はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

大豆イソフラボンサプリのおすすめをご紹介!迷った時の選び方!

      2017/08/17


更年期から減少する女性ホルモンを補うために、大豆イソフラボンは注目されていますよね。


豆乳や豆腐を食べるのも良いのですが、女性ホルモンの代わりとして摂取したい場合は、吸収されやすい状態にしなければならないのです。

ところが、吸収されやすいかどうかは、その日の腸内細菌の状態に左右されるということも。

腸内環境に関係なく大豆イソフラボンをとるために、サプリを活用するのは効率的だと思います。

今回は、おすすめの大豆イソフラボンのサプリメントを3つご紹介いたします。

ご紹介する前に、大豆イソフラボンサプリを選ぶときは、どのようなものを選べばよいのか選び方を5つピックアップしてみました。


大豆イソフラボンサプリの5つの選び方


大豆イソフラボンのサプリメントを探してみると、沢山あって迷いますよね。

私も実際に探してみると、どれがいいのか分からなくなって困りました^^;

そして数日間イソフラボンのサプリを調べて、たどり着いた結果をご紹介していきます。

◆アグリコン型になったものを!


イソフラボンをとるためにサプリを選択するなら、吸収性の良いアグリコン型になったものがおすすめです。

腸内環境に左右されないサプリを選ぶなら抑えておきたい部分です。

◆品質の安全性が高いものを!


サプリメントを選ぶときに、成分や成分の量を確認して自分の気になるところにあったものを選ぶと思いますが、それだけでは心もとないと思いませんか?

口に入れることを思うと、安全性の高いものを選択したいですよね。

そこで国内生産のものを選びます!と、ここまでは、すぐに思いついたのですが、実はそれ以上に安全性について基準となる選び方があったのです。

それは、「ハイクオリティ認証」や「c-GMP」という基準をクリアしたものを選ぶということ。

「ハイクオリティ認証」や「c-GMP」ってなに?ですよね。

ハイクオリティ認証とは、日本における原材料の品質と安全性の高いものを証明したと登録した商品にあたえられるものです。

一般社団法人日本健康食品・サプリメント情報センターが主に活動しています。

とても便利だと思ったのは、ハイクオリティ認証マークの中にQRコードがあり、そこから詳細な成分などを見ることができるというところです。


一方「c-GMP」とは、アメリカのサプリメントの基準です。

サプリメントを多く使うアメリカならではの、日本の基準より更に厳しい基準になります。

この基準を満たしていると、安全性がかなり高いといえると思います。

◆コスパが良いもの!


成分や安全性も調べたけど、毎日摂取するとしたら、コスパの面が気になります。

サプリメントは、一時的なものとして取り入れるより、ある程度続けてみないと自分にあっているかどうか分かりません。

続けるには、なるべく安いものを購入したい!と、ほとんどの方が思いますよね。

ですが、あまりにも安いものは、「安かろう悪かろう」まではいかないにしろ、少し品質が気になります。

ですので、他のサプリにくらべて安すぎるものは手を出さないほうが良いと思います。

また、サプリによっては成分がシンプルなものや他の必要成分が含まれているものなどがあります。

自分の取り入れたい成分を考えつつ、総合的に良いものを選ぶとたくさんのサプリをとる必要がなく、結果的にコスパが良くなることもあります。

◆相談しやすい環境が整っている!


購入したあとに気になることが出てきても、気軽に相談できれば安心ですよね。

必ず商品や購入に関しての問い合わせができる、フリーダイヤルがあるところを選んでください。



◆なるべく歴史の長い会社を選ぶ!


会社の歴史が長いということは、それだけ知恵も技術もあるということ。

普段は気にしない部分かもしれませんが、歴史が長いと安心感がありますよね。

この部分もチェックしてみてください。

それでは、今までお伝えしてきた選ぶ基準に近い大豆イソフラボンのサプリメントをご紹介していきます。

大豆イソフラボンサプリおすすめ3選!


