はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

隅田川花火大会2016はスカイツリーで!予約はいつから?

      2016/05/23


「たまやー」「かぎやー」の言葉のルーツで歴史のある隅田川花火大会は、90万人以上もの人が観覧に訪れ、毎年たくさんの人でにぎわっています。

39回の今年も豪華な花火を見ようと、心待ちにしている人は多いですよね。

隅田川花火大会は、始めは「両国の川開き」として親しまれていた花火大会ですが、一時は交通事情の悪化で開催を取りやめていたそうです。しかし、昭和53年に「隅田川花火大会」と言う名称で開催されるようになりました。

今では、なくてはならない大きな花火大会ですね。

花火3
この隅田川花火大会を見下ろす事が出来るスカイツリーも、花火大会当日の人気の場所です。

今回は、花火大会が見れるスカイツリーの予約についてご紹介致します。

まずは、花火大会の日程を見てみましょう。

Sponsored Links


2016年度の隅田川花火大会の日程と時間



<開催日程>


2016年(平成28年)7月30日(土)




<開催時間>


午後7時5分~午後8時30分

  • 雨などで、当時いつ実施出来ない場合は、翌7月31日(日)に順延。
  • 雨天などで実施するかどうかは当日の午前10時に決定。
  • 非常に天気が荒れている場合は、当日の午前8時に実施の可否を決定。


  • <花火の詳細>

  • 第一会場:約9,350発(コンクール玉200発を含む)
  • 第二会場:約10,650発

  • 隅田川花火大会の打ち上げ玉数は約2万発だそうです♪
    迫力ありそうですね~^^

    では、スカイツリーで見るにはどうすれば良いのかを見てみましょう。

    Sponsored Links


    スカイツリーで花火を見るには予約が必要


    スカイツリーでは、どんな風に見えるのかと気になる方は、こちらの動画を見て下さい。



    ちょっと分かりにくいのですが、花火の醍醐味の一つの打ち上げ音も流してくれます。

    非常に人気がある花火大会なので、2015年度の倍率は105倍とすごく高いですが是非チャレンジしてみて下さい^^


    1.東京スカイツリー天望デッキフロア350での鑑賞


    こちらは、インターネットで480名(1組5名まで)販売します。

    価格は、9,000円(税込、お土産付き)です。


  • 申込期日:2016年6月13日(月)~6月30日(木)。
  • 結果発表:2016年7月4日(月)

  • また、東京ソラマチでの「夏のメルマガキャンペーン」で50組100名を抽選、地元商店街でのキャンペーンの招待(100名)も予定しているようです。

    2.東京スカイツリー天望デッキフロア340での鑑賞


    東武トップツアーズ


    こちらは、東武トップツアーズで130名分を販売します。

    直接、東武トップツアーズの店舗やホームページで販売します。

  • 申込期日:2016年6月13日(月)14:30~完売まで。

  • 価格は、まだ未定です。(お土産付き)

    問い合わせ先:東武トップツアーズ株式会社 東武旅倶楽部 03-3621-0651<平日9:30~18:30 土日祝日は休業>

    東京スカイツリーオフィシャルホテル


    スカイツリーのオフィシャルホテルの宿泊商品(お土産付き)として販売します。

    販売価格はと予約に日時については、各ホテルにで確認してください。

  • 東武ホテルレバント東京30名:03-5611-5612(宿泊予約)

  • 第一ホテル両国20名:03-5611-5211(代表電話)

  • 浅草ビューホテル40名:03-3842-4890(宿泊予約)

  • ホテルイースト21東京20名:03-5683-1721(宿泊予約)

  • ※一部、天望デッキフロア350となる場合があります。


    3.東京スカイツリー天望デッキフロア345のレストランでの鑑賞


    Sky Restaurant 634(musashi)で特別コース料理とフリードリンクで落ち着いて鑑賞が出来ます。
    もちろん展望台特別営業入場券(天望回廊入場券含む)とお土産付きです。

  • 2016年6月30日(木)10:00~完売まで。

  • 62名分を45,000円(税込)で販売します。
    こちらも直接電話で申し込んでくださいね。

    申込みと問い合わせ先は、(株)東武ホテルマネジメント「Sky Restaurant 634(musashi)」03-3623-0634<10:00~18:00>

    展望台特別営業入場券は、7月30日(土)の隅田川花火大会が7月31日(日)に順延となった時は、7月31日(日)でも有効になるので安心です。


    先ほどお伝えしたように倍率はかなり高いです。

    もしも申し込んで抽選に外れた時の為に、穴場スポットを確認しておきましょう。


    花火が見れるおすすめの穴場スポット12選


    では、早速穴場スポットをご紹介致します。

    スカイツリータウンソラマチ5階とスカイツリーの間の渡り廊下


    スカイツリータウンソラマチ5階とスカイツリーの間の渡り廊下は、花火の音は聞こえませんが花火が正面に見えます。

    室内で暑さも避けられ、トイレも近くにあるので女性にとって安心な場所ですね♪


    吾妻橋近くの水上バス乗り場付近


    隅田川にかかる吾妻橋の近くにある水上バス乗り場付近から、駒形橋付近の川沿い付近で両方を一度に見れます。


    汐入公園(JR常磐線・つくばエクスプレス、地下鉄日比谷線 南千住駅)


