はっぴいtopics

日々の疑問やあれこれ気になる話題を楽しく提供!

ハワイ旅行に欠かせない日焼け止め。SPFやPAの値は?

      2015/06/21


ハワイへ旅行するなら、必需品となるのが日焼け止め。

しっかりと紫外線予防をしつつ、ハワイを楽しみたいですよね。

日焼け止め選ぶときに、「SPF値が高かったり、+の数が多いのがいい?」

それとも「数値が高いものは肌に悪い?」といった疑問もあるのではないでしょうか。

青空


日焼け止めについて、調べてまとめました。

こちらを参考に、しっかりと把握して適切に使いましょう。

Sponsored Links




SPFとは?


青空



SPFとは、肌が赤くなったり、シミやそばかすの原因になる「UVB波」への防止効果を表す値です。

塗らないときと比べて、皮膚の赤みができるまでの時間を何倍の長さにできるかを表し、高い数値ほど時間が遅くなります。

たとえば、SPF30であれば、何も塗らないと25分で日焼けする人が、750分25分×30倍)かかって赤みができるということです。


紫外線の強い場所では、このUVB波の対策で皮膚の炎症を防ぐことが大切です。

PAとは?


青空1


PAとは、シミ、しわ、たるみの原因となる「UVA波」の防止効果を表す値です。PAは、4段階の「+」(プラス)で段階分けがされていて、+の数が多いほど効果があります。

具体的には、PA+は「やや効果がある」、PA++は「効果がある」、PA+++は「非常に効果がある」、PA++++は「極めて高い効果がある」という意味です。

紫外線によるシミやしわの予防を目的としたい人には、PA値のほうが重要です。

おすすめの日焼け止め製品は?


考えている女性



では、ハワイに持っていく日焼け止めは、どのようなものがよいのでしょうか。

SFP30を超えると肌に負担がかかる為、普段使用するにはSPF25ほどで十分ですが、紫外線が強いハワイへ行く際には、SPF50+ PA++++が安心です。

また、マリンスポーツをするときは、日焼け止めが流れないように、ウォータープルーフを選ぶと思います。

しかし、ビックリ!
ウォータープルーフを付けても、最強の物でも1時間30分以下しかもたないそうです。

お肌を守るなら、1時間過ぎ毎に、塗りなおす事が大事ですね。

そして、ウォータープルーフは皮膚への負担が、大きくなります。

どうしても使いたい時のみ使用して、ショッピングなどの時は、通常の紫外線のカット量が大きい日焼け止めを何度か塗り直すほうがおすすめです。

どちらの場合も、一日の終わりにしっかりと落とす事が必要ですね。


普段用に、紫外線効果がありながら肌にもやさしいおすすめの日焼け止めをあげてみました。

ぜひ参考にしてみてください。


●レステモUVミルク

ウォータープルーフ処方で海やプール、スポーツでも使用可能。
最高基準の「SPF50+/PA++++」ながらも紫外線吸収剤不使用を実現。


●ロラッシュ ポゼ アンテリオスXL

「SPF50+/PA++++」
ウォーターレジスタント処方。
アウトドア用で全身に使用可能。
高い紫外線防止効果がありながらうるおいを守る肌に優しい日焼け止め。


Sponsored Links



塗り方、落とし方は?



最後に、日焼け止めの使い方について説明します。


塗り方

日焼け止めを塗る前にはしっかり保湿をします。

そして少し多めだと思うくらいの量を塗ります。

塗りすぎると白くなるからと、薄めに塗ってしまうことが多いからです。

上の項目で説明した効果は、1平方センチメートル当たり2mgずつ塗ったときの値なので、薄くのばしすぎてしまうと本来の効果を発揮しません。

適切な量を塗るようにしましょう。

また、鼻や頬、あごなどの日焼けをしやすい部分にはうすく重ね塗りをします。

耳や首の後ろ生え際、足の甲などは、塗るのを忘れがちなので注意してください。

その後も、日中は汗で日焼け止めが落ちてしまうこともありますので、こまめに塗り直すことも大切です。



日焼け止めの塗り方の動画がありました。
  ↓




この動画のようにしっかりと肌に密着させて塗るを落ちにくいようですね。

マリンスポーツの場合は、もっと短いサイクルで塗り直しをしましょう。



落とし方

日焼け止めを使用した後は、商品のパッケージなどに記載されている方法でしっかり落とします。

日常で使う日焼け止めであれば水で洗い流すだけでよいのですが、SPF値の高いものや、ウォータープルーフタイプのものは、洗顔料だけでは落とせないものもあるため、専用のクレンジングを使って十分に落としてください。








いかがでしたか?

やはり、最強の「SPF50+ P++++」がおすすめですが、マリンスポーツとショッピングと分けて使うと肌に負担が少ないです。

そして、多い目に塗って頂く事も大事。

白くなるのが気になる方もいますが、動画のように手のひらで一度温めてから塗ると白浮きしにくいです。

そして最後に十分にスキンケアをして肌をいたわりましょう。

「関連雑学記事」

海外旅行の持ち物は?厳選便利グッズはコレ!

GWにハワイへ行こう!格安ツアーの料金はいくらから?

ロンドンの観光おすすめスポット!1日で回れる初心者コース!

卒業旅行はグアムへ!費用を抑えたツアーでトータルいくら?

Sponsored Links

 - 海外旅行

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

卒業旅行はグアムへ!費用を抑えたツアーでトータルいくら?

こんにちは皆さん! 相変わらず寒いですね…。 負けずに頑張っていきましょう! と …

GWにハワイへ行こう!格安ツアーの料金はいくらから?

管理人の私は、最近、フラダンスを習い始めました^^ まだ一か月程なのですが、ゆっ …

ロンドンの観光おすすめスポット!1日で回れる初心者コース!

筆者は先日、本屋さんで旅行雑誌をぱらぱらと眺めつつ、とあることを思い出しました。 …