吸収されやすいアグリコン型にしているサプリの中で、成分や安全面・コスパの良さで選んでみました。


基本のサプリ


基本のサプリ 
1日の目安量1日2粒
価格通常5460円
初回限定2730円50%オフ
定期購入4914円10%オフ
主な成分イソフラボンアグリコン 25mg
ビタミンD3 30μg
葉酸 400μg
ぶどう種子ポリフェノール 200mg
品質基準c-GMP
ハイクオリティ認証
販売会社キッコーマン
1917年12月7日設立

ハイクオリティ認証とc-GMPの両方を取得している。

イソフラボンアグリコン型のゲニステインとダイゼインの両方が含まれている。

ビタミンD・・カルシウムとリンを助け、骨や歯を丈夫にする
(一日の摂取基準:5.5μg)
2.ぶとう種子ポリフェノール・・抗酸化作用。ポリフェノールの中でもトップのプロアントシアニジン使用。
3.葉酸・・B12と一緒に血液をつくる役割をもっている。

1日あたり約139円(3か月続けるとしての換算)

>> 「基本のサプリ」初回定期コース半額2,730円

大塚製薬エクエル



エクエル 
1日の目安量1日4粒
価格通常4320円
定期便4104円(5%オフ)
主な成分エクオール2.5mg
(1粒あたり)
品質基準ISO22000による食品安全マネジメント
販売会社大塚製薬
1964年8月10日設立

イソフラボンアグリコン型のダイゼインの中のエクオールのみ。

一粒が結構大きい。(筆者の感想)

1日あたり約136円(3か月続けるとしての換算)

>>【あす楽対応】【送料無料】エクエル112粒<大塚製薬>


イソラコン


イソラコン 
1日の目安量1日3粒(90粒入り)
価格6156円
2回目以降5130円(16%オフ)
主な成分アグリコン型のイソフラボン30mg(3粒)
ビタミンC、B12、E
ドロマイト(カルシウム・マグネシウム)
品質基準ハイクオリティ認証
販売会社ニチモウ
1919年 8月17日設立
 
ハイクオリティ認証を取得している。

イソフラボンサプリアグリコン型のダイゼインが含まれている。

ビタミンC・・抗酸化作用
ビタミンB12・・葉酸とともに赤血球をつくる役割を持っている。
ビタミンE・・抗酸化作用
ドロマイト(カルシウム・・骨を作る役目。マグネシウム・・骨をつくったり血圧調整の役目をする。)

1日あたり約182円(3か月続けるとしての換算)

>>【公式】【送料・手数料無料】大豆イソフラボン サプリメント<イソラコン90粒>【1日3粒で約1ヵ月分】【宅急便・日時指定可】女性の華は40代から!幸年輝(こうねんき)を応援します!


以上、吸収性・安全性・コスパなどの条件に合ったサプリを3つ厳選してご紹介しました。

調べてみるとイソフラボンのサプリの中で、吸収されやすいアグリコン型になっているものは少ないように感じました。
それだけ、高度な技術が必要なのかもしれません。


サプリメントをとるときに、どれくらいとればいいのかなと疑問に思いますよね。

次は1日の摂取量を見てみましょう。


大豆イソフラボンの摂取量は?


大豆イソフラボンを試してみたいと思っても、沢山とればいいというものではありません。

適切な量を毎日とることが望ましいです。

食品安全委員会で発表されているイソフラボンの1日の摂取の値は70~75mg (アグリコン換算として)となっています。

そして、サプリメントとしては、1日30mg以下(イソフラボンアグリコン換算値)に抑えることとなっています。

ほとんどのサプリメントに1日に飲む量を記載してありますので、必ず確認して守るようにしてくださいね。


そして、イソフラボンに興味を持つ男性についても摂取量を調べてみました。

男性の摂取量は?


この基準値は、主に閉経前の女性を対象にして考えていますが、閉経後や男性に対しても、同じ基準値で良いということになっています。


男女ともに残りの15~22㎎の大豆イソフラボンは、食事から摂取するようにしましょう。

さいごに



更年期に入って、とくに病気でもないのに不調な日々が続いたりして生活に張りがなくなったりっていうときがありますよね。

少しでも生活の質を上げたい、維持したいと思ったときにサプリをチョイスすることも。

大豆イソフラボンのサプリを選ぶときは、日々の変化に対応できる吸収されやすいアグリコン型を選ぶと良いと思います。

そして口に入れるものは、しっかりとした基準に合格しているものを選びたいですよね。

大豆イソフラボンサプリに迷った方に少しでもご参考になれば幸いです。




Sponsored Links

 - サプリ

  関連記事

エクエルの効果は?女性も男性も絶対チェックすべきまとめ!

テレビやママ友ランチの話題でも取り上げられる事があるエクエル。 特に40代~50 …

エクオール検査キットの価格は?ソイチェックをやってみた!

40代から50代の女性なら、エクオールと言う言葉を、少しは聞いた事があるのではな …

大塚製薬エクエルのモニターに応募!3ヶ月間飲んだ感想!

大豆イソフラボンを、効率よく体に取り込める事が出来るサプリとして、有名なエクエル …