    会場からはすこし離れますが、花火もよく見え、場所をとって座ってゆったりできます。

    カップル、小さなお子さんがいるご家族におすすめです。

    こちらは、穴場スポットのひとつ、汐入公園から眺めた映像です。




    両国国技館前(JR両国駅からすぐ)


    打ち上げの場所からは離れていますが、花火が上がる方向に高い建物がありません。

    十分花火が見えて、人も少なくそれほど込まない場所です。

    両国駅からすぐのためアクセスも良く、待ち合わせの場所としても便利です。

    本所三丁目交差点付近(都営浅草線 本所吾妻橋駅)


    周辺に高い建物がなく、花火が見やすい場所です。
    特に第二会場の花火がよく見えます。



    花やしき屋上


    日中に行われる抽選会に当選すると、花やしきの屋上へ上がることができます。

    屋上からは、花火と東京スカイツリーをバランスよく見ることができます。



    厩橋交差点(都営大江戸線 蔵前駅よりすぐ)


    川から離れた側に場所をとれば、座りながらゆっくり観覧できます。

    開始1時間前に着いていれば問題なく場所をとることができます。


    コモディイイダ東向島店の屋上駐車場(東武亀戸線・東武スカイツリーライン 曳舟駅)


    先着300名に屋上駐車場を開放しています。

    隅田川から近く、花火と東京スカイツリーの両方を見ることができます。

    ただし、利用にはお店のポイントカードを作るといった条件を満たす必要があります。

    オリンピック墨田文花店の屋上駐車場(東武亀戸線 小村井駅)


    会場からは遠くなりますが、こちらもお店が屋上を鑑賞スポットとして開放しています。

    東京スカイツリーをバックに花火を楽しめます。

    言問橋(東武線・東京メトロ 浅草駅)


    第一会場の打ち上げを間近で見ることができます。

    また、花火コンクールを真正面で観覧できます。

    ただ橋の上は立ち止まり禁止のため、止まってゆっくり眺めることはできませんのでご注意を!



    水戸街道沿い 向島五丁目信号機付近(東武亀戸線・東武スカイツリーライン 曳舟駅)


     第一会場と第二会場両方の花火を楽しむことができます。

     例年は、夕方から歩行者天国が設けられています。

     今年も同様であれば、ゆったりと花火を眺めることができます。



    東京タワー


    間近ではないので、小さな花火になりますが、夜景と花火の両方が楽しめます。

    特にゆったりしたいカップルにおすすめの場所です。

    展望台にのぼり、特別展望台の北側に場所をとりましょう。


    調べてみると以外に沢山の場所がありますね。

    まとめ




    スカイツリーの抽選の倍率は高いですね。
    ですが、運試しにチャレンジしてみるのも良いのでは^^

    もし外れても今回ご紹介した穴場スポットへ行って見て下さい。
    隅田川花火大会は人出も多いので早めの行動がおすすめです。



    夏に向けて、あらかじめスカイツリーの予約方法や穴場スポットを確認しておき、大会では思う存分に花火を楽しみましょう♪

    Sponsored Links

     - 花火大会

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    常総市の花火大会!常総きぬ川花火大会の日程や観覧場所は?

    茨城県常総市の鬼怒川付近で行われる常総きぬ川花火大会は、毎年約11万人訪れるほど …

    なにわ淀川花火大会2016は何発の花火があがる?

    大阪の夏の風物詩、なにわ淀川花火大会の日程が公開されましたね! 淀川を挟んで繰り …

    片貝まつり2016花火大会の日程は?穴場や桟敷席をご紹介!

    江戸時代から続く片貝まつりの花火は、三尺玉の発祥地として親しまれています。 。 …

    みなとこうべ海上花火大会2016!穴場6選と六甲山ビュー!

    今年で46回目を迎える「みなとこうべ海上花火大会」。 真夏の神戸の夜空を鮮やかに …

    神明の花火大会の場所取りはいつから?おすすめの穴場は?

    町制施行10年を記念する祭り、市川三郷町のふるさと夏祭りが今年も開催されます。 …

    勝毎花火大会2016!穴場スポットはココがおすすめ!

    北海道で打ち上げ数最大を誇る勝毎(かちまい)花火大会! 日程が決まり、今年も北海 …

    浦安市花火大会2016!場所取りの時間と穴場スポットは?

    毎年13万人ものの人が訪れる千葉県の花火大会、浦安市花火大会は今年で37回を迎え …

    長岡花火大会の当日券はある?観覧席と穴場スポットもご紹介!

    日本3大花火大会のひとつ、長岡まつりの花火大会。 他の花火大会とは異なり「慰霊」 …