に耳がキーンとなり息が苦しくなってきたので、起きようと思ったのに体が …

緑茶のカテキンにはこんな効果が!健康と美容にピッタリ!

こんにちは、皆さん!今日も、風も冷たく空気もしんみりと冷えますね。 こういう時は …

マイナンバー制度とは?メリットとデメリットを簡単に!

ニュースでチラホラと耳にするマイナンバー制度。 これっていったいどういう制度なの …

雪道で滑らない!歩き方の工夫と雪の日に履く靴は?

雪国に行った事がない人は、雪が降った時の歩き方がわからなくて、困った経験がある方 …